2009年12月14日

秋楡と箱根空木

今日は雲が多めでしたが、まずまずの晴れ。風はなかったけれど、だいぶ気温が
下がりました。もう12月も中旬なんですもの、少しは寒くならないと変ですよね。
また、用事のついでに隣町の公園と裏の北向きの斜面を歩いてきました。
被写体が少なくて、何枚も撮れませんでしたが、そのうちまた、ご紹介しますね。

とりあえず今日の写真は、前の記事と同じ12/8撮影分です。

09_1214_akinire1.jpg

しっかり厚めの緑の葉っぱが赤くなって黄色くなって…今のアキニレはこんな色。
左右非対称な菱形の葉。左のちっちゃいのは、薄くて平べったい翼果です。





光を透かして金色に輝くアキニレの葉。最近、街路樹などにも植えられるようになりました。

2008/10/ 4付 「アキニレの花」 基本情報

花も実も目立たなくて、細かい葉っぱがちょっと厚めで、樹皮が薄くはがれる木です。

09_1214_akinire2.jpg

9月に地味な花を咲かせ、10月には周りに翼の付いた薄い実をつけます。
芽吹きから秋になるまでほとんど動きがなかったのに、花から実までは大急ぎで、
ちょっと親近感を覚えたりして。(^^;)

11月頃には紅葉が始まります。日当たりの良い枝先の葉が、赤く色付くことがありますが、
ほとんどの葉っぱは色が抜けて黄色くなりました。

09_1214_akinire3.jpg

青空がよく似合う綺麗な黄葉ですね。

アキニレはニレ科ニレ属の落葉高木。北国に育つハルニレの仲間です。以後お見知りおきを。



こちらの黄葉はなんの木の葉か解るかしら。枝が目立つ雑木林で華やかに目立ってました。

09_1214_hakone_u1.jpg

私の背よりは少し高いくらいの株立ちする低木。賑やかに残る葉っぱの中に花のあとが
ありました。花の咲いたあと…つまり、実です。

09_1214_hakone_u2.jpg

解りますかね?葉の付け根から立ち上がる細長いもの。これが実です。

この実が付くのはハコネウツギ。

09_1214_hakone_u3.jpg

細長い実は、お花のように開いてタネをこぼします。
ほんとのお花は ↓ 過去記事で見られます。


この日は黄色い葉っぱに日差しが透けてとっても綺麗に見えました。

09_1214_hakone_u4.jpg

葉っぱがみんな 散っちゃう前の 名残の鮮やかさ。
雑木林がモノトーンになる前の今だけの表情を、デザートをひと匙ずつ味わうように
ゆっくり楽しんでいます。






ブログ内関連ページ:

アキニレ
2009/ 9/24付 「9月の花木」
2008/12/ 4付 「お気に入りの紅葉」 紅葉
2008/10/ 5付 「公園の秋の花」 花のアップ
2007/10/29付 「いつもの公園の10月 その2」 若い実

2008/10/ 4付 「アキニレの花」


ハコネウツギ
2009/ 6/ 5付 「雨の日の公園樹」 今年の花
2009/ 5/11付 「野茨、エゴ、箱根空木 開花」
2009/ 1/27付 「枝の先のいろいろ」 実のカラ
2008/12/ 5付 「ユキヤナギとハコネウツギ」 紅葉
2007/ 1/29付 「ハコネウツギとキブシ」
2006/ 5/26付 「ハコネウツギの花」




posted by はもよう at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。