2006年03月05日

カタクリ(過去日記の引用)

06_0305_katakuri.jpg


カタクリについて取り上げた3/6の記事の参考に、過去日記を引用しておきます。

2004年4月2日と
2005年4月8日の日記より

たいしたことは書いてないですが、3/6の記事を読んで興味がわいた方だけ↓どうぞ。



*****2004/4/2の日記より*****


04_0402_katakri.jpg

今日は、家事の合間を縫って、ちょこっと写真を撮りに行ってきました。
自転車で行かれるくらいの所に、カタクリの群生地があるんです。
観光地になるほど大規模ではありませんが、地元の人たちが大切に保護していますし、
地元ファンの間では知られた場所で、
桜が咲く頃になると、カメラ片手に訪れる人でにぎわいます。
遠い山の中に行かなければ見られないと思っていた花が、
身近に咲いてるなんてとっても幸せな事です。


カタクリはその昔、根っこ(りん茎)から片栗粉を取ったといわれていますが、
今の片栗粉はほとんどジャガイモのデンプンから作られています。
紫の花をつけるカタクリは、絶滅しかねないほど数が減っているんです。


写真には写っていませんが、
地面には淡い緑の大きな葉が二つ向き合ってついていて、
その葉には、たいてい紫の斑点があります。
その様を仔鹿の背の模様になぞらえて"片葉鹿の子"と呼んだとか、
果実を 栗のイガの中にある実になぞらえて"片栗"と呼んだとか、
古くはカタカゴ(傾籠)といい、傾いた籠にみたてたものだとか、


なにぶん、万葉に昔からなじみの深い花なので、
ウェブ上をちょっとお散歩しただけでも、いろんな説に出会いました。
どれが本当なんでしょう??? なんて考えるのも楽しいですね(微笑)。


種にはアリが好む物質が付いていて、アリに運んでもらって仲間を増やします。
アリさん達が、そうとは知らずに地面に撒いた種は、
一年目の細い葉から 徐々に大きくなっていって、7〜8年もかけて、
やっと花を咲かせます。


春先、頭上の落葉樹達が葉を茂らす前に花を咲かせ、木の葉が茂る頃になると
休眠してしまいます。
明るいところが好きだけれど、夏の暑さには弱かったり、湿り加減にも好みがあったり、
気に入って生え茂る場所が限られているそうです。


根(りん茎)から片栗粉を取るばかりでなく、若い葉とつぼみも食用になります。
苦みもえぐみもなくてとっても美味しいんですけど
(数年前、自然食のお店で野菜として売ってました(^〜^)、
食べちゃダメですよ。貴重な物なんだから(笑)。

とってもきれいなカタクリの花。いつまでも楽しめるといいなと思います。



*****2005/4/8の日記より*****


05_0408_katakuri.jpg

子ども達が学校へ行っているすきに、ちょっと離れた公園へ
写真を撮りに出かけました。
去年(4/2)も行った カタクリの花の群生地の近くです。
今年もいっぱい咲いていました。

踏み荒らされないように張られたロープの外側からですからねぇ、
写真にとれる株は 去年と同じものに限られちゃうんですけれど、
今回は少し下の方からねらって、花の内側をのぞき込むように撮ってみました。
意外な模様が付いているんですが、解りますかしら?

そういえば、4/5の朝日新聞のコラム「折々の花」で
外国には黄色い花の「キバナカタクリ」っていう花があるって紹介されていました。
へえ〜っと思った翌日、近所の花屋さんに
黄花カタクリの苗が売られていて2度びっくりしたんですけど、
最近できた園芸種ではなく、
アメリカ東部を中心に分布する原種なんですって。
写真も載っていましたが、
黄色い花びらから赤いしべがのぞいていて、きれいでしたよ。
ところ変われば何とやら…ですね。


*****このほかの過去日記はこちらで読めます。*****


posted by はもよう at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。