2010年01月14日

テーダマツ

強風は収まったけれど、お日様がキラキラしていたけれど、やっぱり寒いです、うちのほう。
今日も引き続き郵便局へ。大事な郵便物を預けたあとは、隣町の公園まで歩いて行ってみま
した。今日撮った写真は、またあとでご紹介しますね。

今日の写真も、いつもおさんぽしている公園の松から。
あれもこれも名前が解ってきたら、こっちもなんて言う松なのか知りたくなっちゃいました。

10_0114_taeda_m01.jpg

ちょっと見にはアカマツのように見えたけれど、前回、松ぼっくりをアップで撮ったら
違ってたんですよ。なんて言う名前かな?



こんな ↓ 感じの松なんですけどね。長い松ぼっくりの たぶんヒマラヤゴヨウの隣と、
リギダマツの隣…の2カ所に植えられていて、アカマツより大きな松ぼっくりが付くんです。

10_0114_taeda_m02.jpg

なかなか落ちないので気づかなかったけれど、写真に撮って拡大してみたら、松ぼっくりの
鱗片にトゲトゲが付いていることが解ったんです。
トゲ付きってことは…???

10_0114_taeda_m03.jpg

波田先生のページを見るうちに、リギダマツと同じように松枯れに強いと紹介してくださってる
「テーダマツ」かなと思うようになりました。

10_0114_taeda_m04.jpg

参考:
岡山理科大 波田先生のページ
「リギダマツ」
「テーダマツ」
京都教育大学 野外博物館内 リギダマツのページ
「リギダマツ」


ちなみにテーダマツ(Loblolly pine)もアメリカ東部原産(テネシー、オクラホマ、フロリダ、
テキサスなど)だそうです。現地では高さ30mくらいにまで育ち、材木として利用されている
そうです。湿った土地を好み、英名の「Loblolly」とは「ぬかるみ」のことだそうです。

テーダマツのテーダは学名の「Pinus taeda」の「taeda」で、ちょっと前には、そのまま
ローマ字読みして「タエダマツ」とも呼ばれていたそうです。 


ほんとにひとつも落ちていないかな? よくよく探してみたら、かなり古そうな松ぼっくりを
ひとつ拾いました。ついでに近くに落ちてた松葉を物差しと一緒に並べてパチリ。

10_0114_taeda_m05.jpg

松ぼっくりは8cmほど、松葉は3本ワンセットで15cmくらい。
ちょっと古すぎてトゲが目立たなくなってますが、よくよく見ればかすかに残っています。

波田先生の記事によれば、松ぼっくりは長さ7〜15cmほどで、松葉は20cm前後だそうです
から、まぁ、標準の範囲内ですね。
この松、テーダマツで良いんじゃないでしょうか。



ちょっと歩いてリギダマツの隣のもう一カ所の 松のところへ移動。

10_0114_taeda_m06.jpg

こっちの方が背が高いかな。でも、枝先に手が届かないんですよ。落ちてる葉っぱは、3本セット
から4本、5本といろいろ見つかります。5本ワンセットのとか拾ったときには、五葉松の仲間が
そばにあったかな?と思いましたが、web検索していたら、それこそがテーダマツの特徴という
記述も見つかりましたので、良しとしましょう。

しかも、風に折られた小枝が落ちていました。ラッキーとばかりにパチリ。

10_0114_taeda_m07.jpg

黄色い矢印のところ、同じ場所から3本の松葉が出ているのが見えますでしょう?


ここの松ぼっくりも木のてっぺんにしか付いてないなぁ。遠くてよく写らないや。

10_0114_taeda_m08.jpg

撮ってきた写真を精一杯拡大してこんな感じ。

松ぼっくりは細長いけれど、ヒマラヤゴヨウかなと思ってる あの長細い松ぼっくりとは 実の
付き方が違います。

10_0114_taeda_m09.jpg

まだ、開いていない松ぼっくりだったんだ。長いなぁ。


風にたなびいちゃう長めの葉っぱの枝先に、なかなか存在感のある松ぼっくり。

10_0114_taeda_m10.jpg

こっちも、テーダマツで良いんじゃないでしょうかねぇ。

10_0114_taeda_m11.jpg

大振りで、鱗片にトゲのある松ぼっくり。
落ちてこないかなぁ…なんて、今日も見上げるだけ…(’、’)







ブログ内関連ページ:
松づくし
2010/ 1/10付 「シダーローズの季節」 ヒマラヤスギの実
2010/ 1/11付 「五葉松の仲間」 たぶんヒマラヤゴヨウ
2010/ 1/12付 「ダイオウショウ」
2010/ 1/13付 「リギダマツ」

HP>おなじみの木>山の木>「アカマツについて」




posted by はもよう at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろな松がご覧になれていいですね。
根岸森林公園はクロマツだけのようです。近くのお宅をのぞくと、ちょっと変わったのがありますが、種類がわかるほどには観察も勉強も足りません。
Posted by ディック at 2010年01月17日 19:22
ディックさん、こんばんは。
はい、気づいてみたら、身近な公園にいろんな松がありました。
ずっと見ていたんですけれど、今回思い切って調べてみました。

あら、そちらにはクロマツがあるんですね。
こちらでは自然に生えるのはアカマツだけで、
クロマツはよそのお庭ぐらいにしかありません。
クロマツも綺麗ですよねぇ。(^-^#)
Posted by はもよう at 2010年01月17日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。