2009年11月21日

道ばたの秋の色

今日は良く晴れて暖かでした。そんな中、息子と受験予定の学校の説明会に行って
きました。畑や田んぼの真ん中の大きな学校でした。用事も済んで帰ろうとしたら、
教室の窓から大きな夕焼けが見えました。校舎から見る夕日。懐かしいな。(^^*)

さて、記事の方は、11/9の写真の最後。
久しぶりに「北向きの斜面」を歩いて、思わず次の日も写真の追加を撮りに行って、
たっぷり堪能しての帰り道。ついでに見かけちゃったその他の細々したものを
まとめてみました。ちっちゃな発見 ♪ いろいろの、秋の道ばたです。

ふわっふわだったススキの穂。

09_1121_susuki.jpg

十五夜も、十三夜も済んでススキもご用が終わったかな。暖かそうな綿毛になって
揺れていました。






帰り道のアカメガシワ。そろそろ葉っぱが黄色くなってきました。

09_1121_akamegasiwa.jpg

スウェードの手袋みたいな冬芽とか、春の真っ赤な芽吹きとか、見所はいっぱい
あったけれど、黄色い葉っぱで1年の締めくくり。またね、アカメガシワ。

2009/ 8/31付 「準備中の木の実」 実
2009/ 6/27付 「苗代苺、赤芽槲など」 おばな、めばな
2006/ 4/ 5付 「木の芽いろいろ その2」 赤い芽吹き
2006/ 3/ 3付 「身近な木の芽 その4」 裸芽



とことこ歩いて道ばたの薮、ここのところ なにやら工事車両が出入りしていて、
草刈りが頻繁なんですが、そんな誰も顧みない道ばたも、私にとっては大事な観察
スポットだったんです。

そこで見かけたノイバラ、ノブドウ、マルバヤハズソウなどは良くこのブログにも
登場しました。なにより、そこは、ガガイモのピンクの花とゴツゴツした実が
見られる 数少ない場所なんです。

去年は綺麗な綿毛まで楽しめたけれど、今年は望めないかな…と思っていたら、
なぎ払われた枯れ草の中に、見慣れた綿毛を発見しました。

09_1121_gagaimo1.jpg

ガガイモの実が、草刈りにあっても残っていて、割れて綿毛を吹き出していました。

頑張れガガイモのタネ。どこか遠くへ飛んでいって、またあの毛深いピンクの花を
見せておくれ。

09_1121_gagaimo2.jpg

画面左端に、もうひとつの実のからが 転がっているの分かります?ゴツゴツした
お芋のような外見の へんてこな実です。

冬までは待てなかったけど、またどこかで会えるような気がします。

2008/ 8/30付 「ボタンヅルとガガイモ」 花

2008/ 1/19付 「撮り直し」 綿毛(種髪)
2007/12/26付 「ガガイモの種の毛」
2007/12/ 7付 「霜の降りた地面」 割れた実
2007/11/ 4付 「ノダケなど…」
2007/ 9/26付 「アキノノゲシ、ガガイモ…」



少し早めに咲いていたノコンギクも、すっかり綿毛になりました。

09_1121_nokon_giku.jpg

2009/10/12付 「柚香菊と野紺菊」

お隣さんのスイカズラも、2つ並んだ黒っぽい実にかわりました。

09_1121_suikadura.jpg

お向かいはキレハノブドウ。普通のノブドウと、ほぼ変わりはないのですが、
葉っぱの切れ込みが深いタイプです。今、黄色く色付いているので、その形が
引き立ちます。

09_1121_kireha_nobudo.jpg

素敵でしょ? 



しゃがみ込んで写真を撮っていたら、こんな可愛い草も目に入りました。

09_1121_o_nisikiso1.jpg

オオニシキソウです。

2009/09/28付 「荒れ地と丸葉」
2008/ 9/14付 「秋はどこまで…」 花

葉っぱも実も、真っ赤に色付いています。

09_1121_o_nisikiso2.jpg

茎の先の小さな実、こんなに可愛い表情です。
星か雪の結晶のように見える白っぽいものは めしべの先かな?



おおっと、あまりの暖かさにこんな花まで返り咲いてました。

09_1121_rurikarakusa.jpg

ルリカラクサ(瑠璃唐草)です。別名は星の瞳。えっ?聞いたことない?じゃ、ベロニカ。
うふふ。標準和名は無粋だから使わないの。

本当の花期は春の初め。でも、すきさえ有れば咲いてみるしたたかさんです。

2009/ 2/ 3付 「節分」

注意深く見てみると、秋の終わりの野原には、秋の花と 返り咲いた春の花が、
今年の総決算とばかりに咲き気競っています。

毎年見てきて、少しは詳しくなった今の方が、秋のフィナーレを楽しめそうです。
ゆっくり進め、道ばたの秋。霜が降りるようになるのも、もうすぐですね。



posted by はもよう at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オオニシキソウの紅葉姿が綺麗ですね。
探してみよう。

そうそう、きのうタチツボスミレの花を見つけました。
「狂い咲き」と言っていいのでしたっけ?
Posted by ひろし at 2009年11月21日 23:11
こんにちは。

ガガイモの実がはじけましたね。
近所にあるのですが、ついつい良い時期をはずしてしまいます。犬吠埼で見ただけ・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2009年11月22日 14:17
ひろしさん、こんばんは。

はい、オオニシキソウの実が綺麗でした。
ここまで熟した実の姿は、初めて撮ったかもしれません。
ちょっと良いもの見つけちゃったよ気分でほくほくして居ます。

お、タチツボスミレ咲いてましたか。頑張るなぁ。(^▽^)
私は「返り咲き」という表現が気に入ってます。
なんとなく「見返り美人」って言葉を連想して ♪
Posted by はもよう at 2009年11月22日 17:56
nakamuraさん、こんばんは。

はい、はじけちゃいました、ガガイモの袋果。
自然のままならもう少し後になると思いますが、
この実は草刈りにあった上に、踏んづけられちゃったんですよ。
それでもくじけずにタネを飛ばしちゃうしたたかさが、
好きですねぇ〜。(^▽^)ノ

nakamuraさんも、野原で会えると良いですね。
Posted by はもよう at 2009年11月22日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。