2006年03月06日

アオキの実の実り方

昨日に引き続き、暖かくておだやかです。
天気予報では一日中曇りと言っていましたが、どうしてどうして、
午前中は日も差して、上着が要らないかも…な温かさでした。

そんな中、アオキの実がやっと綺麗に色づきました。

06_0306_aoki01.jpg

何となく冬のものと思っていたのに、暮れのうちに見たアオキの実は緑のものばかりで、
勘違いだったのかな〜なんて思っていました。
でも最近、ブログ巡り中に赤い実の記事を見かけるようになりましたので
私も、公園のアオキの木を見に行ってきました。



でもね、そしたら、こんな↓へんてこなものを見つけちゃったんですよ。

06_0306_aoki02.jpg

このちびっちゃいの、なに? うまく実になれなかったの? 栄養不足?

ハテナをいっぱい抱えて web検索〜♪
こんなとき、頼りになるのは、神戸市の市民研究員
「白岩先生の植物教室」ですよ。
小学生と一緒にお勉強〜♪気分で習ってきました。



アオキは ミズキ科アオキ属の常緑低木。

葉っぱの印象は ものすごく違うけれど、赤い実はそっくり。
アオキはミズキ科だったんですね。

斑入りのものとか、園芸種がたくさんあって、良く庭に植えられますけど、
年がら年中 同じ姿だし、日陰好きでうす暗い所にばかり植えられているので、
あんまり印象は良くないかも知れませんが、
この大きな赤い実は、ヨーロッパの園芸家さんたちには大人気だそうですよ。

あちこちで育てられたそうですが、最初のうちは実が付かなかったそうです。
何故ってアオキは雌雄異株。
可愛い赤い実が付いている株だけ育てても、次の実は付かないんです。


ちなみにめばなはこんな形。

06_0306_aoki03.jpg

3月から5月にかけて咲きます。写真の花は去年のもの、今年の花はこれからです。
ちょっと渋めの えんじ色っぽい(黒紫色)の花ですね。

花の穂が小さくて、花の真ん中にひとつ、ころんとしためしべの先が見えたら、
それがめばなです。


「白岩先生の植物教室」説明には、コレは今年の実で、
大きいのは去年の実と書いてありました。
クヌギどんぐりのように、受精して一年目は小さいままで過ごすのかな?

06_0306_aoki04.jpg

図鑑には「秋に熟して、翌年の4月頃まで残る」って書いてありましたけど、
赤くなるのは、年が明けてからでした。

ちびっちゃい実が、来年一人前になるのかどうか、自分で観察してみようと思います。
ふふふ…、見飽きたように思えたアオキの木、また見る楽しみが出来ちゃった♪



今、この時期のアオキには、こんな 目立つ芽がついています。

06_0306_aoki05.jpg

スマートなのは、雌株の芽。めばなの花の穂はそんなに大きくないので、
コレで十分です。

06_0306_aoki06.jpg

水族館の人気者、流氷の天使クリオネちゃんのような姿だったり…、
ツブツブもくもくのブロッコリーのような姿だったり…。

06_0306_aoki07.jpg

これが雄株の花の芽です。



めばなは控えめでしたが、雄花はドバーッと穂を立てて咲きます。

06_0306_aoki08.jpg

めしべとお揃いの花びらですが、中心に ころんとしためしべの先はなく、
子房のあとは痕跡程度。
代わりに、目立つおしべが4つ。花びらにくっつくようにしてついています。




庭で良く見るとはいっても、山に普通に生える木です。
ほら、ここ、北向きの斜面では、公園やお庭よりものびのびと大きな株になり、
艶やかな赤い実をたくさん実らせています。
やっぱり、野生の株は、自分で気に入ってそこに生えているのだから、
勢いが良くて元気だわ。

