2009年11月22日

紅葉アルバム2009 その1

寒いですねぇ。鼻水垂らしてませんか?雨が降ったり止んだりのうちの方ですが、
巷は連休なんですよね。私は結構いろんなことしなくちゃならなくて忙しいですが…。

18日の水曜日に いつもおさんぽしている公園に行ったときには、真っ青な空と
真っ盛りの紅葉を しっかり楽しんできました。
写真もたくさん撮ったので、これから数回にわたってご紹介していきますね。

この連休にどこかで出会ったのと、同じ葉っぱが登場するかもしれませんよ。

09_1122_sato_kaede1.jpg

まずは華やかな外国産の木の紅葉から。写真はメイプルシロップの木、サトウカエデ。

HPの「アルバム」の今年のページに 紅葉の大きめの写真とスライドショーを
設置しました。良かったらそちらの方も見てみてくださいね。(^▽^)ノ






11月の初めにご紹介した木々も、かなり綺麗に色付いてきました。

2009/11/ 5付 「街角の秋の色」


木、全体が目の覚めるようオレンジ色になりました、サトウカエデ。

09_1122_sato_kaede2.jpg

カエデ科カエデ属、高さ30〜40mになる 北米原産の落葉高木。

カナダでは広く植えられ、国旗の真ん中のあの葉っぱは、この木の葉っぱです。
樹液からカエデ糖(メイプルシロップ)を採るので 和名もサトウカエデ(砂糖楓)です。

09_1122_sato_kaede3.jpg

はい、散り敷く落ち葉で形の確認っと。ね、ね、カナダの国旗の葉っぱでしょ。(^^*)

国旗に描かれた植物と言えば、こんなページ見つけちゃった。興味のある方はどうぞ。

岐阜県にある 「薬の博物館」 のHP内  特集 「身近な生活にある薬用植物」
「世界の国旗に描かれる植物 その1」
「世界の国旗に描かれる植物 その2」 ←カナダの国旗はこっち

このHPいろいろ楽しめそうです。博物館にもいつか行ってみたいなぁ。




次はアメリカハナノキ。色づき具合としては、まだもうちょっと早かったかな。もっと赤くなれる木の
はずですから。

09_1122_a_hananoki1.jpg

サトウカエデとどう違うんだよとお思いの方もあるかもしれませんが、じつはこの木、
春、まだ葉が出る前に 真っ赤な花を咲かせたんです。

2009/ 3/30付 「公園の春、経過報告」

だから、ハナノキの仲間だと分かりました。

ハナノキは、春先に咲く花が真っ赤でとてもよく目立つので、カエデなんだけど
「花の木」と呼ばれちゃうほどの個性派さん。自生地も限られていて、原物を見るには
ちょっと努力の要る木です。(首都圏の方は新宿御苑で会えますよ。)

日本のハナカエデの葉は先が三裂ですんなり型。こちらは微妙に五裂で角張型。
…ということで調べていくと
北米県産、カエデ科カエデ属、アメリカハナノキ(別名:ベニカエデ)に行き当たります。

09_1122_a_hananoki2.jpg

園芸用にいろんな品種が売られていて、公園などにも良く植栽されるそうです。

そう言えばうちの近所に、葉の形、色づき具合が微妙に違うそっくりさんが有りました。
最初の頃、こっちが日本産で、あっちが北米産かと思っていましたが、今は両方、
北米産だと思っています。

花以外の特徴は、長めの葉の柄かな。
葉が緑のうちは、しばしば赤みが差して綺麗なものです。

09_1122_a_hananoki3.jpg

息子が小学生の頃 飼っていたゴマダラカミキリがこの葉っぱが好きで、よく、
葉っぱの柄をかじってました。本当は若い枝の方が好きなんだけど、公園の木の
枝を折るわけにはいかないから、落ちた葉っぱを集めてあげていたんですよ。

葉っぱ集めるの大変だったなぁ…大変すぎて結局逃がしちゃったっけ…
あとでカブトムシゼリーで間に合うって聞いてがっかりしたよなぁ…なんて、
思い出しながら撮りました。落ち葉です。枝に付いているのよりカラフルですね。



黒くて 大きくて くねったものが たくさん ぶら下がって、一種異様な雰囲気を
醸し出しているのは、マメ科サイカチ属の落葉高木、北米産のアメリカサイカチです。

09_1122_a_saikati1.jpg

2009/ 5/25付 「アメリカサイカチの花」

大きな豆のさやは30cmほどにもなり、大変な存在感です。
葉っぱはマメ科らしい羽状複葉。可愛く黄色に色付きますが、やっぱりこのさやは…

2008/ 8/31付 「準備中の木の実」

09_1122_a_saikati2.jpg

可愛くはないなぁ。

日本のサイカチは、猛烈なトゲトゲと ↓ と、

2009/ 4/17付 「サイカチのトゲ」

さやから出る泡を洗剤がわりに利用したことで有名です。

一度このアメリカ産も、水につけてみようと思っているんですけど…
まだ実行していません。いずれそのうち。(^皿^*)



