2006年02月19日

枝振り観察ツアー

青空の綺麗なこの季節、忘れちゃならないお楽しみが、
木の枝振り観察。
秋に葉を落とす落葉樹は、今が見頃です。
空に描く模様、大きな構造物、骨組み、血管…。

いろんな木のいろんな枝に 注目です。

06_0219_1toti.jpg

これは力強い トチノキの枝。


空に向かって 突き上げる鋭い剣。

06_0219_2toti.jpg

枝先の大きな冬芽と、剣のつか みたいな枝。
ぶっとくて直線的な枝を空いっぱいに広げている姿は、
大きくって頼もしい お父さんって感じの木です。



力強い太めの枝だけど、柔らかくて曲線的…といったら、
ミズキの枝。早春は、真っ赤に染まるお洒落さん。
頼りがいもありそうで居て、優しいその姿はお母さんのよう?

06_0219_3mizuki.jpg

枝は、一度左右に開いて、3本目からは短く立ち上がる…。
見れば、扇状に広がる枝の仕組みが解ります。

ものすごい勢いで水を吸い上げている春先は、急な剪定にあうと、
吸い込んだ水分を切り口から大量にしたたらせます。
赤い枝先に赤い冬芽、きみどり色の芽吹きが楽しみです。




隣り合ったふたつの木の 枝が織りなす模様の不思議。
これは、例のジェントルマンな銀杏と、ミズキの枝。

06_0219_4icho_mizu.jpg

左がイチョウ、右がミズキ。
高さが微妙に合わなくて、
イチョウは、枝を湾曲させてよけることが出来ませんでした。

短枝のこぶこぶがみえる イチョウの枝。
短い枝が指先のように見える ミズキの枝。
並べてみると、その個性が際立ちますね。





太くて粗い枝と 細くて細かい枝。
上から見えているのがヤマグワ。
下から伸びているように見えるのが エノキの枝。

このヤマグワは雄株です。
このエノキは 枝に付けた実を冬までの越す仲間が多いのに、
すっかり完売しちゃった様子です。

06_0219_5kuwa_eno.jpg


この街の鳥さんたちに人気があったのが、イイギリの実。
あっという間に売り切れて、葉っぱも落とした今は、
自慢の 車輪状に広がる枝が よく観察できます。

06_0219_6iigiri.jpg

下枝もひこばえも何もなくて、
人間の視界には、ただの太い幹しか見えないんですが、
鳥さんたちから見れば、素敵なテラス付きレストランです。
繁盛するのも 解るような気がします。




枝ばっかりでつまんなかった方は、HPへお立ち寄り下さい。
ミズキ、イチョウ、ヤマグワ、エノキに関しましては、
「おなじみの木」ページに
だいたいですが、一年間の様子がまとめてあります。



サイト内関連ページ:
「おなじみの木」>「町の木」>
「イチョウについて」
「おなじみの木」>「山の木」>
「エノキについて」
「ミズキについて」
「ヤマグワについて」

ブログ内関連ページ
2005年11月7日付「昭和記念公園」(トチノキの黄葉)
2005年11月30日付「銀杏の黄葉」





posted by はもよう at 23:05| Comment(10) | TrackBack(1) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言われてみれば、みんな枝ぶりに特徴がありますね。この思いもつかない視点・記事企画はすばらしいですね。
Posted by ひろし at 2006年02月19日 23:42
ひろしさん、おはようございます。
え…企画ですか?それほどのものじゃ…(^^;)…。

調子に乗って♪枝振り観察ツアー、しばらく続く予定です。
よろしかったらまた 見てやって下さいませ。
Posted by はもよう at 2006年02月20日 12:13
青空もきれいだし、葉がない今は枝振りを見るのにピッタリですね。
イイギリを真下から見るのって、未経験です。
近くやってみます。ありがとうございました。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年02月20日 16:29
花が少ない時季なので、ぼくも公園内のいろいろな樹木の枝ぶりに目がいきます。冬の青空を背景に撮ると、なかなかいい感じです。
トチノキもあるのですが、雑木林のど真ん中で、しかも背が高くて…。
ぼくの場合、はもようさんのようにさまざまの植物の観察・比較というより、どうも見映えとか、写真映りとか、そっちへ頭がいってしまうようです。
Posted by ディック at 2006年02月20日 21:29
おーちゃんさん、いらっしゃいませ。
いっぱい見て、写真も撮ってきたのに、
もたもたして、記事にしそこねているうちに、
春が来ちゃいそうなので、あわててまとめています。

このイイギリは、大のお気に入りなんですよ。
背が高くて、観察しにくいのと、雌雄異株なのに 雄株が見つからないのが、
ただいまの悩みの種なんですけどね。(^^;)
こんな立派な枝振りをおーちゃんさんにも見ていただけたら嬉しいです。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年02月20日 23:23
ディックさん、こんばんは。
ディックさんは写真を撮るのがお上手なんだから、いいんですよぉ。
見栄え重視…っていうか、写真としてステキなんですもの。

私の場合は、色気も情緒もなくて(^^;)、図鑑用にしか撮れないし、
姿も良いけど、なんて言う名でどんな特徴があるのかなんてことが
気にかかっちゃうので。(^^A)ほほほ…汗っ!

ディックさんの所には、また、綺麗な写真を鑑賞しに行きますね〜。
よろしくおねがいします。(^^)/
Posted by はもよう at 2006年02月20日 23:46
はもようさん、こんにちは。ナンキンハゼを7月完成予定の新居に植えたいと言っていた”はじめ”です。
青空バックに冬枯れの枝もいろんな表情があるんですね。
やっぱり落葉したらナンキンハゼは寂しいので、メインをカツラの木にして、ナンキンをサブにします。勝敗の分かれ目は冬の枝にアリですね。
Posted by はじめ at 2006年02月21日 15:26
はじめさん、いらっしゃいませ。お久しぶりです。
ご新居の計画♪着々と進めていらっしゃるようですね。
ブログでちょこっと見せていただきましたが、
素敵なお家になりそう♪うらやましいです。

お庭のシンボルツリー、
勝負を決めたのは…冬のカツラの枝振りですか?
綺麗なんですよねぇ〜。
実は、次の記事はカツラにしようと思っていたんです。
良かったら、また見てやって下さいね。
Posted by はもよう at 2006年02月21日 20:17
教えてもらってイイギリを見てきました。
勝手にリンクさせていただきましたがよろしくお願いします。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年02月25日 15:11
おーちゃんさん、こんばんは。
TBありがとうございました。

わー!わー!わー! \(◎◎)/
おーちゃんさんが見たイイギリの方が立派じゃないですか!
いいなぁ。

イイ枝振りでしょ。素敵ですよね。(^^)
Posted by はもよう at 2006年02月25日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

車輪の下
Excerpt: イイギリ(イイギリ科) 車輪の下・・・4,50年前によんだヘルマン・ヘッセの小説ではない。 イイギリの枝は放射状に横へ延びて車輪のようだということを最近教えてもらって、 車輪の下へ来てみたのだ。 幹..
Weblog: 横浜のほほん
Tracked: 2006-02-25 15:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。