2010年02月07日

2010年の冬芽 5

いやぁ、今日も日中は風が強くて寒かったですねぇ。立春過ぎの寒さは余寒というそうですが、
余りすぎヤンとつっこみたくなりました。(^^;)

さて、今日もまだまだ冬芽のご紹介。ちょっと、雪の日の写真に寄り道しちゃったけれど、
こちらのシリーズは、よく晴れた日の青空バックの冬芽と葉痕シリーズです。
可愛く鮮やかな赤い芽はニワナナカマド。

10_0207_niwa_nana.jpg

芽吹きも花のようですが、本来のお花は真珠のような白い花。別名、珍株梅と言う庭木です。
このあとはもう少し、背が高くなる木を見ていきましょう。



2006/ 6/15付 「ニワナナカマドの花」
2006/ 3/ 1付 「花のような芽」 真っ赤な芽吹き


背が高くなる木と言えばこのイチョウです。

10_0207_icho1.jpg

大きな木からにょにょ〜んと伸びた枝に のこのこ並んでいるのは短枝です。

10_0207_icho2.jpg

イチョウの葉には、長枝に互い違いに付くのと、短枝に束生するののふた通りの付き方があり
ます。葉の落ちた冬は、可愛らしい短枝を眺める好機です。
一年一年の葉の落ちたあとが堆積して、年輪の様になっていますが、そんなことよりも、
こびとさんがひなたぼっこしているような、その姿が愛らしいです。

こちら ↓ トーテムポールのような枝先は、ひこばえの先です。

10_0207_icho3.jpg

ここからもまた、葉っぱが束生して、いずれ大きな幹になる日を目指します。
葉っぱの生える場所によって、冬芽や葉痕の様子が違うんですよね。それもまた、楽しいです
よね。

2006/ 4/13付 「イチョウの芽生え」




園内のオニグルミに、よく似ているけれど違うこの木は何だろうと、ずいぶん悩みましたが、
去年、ようやっとこの木がテウチグルミだろうと目星がつきました。

2009/ 8/23付 「クルミの木」 たぶんテウチグルミ

10_0207_teuti_g1.jpg

今回は枝先の芽を見て、更に確認です。

10_0207_teuti_g2.jpg

おなじみのオニグルミとは、枝の色は違うけれど、葉痕の形はそっくりです。

下の方に枝が残っていなくて、ちょっと苦労しましたが、精一杯のズームで冬芽のひとつを
クローズアップ。

10_0207_teuti_g3.jpg

おお、ハートの形の葉痕。笑っているような維管束(いかんそく)のあと。前髪みたいな冬芽。
可愛いなぁ。

10_0207_teuti_g4.jpg

まばらな太い枝に 大きな葉痕の冬芽。オニグルミの芽にそっくりな、栽培種テウチグルミの
芽ですぇ。たぶん。

とっても詳しいページ ↓ を見つけました。更にややこしく悩みが深くなりましたが…(^^;)

HP「木のメモ帳」内  ‘樹の散歩道'
「クルミいろいろ 何やら名前がややこしい」



冬芽と葉痕、今年のシリーズももう第6弾まで出来ましたが、まだまだ、木はありますので、
また、公園へ探しに行ってきます。ご一緒にいかがですか?(^v^*)






ブログ内関連ページ:
ニワナナカマド
2006/ 6/15付 「ニワナナカマドの花」
2006/ 3/17付 「記事にした芽 その後」
2006/ 3/ 1付 「花のような芽」
イチョウ
2009/11/25付 「紅葉アルバム2009 その4」
2007/ 2/ 3付 「イチョウの冬芽」
2006/ 4/13付 「イチョウの芽生え」
テウチグルミ
2009/ 8/23付 「クルミの木」 たぶんテウチグルミ
参考
2005/ 9/21付 「オニグルミ」 基本情報
2009/ 2/12付 「枝先の笑顔」

HP>おなじみの木>町の木>「イチョウについて」


シリーズ 今年の冬芽と葉痕
2010/01/30付 「2010年の冬芽 1」
2010/01/31付 「2010年の冬芽 2」
2010/02/01付 「2010年の冬芽 3」
2010/02/03付 「2010年の冬芽 4」
2010/02/07付 「2010年の冬芽 5」
2010/02/08付 「2010年の冬芽 6」

2010/02/05付 「雪の日に見つけた冬芽 1」
2010/02/06付 「雪の日に見つけた冬芽 2」


posted by はもよう at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。