2010年03月07日

プリムラとクロッカス

ぐずぐずしていたら日付が変わっちゃいました。3/6の日記として読んでください。

3/6は一日どんよりしたお天気で、夕方から雨になりました。昨日とはうってかわって肌寒い日に
なりました。明日はもしかしたら雪になるかもしれないという予報です。気温の乱高下には驚かさ
れますね。そんな中、高校のPTA役員を3年間頑張ったご褒美のお食事会がありました。
とっても楽しい活動でしたとお礼を言ってお開き。お花をもらってきました。(^v^)良かった ♪

記事の方は簡単に、今、咲いている花だんのお花をご紹介します。

10_0307_primula_m1.jpg

種類がたくさんあるプリムラの、こちらはマラコイデス(Premula malacoides)。


たいていのお花は、園芸種は大きく華やかで、野生種は小さくて地味と相場が決まっていますよね。
でもこの花の場合は、、日本に昔からあるプリムラ(サクラソウ属)の仲間の方が、お花が大きくて
華やかなんですよ。

そうは言っても、江戸時代に流行って数百もの品種が作られたのも、各地に自生地があったのも
昔のこと。日本のサクラソウは今、とっても少なくなっちゃっているんですよね。残念なことです。

10_0307_primula_m2.jpg

こちらは育てやすいのかな? 春になるとあちこちで見かけますよね。

10_0307_primula_m3.jpg

花の冠のような可愛さ。
今、普通の会話でサクラソウって言ったら、この花の事じゃないですか?


こちらは、良く晴れた日のクロッカス。曇りの日には咲かないんですよね。

2010/ 2/28付 「クロッカス咲いた」


10_0307_crocus1.jpg

基本の紫。オレンジ色のおしべ、めしべが鮮やかです。

こちらは白…じゃなくて、薄紫。

10_0307_crocus2.jpg

それから黄色、花びらの外に模様付き。

10_0307_crocus3.jpg

もう一度、紫に戻って…

10_0307_crocus4.jpg

今度は白い花。

10_0307_crocus5.jpg

こちらも黄色だけれど、ちょっと白っぽくて花びらの外に模様なし。

10_0307_crocus6.jpg

冷たい雨と…もしかして、更に冷たい雪も降っちゃうのかな?
行ったり来たりの春の千鳥足。せっかく顔出した葉の芽、花の芽が傷まないよう、お手柔らかに
願います。




posted by はもよう at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プリムラ・マラコイデスには耐寒性のものがあり、早くからたくさんの花を付けてはなやかですよね。
単純な白やピンクの花が好きです。
正直言って、どういうのが日本本来のサクラソウなのか、わかりません。
クロッカスもこの時季に咲いてくれるし、色が濃くて可愛いし。たくさんあっていいですね。
Posted by ディック at 2010年03月07日 21:34
ディックさん、こんばんは。
この2種といい、ビオラといい、寒さに強いですよねぇ。
野山は枯れ色でも花だんはお花でカラフル。
楽しいです。

日本桜草、機会があったら見てみてくださいよ。
私もまだ、現物を見たことはないんですけれど。(^^;)
Posted by はもよう at 2010年03月08日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。