2006年03月08日

ミニ水仙、テータテート

2/23に最初の花が咲いた、黄色いスイセンの花。
今では20個も花が咲いて、あたりに春の雰囲気を振りまいています。
娘がお友達からいただいた ミニシクラメンと、
息子がご褒美でもらってきた 桜草(プリムラ・メラコイデス)と一緒に記念撮影。

06_0308_tete-a-tete1.jpg

「●苔玉ごろごろ、だから苔想●●」のるなさんに
『テータテート』と言う名でお店に並んでたいたと教えていただきました。
早速、web検索〜♪
そうしたら、いろんな事が解っちゃいました。





まず、ちょっと見、何語だかわからない このお名前は「tete-a-tete」とつづり、
もともとはフランス語で、頭を寄せ合う様を表すのだそうです。
頭と頭をくっつけて…差し向かいで話し合うとか、内緒話をするとか、密会するとか…。
あと、そこからの連想で 内緒話にはもってこいの形をしたソファも 
この名前で呼ばれるそうです。

この言葉は英語にもなり、どうやらドイツでもこのままで通じるようです。
カタカナ表記だと「テータテート」「ティタティタ」「テイタテイト」など様々です。



06_0308_tete-a-tete2.jpg

で、何故、この花がテータテートなのかと言いますと、
ひとつの茎に ふたつもみっつも花をつける様子が、
幼子がほほをくっつけあって居る姿に似ているからだそうです。



06_0308_tete-a-tete3.jpg

中には一本の茎から3つもお花を咲かせたものもあります。
すっかり開くと そっぽを向いちゃうので、
これでも、ほほをくっつけあって…に見えるかな?と思いますが。(^^;)



故郷は、地中海沿岸。
花が咲いてから少し背が伸びましたが、それでもまだ12cmほど、
お花の通販のページに出ていた説明では、丈夫で花付きも良いようです。
ほのかですが、とても良い香りもします。

10年も育てたら、背が高くなったとか、とっても丈夫で 野生化しているとか…、
そんなお話が載っているサイトさんがありました。
それはそれで楽しみです♪
頑張ってお世話して、
コレからも末永く、うちで咲いててもらおうと思います。

06_0308_tete-a-tete4.jpg




おまけは、近所の公園で咲いてた 別の種類の水仙。
今年は寒さで水仙の開花が遅れがち、コレからまだまだ 綺麗な姿を楽しめますね。

06_0308_suisen.jpg



posted by はもよう at 17:12| Comment(6) | TrackBack(1) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
テータテートの名称由来は、おもしろいですね・・・。プイとなっても名前は変えず!これもまたおもしろ・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年03月08日 23:26
はもようさん、こんばんは。
tete-a-teteですか〜♪
おもしろいですね。
街中でイチャつくカップルを見ても…「あっ…テータテートだ〜♪」
ちょっと楽しくなりそうですね(笑)

お庭の花も賑やかになって、もう春ですね(…ですよね・疑心暗鬼)
Posted by moto at 2006年03月09日 00:01
はもようさん、こんにちは!
「テータテート」、初めて聞きました。
頭を寄せ合う様っていうのが、かわいいですね。(^_^)

水仙、とても綺麗に咲いていますね。
私も、お花を育ててみようかな〜。
(実は、今の所に引っ越してきて、育てていたものが一気に枯れてしまって、環境が変わると、違うんだな…というのを初めて実感しました。日照時間が少ないみたいです…)

Posted by ナオ at 2006年03月09日 08:52
nakamuraさん、こんにちは。
そうなんです。
咲ききると、ぷいとそっぽを向いちゃうんですよね。(^^;)いいのかなぁ?
web検索で、お花だけじゃなく、語学の講座までヒットして、
こんなことも簡単にわかっちゃいました。面白かったですよ〜。
Posted by はもよう at 2006年03月09日 15:28
motoさん、こんにちは。
ドイツ語のページには、tete-a-teteの訳語の中に「密会」っていうのも有りました。
街中で見かけたカップルが…だったらどうするんですか。(^^A)

motoさんちの方が 春の来るのが早いみたいです。
こちらはもう少し後…かな。
Posted by はもよう at 2006年03月09日 15:35
ナオさん、こんにちは。
「テート:tete」の部分が古いフランス語の「頭」という意味の単語から来ていて、
「tete-a-tete」で英語の「head to head」と同じ意味になるそうです。

「対談」なんて固いのから「ないしょ話」なんて ほほえましいのまで、
いろんなときに使う言葉のようです。

コレは、休眠中 鉢に植えっぱなしでも良いそうなので、
手がかからなくて、私向きです。
ナオさんも、何か育ててくださいよ。そうしたらブログで見せてもらえますもの♪
Posted by はもよう at 2006年03月09日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

●純白の水仙。
Excerpt: 水仙のふるさとは、ヨーロッパ中部から地中海沿岸地帯。 日本へは中国から伝わったらしいのですが、 海をただよって流れ着いたとか。 そういえば、水仙の名所は、みんな海岸ですね。 神奈川県の「瑞泉寺」(ず..
Weblog: ●苔玉ごろごろ、だから苔想●●
Tracked: 2006-03-08 18:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。