06_0306_aoki09.jpg

3日のおさんぽで会ってきたのは、最後の写真の 元気なアオキの雌株です。
背は高くならないけれど、横にどんどん広がって、ずいぶん大きくなっている株も
ありました。
こんなに違うのにミズキ科なんですね。それも、面白いところだな〜と思いました。


posted by はもよう at 16:49| Comment(10) | TrackBack(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBさせていただきました。
アオキについて詳しく解説していただいて、よくわかりました。
ありがとうございます。
雄花と雌花の違いをよく見てみようと思います。
Posted by ひろし at 2006年03月06日 16:46
うちの近所でも花芽がだいぶ膨らんできました。
とりあえず雌の花芽を撮ってきましたが、これから楽しみにしています。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年03月06日 17:16
家の周辺に多いのですが、そのブロッコリーのような芽はたくさん見かけるのですが、赤い実はほとんど見つかりません。
どうしてかなあ。
Posted by ディック at 2006年03月06日 20:11
おーちゃんさん、こんばんは。
花芽から、花が開いていく過程も面白いですよね。
花も葉っぱも出てくる芽もあるらしいので、観察のしがいがあるかも知れませんよ。

コメントありがとうございました。(^^)
Posted by はもよう at 2006年03月06日 23:05
ひろしさん、こんばんは。
TBありがとうございました。

花が咲くのを待つつもりでしたが、ちょうど写真の整理中に
以前 撮ってあった花の写真を見つけたので記事にしてみました。

大人になると、この花の渋い色が好ましく思えるようになりました。
今は花に会えるのを心待ちにしています。
Posted by はもよう at 2006年03月06日 23:14
ディックさん、いらっしゃいませ〜。
アオキは 赤い実を楽しむものですから、
実の付かない雄株ばかりが植えられているとは思えません。

ただ、私が見回った限りでは、雄株の方が大きくなりがちで、
雄株の花芽の方がたくさん付きがち…でした。

それから、赤い実が鳥さんたちに食べられて、
すっかり無くなっている木も見かけました。
あんなに大きな実なのに、丸呑みできる鳥もいるんですよね。

さて、ディックさんのお家の方で、赤い実があまり見られないのは
どういう理由からでしょうか?解ったら教えてくださいね。
Posted by はもよう at 2006年03月06日 23:26
少し実家へ出掛けていました。
先週は天気が悪くて画像の収穫なし…母の介護なので出掛けられません。
…それでもいつもは何かしら写すんですが…ネ♪
アオキの実が今頃真っ赤になる事知りました。
TBしましたので(★^ー゜)vよろしく♪

Posted by かえで☆ at 2006年03月07日 15:34
かえで☆さん、こんばんは。
お返事遅れてごめんなさい。

昨日は寒かったですよね。お母様のお世話で外へは出られなくても、あんまり惜しくなかったんじゃないかと思いますよ。

うってかわって、今日はよく晴れて暖かくなりました。
私も、おさんぽに出てハコベやオオイヌノフグリを眺めてきました。
暖かくなって、過ごしやすくなるとイイですね。
TBありがとうございました。こちらからもお返しさせていただきますね。
Posted by はもよう at 2006年03月08日 23:12
毎年沢山の花を咲かせますが実が付きません
なぜでしょうか お知らせいただければ幸いです今は花の時季です   山形県米沢市 主婦66歳
Posted by 関川 文子 at 2006年05月26日 11:13
関川 文子さま、ご訪問ありがとうございます。
山形では今頃がアオキの花の時期なんですね。

さて、そのようなご質問は、私なんかにしちゃダメですよ。
ちゃんとした植木やさんか、園芸の相談ページへご相談くださいませ。

例えば、
植物の育て方を中心とした園芸サイト(初めての人向き)
「ヤサシイエンゲイ」↓さんはいかがでしょうか?
http://yasashi.info/index.html

私には 園芸の知識はありません。
人が世話してる公園の花と、
野山に勝手に生えている花を見て喜んでいるだけですから。
そう言う話題でしたら、いつでもお返事できますので、
またどうぞ。

とりあえず、お庭のアオキに、可愛い赤い実が付くようにお祈りしておきますね。
Posted by はもよう at 2006年05月26日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アオキ  06.2.28
Excerpt: 撮影データ 06.2.27 FinePixS9000 28-300mm ISO200 1/27,F8 舞岡公園・瓜久保、かっぱ池手前にあるアオキの真っ赤な実が輝いて見えました。広角接写のおかげで..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2006-03-06 16:55

アオキ・実2
Excerpt: 緑だった青木の実が 真っ赤になっていました〜! とても綺麗な 深い赤色です。 春の花の季節に この様な色になる事を知りませんでした。 アオキは雌雄異株です。実が付くのは雌株ですから この木には 雌花..
Weblog: かえで☆のデジブラ日記〜♪
Tracked: 2006-03-07 15:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。