2006年03月05日

春の妖精

今日もおだやかに晴れ、暖かい一日になりました、関東の我が街。
娘は早朝から、実力テストを受けに出かけましたが、
家の方は、息子の友達がいっぱい遊びに来て、にぎやかです。
今日も母さんはお留守番。
仕方ないので、陽気に誘われて出かけ、100枚も写真を撮ってきた
3/3のおさんぽの成果を 数日に分けてご紹介していきますね。

雑木林の足下、北向きの斜面に今年も、こんな葉っぱがでてましたよ〜!

06_0305_katakuri1.jpg

   …といって、この写真だけで解りますかしら?
スプリング・エフェメラル(春の妖精)としても名高い カタクリです。
うちの方にも、ささやかながら群生地があるんですよ。



カタクリの花が見られることを教えてくれたのは、娘の友達のお母さんでした。
それ以来、毎年のように出かけて写真を撮っています。

一般的なご紹介は、すでに2回も記事を書いているのですが、
過去日記はweb日記、ブログのように簡単にリンクを張れませんので、
あとで別の記事として再エントリーしておきます。
興味のわいた方だけ、ご覧下さいませ。(^^;)



06_0305_katakuri2.jpg

スプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれる植物は他にも何種類かあるのですが、
一番の特徴は、春先しか姿が見られないこと。
花をつけないとか、葉を落とす…とか言う次元じゃなく、
短期間に花と実を付けたら、影も形も見えなくなっちゃうんです。

生態も変わっていて、
カタクリは、アリさんに運ばせた種が芽吹いても、
ひょろりとした葉っぱ1本だけで何年も過ごして、
やっと大きくなっても葉っぱは2枚まで、それ以上は増えないんです。

それでも地中深くにもぐらせた球根からは毎年芽吹いてくれますので、
見張っていれば、
芽吹きから花、実まで観察できるかな?とねらっていたのですが…、
出遅れました。
こんなに立派な葉っぱがでちゃってました。

どこかに もっとちっちゃい葉っぱは無いかな〜。
本当は一年目とかのひょろりとした葉っぱを見つけたいんですが、
それは難しいみたい。

あ、ちょっと遠くに ツンツンしたものを発見!!

06_0305_katakuri3.jpg

地面に芽を出した所…かな?
遠くてよく見えません。せいいっぱいの望遠で撮った写真を拡大してもこんな風…。

06_0305_katakuri4.jpg

やっぱり、よく解りません。何か違うような気もするし…。
週が開けたら、また見に行ってみようと思います。




「スプリング・エフェメラル」についてもっと知りたい方は、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の
「スプリング・エフェメラル」の項をご参照下さい。
結構、興味深い記述があって、面白かったです(^^)。



posted by はもよう at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
春の妖精とは、うまい表現ですね・・・。
カタクリの自生地が近くにあるとは、うらやましい限りです。
Posted by nakamura at 2006年03月05日 23:22
そろそろカタクリの季節ですか。
どこかで花を探してみます。
その前に芽や葉もね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年03月06日 07:50
nakamuraさん、おはようございます。

「春の妖精」と呼ばれる花には、とっても魅力的なものが多いですよ。
冬の寒さに耐えた我慢と、春が来た嬉しさが一緒になって、
よりいっそう、人を惹きつけるようです。

カタクリの自生地…ここは本当にささやかなものですが、地元の人が丹精して守っています。
ただ、自生なのかどうかは、よく解らないんですよね。(^^;)←おいっ
Posted by はもよう at 2006年03月06日 08:41
おーちゃんさん、いらっしゃいませ。
をを!強い味方だわ。芽や葉も 探してみてくださいね。
ただし、踏んづけちゃわないように。(^^;)

見るだけなら、web上に写真を公開して下さる方もいらっしゃるのだけれど、
自分で見つけたいんですよね〜。
でも、群生地はロープの中。
ロープの側で芽を出してくれるのを気長に待つしかないかも…です。(^^)
Posted by はもよう at 2006年03月06日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。