2010年03月28日

早起き菫(すみれ)1

今日はどんより曇って真冬に戻ったような一日でした。おさんぽには行かれないけれど、私の
実家へ合格と卒業の報告をしに行ってきました。もうちょっとお天気が良かったら天神様へも
お礼参りに行きたかったんですが、暖かいお部屋でお寿司を食べて、おしゃべりするだけで帰って
来ちゃいました。天神様ごめんなさい、いずれまたお伺いします(^^;)。←バチ当たり

さて、そんなわけで写真は、昨日のカタクリと一緒に撮ってきた菫(すみれ)のお花。

10_0328_tatitubo_s1.jpg

こちらはタチツボスミレ。春まだ浅い頃の菫(すみれ)はちっちゃくて可愛いです。




カタクリの咲く斜面のあちこちにちっちゃなハート型の葉っぱが顔を出して、可愛らしいつぼみを
もたげています。

10_0328_tatitubo_s2.jpg

タチツボスミレです。

図鑑には特別に、早起きとしては載っていないのですが、我が家の周りでは他の早起きさんと
競うように咲き始めます。

可愛いでしょ? 道ばたの石と背比べできちゃう ちっちゃなお花ですよ。

10_0328_tatitubo_s3.jpg

あ、スミレの見分けに興味のある方向けに今年も、特徴を確認しておきましょう。



☆タチツボスミレ見分けポイント☆
すんなり細くて眺めの距、毛深くない茎とガク(萼)。優しい横顔ですね。

10_0328_tatitubo_s4.jpg

次はお花の中。めしべはしゅっと伸びた形。花びら…側弁は無毛。

10_0328_tatitubo_s5.jpg

そして、葉っぱの付け根の托葉は櫛状に裂けている。

10_0328_tatitubo_s6.jpg

はい、タチツボスミレでした。




次は図鑑にも早起きのスミレとして載っているアオイスミレ。

10_0328_aoi_s1.jpg

カタクリの保護地にも、大きな株があったのですが、今年は無くなっちゃいました。
今年はその大株の子孫の ちょっとちっちゃな株に会えました。

タチツボよりも、更にまるこい可愛い葉っぱがポイントです。

お花は 水彩絵の具をにじませたような優しい色。

10_0328_aoi_s2.jpg

めしべの先はカマキリの頭の形。タチツボスミレとは違って、先が直角に曲がっています。

横顔を見ると毛深いですねぇ。タチツボと全然違うでしょ?ガク(萼)も茎も毛深くて。

10_0328_aoi_s3.jpg

花びらの後ろの距の部分がデコボコしていて、上に向かって急角度で曲がっています。

これがアオイスミレです。



野のお花が次々に咲きますねぇ。春は良いなぁ。幸せです。





ブログ内関連ページ:
スミレ
2006/ 3/29付 「タチツボとアオイ」

今年のスミレたち
2009/ 4/23付 「ウラシマソウなど」 ノジスミレ
2009/ 4/12付 「ヒメスミレとタネツケバナ」 ヒメスミレ
2009/ 4/10付 「フデリンドウ 開花」 ニョイスミレ
2009/ 3/28付 「アケビのつぼみ」 アオイスミレ
2009/ 3/25付 「コスミレの花など」 コスミレ
2009/ 3/24付 「カタクリ 開花」 アオイスミレ
2009/ 3/20付 「公園の一番花」 タチツボスミレ




posted by はもよう at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。