最後はモミジだけれどカエデ科じゃない、モミジバフウ。別名はアメリカフウ。
マンサク科フウ属、北米中南部〜中米原産の落葉高木。
最近は、街路樹によく利用されるようなり、目にすることも多くなりました。

でも、うっかり名前を知ってしまうと、疑問がわいちゃう木ですよね。

09_1122_momijiba_f1.jpg

まず名前がややこしい。モミジバフウ…漢字にしたら「紅葉」葉の「楓」ですよ。

モミジを漢字変換すると「紅葉」でしょ。カエデを変換すると「楓」でしょ。
図鑑ではモミジとカエデは同義語のように書いてありますから、置き換えてみると…

カエデバカエデ?モミジバモミジ? しつこい名前だなって思いますでしょ。
しかも、カエデ科じゃないと来ているし。訳わかんないですよね。

じつは、中国から漢字が渡ってくるときに、取り違えが起きちゃったらしいんです。
中国でこの字は→「楓」 フウという別の植物。↓こんなんです。

2005/12/1付 「新宿御苑のフウ」 

「フウ」の葉は3裂、そしてこの木の葉はモミジの葉のような5裂。
だから、モミジの葉のような「フウ」という意味の名前なんですね。


では、カエデを表す文字はというと、木へんに親戚の戚と書いて「槭」(セキ)。
ややこしいでしょう?
この、字を取り違えたって言うの、結構多いんですが、とりあえず今回はここまで。

2005/12/ 2付 「モミジバフウ」 基本情報


色づきのすすみ具合は、木によってまちまちです。この木はもう真っ赤で葉っぱも
だいぶ落ちています。

09_1122_momijiba_f2.jpg

一緒に下がっているものは実です。精巧なデザインのトゲトゲボール。
赤や金色の塗料を塗られて「アンバーバーム」の名で、花材やXmasリースの材料として、
店頭に並ぶこともあります。

2008/ 8/31付 「準備中の木の実」 若い実

落ち葉も見てみましょう。形は綺麗なカエデ型。でも、とっても大きくなりますよ。
大人の手のひら大なんて軽くクリア、子どもならお面に使えちゃうかものレベルまで
巨大化します。原物を見れば、カエデと間違うことはないでしょう。

09_1122_momijiba_f3.jpg

色とりどりの星形の葉っぱを見ていたら、子ども達のためにいろんな切り紙細工をした頃を
思い出しちゃいました。折り紙とか色画用紙とか…もう、使わないなぁ。
子どもがちっちゃくて手のかかる頃、「今が華よ。」と言われて戸惑いましたが、
今になって思えば「華」でしたなぁ。(^o^;)おほほ…。

2009// 2/ 3付 「冬芽 いろいろ」
2006/ 4/17付 「木の芽いろいろ その3」 芽吹き



おお、長々語っても、たったの4種しか紹介出来てません。いつもおさんぽしている公園に
植えられている「外国産の木」に限ったって、まだ半分にもならない種類です。
次もまた、別の木をご紹介しますね。

ふんふんふん〜 ♪ 次は何にしようかな〜。




posted by はもよう at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカハナノキ、トウカエデ、フウ、図鑑で見ているとそれぞれ葉の形は微妙に似ていて、昨年「これはトウカエデ」と決めた(笑)木を、何度も確かめたりしています。
いまかいまかと待っているのですが、いまちょびっと紅くなり始めたところ。
今年は初めてモミジバフウの紅葉を撮りました。黄色と朱。当方は16日の記事ですが、まあまあ、よく撮れていますよ。
いままであまり注目しなかったのは、結構紅葉が早くて、気がついたときには大した葉がない(笑)。しかも木が大きく高くて撮りにくい。ユリノキの黄葉と似た理由ですね。
Posted by ディック at 2009年11月23日 13:00
ディックさん、こんにちは。
あぁ、そうですよね。(’、’?)
アメリカハナノキ、トウカエデ、フウ…みんな葉の先が3裂ですよね。

アメリカハナノキの葉の形は品種ごとに少しずつ違って、
実はメスの木にしか付かなくて赤い色、

フウは、実の形が全然違って、

トウカエデのプロペラ型の実は、閉じかけの形で緑色なんです。
それからトウカエデの大きな木は樹皮が細かくはがれています。
いつか確かめてみてください。

モミジバフウの写真、拝見しました。\(^▽^)/
黄色い葉っぱの写真は、全体にイイ感じのリズムで葉っぱが散らばっているところが
ディックさんらしい構図の決め方だなって思いました。
赤い葉っぱの写真は、私が撮った赤い葉っぱの木の写真と同じような
色づき具合でしたね。(^▽^) どちらもモミジバフウらしくて素敵でした。

私の今年の一番は、スライドショーにしちゃいました。(^^*)
すんごくカラフルなモミジバフウです。良かったら、見ていってくださいね。
Posted by はもよう at 2009年11月23日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。