2009年11月13日

秋惜しみさんぽ

今日は曇り空。気温が低くて、洗濯物が全然乾きません。とうとう今日は暖房をつけ
ました。私のためではなくて、洗濯物を乾かすために。
やれやれ、まだ晴れないのかな?
ぐずつき気味、気温低めの関東地方です。木の葉もどんどん散っています。
のんびりしていたカエデの仲間が、そろそろ赤く色付いちゃうかな?

今日の記事は、一週間くらい前のうちの近所で見かけた秋の景色のいろいろ。
たとえばこれはアオツヅラフジの実。

09_1113_aotudura_f1.jpg

どんどん過ぎていく秋を惜しみながら、ちょっと小戻りしてかみしめちゃいましょ。





今年、うちの近所のアオツヅラフジは、ほぼ、草刈り隊の餌食になってしまい、
お気に入りの青い実を見ることが出来ませんでした。

やっと見つけたのはこの不景気で、草刈り代をケチってそうな(失礼)公共の場の
植え込みの端。魅惑の青い実。極小サイズの巨峰のような(食べられませんよ)実、
発見です。

09_1113_aotudura_f2.jpg

周りは かなりのうどん粉病だらけで、もう少し手入れすればいいのにと思うような
場所でしたが、アオツヅラフジには好都合だったようです。(^m^)

他にも、ノブドウとか…

09_1113_nobudou.jpg

むかご付きのヤマノイモとか…

09_1113_yamanoimo.jpg

会いたかったけれど、今年はなかなか会えずにいた、つる性植物たちの秋の姿も撮れ
ました。
つる性植物って、どうしても嫌われやすくて、草刈り隊さんたちにも 目の敵にされて
いますが、まぁ、なに、不景気でも良い事って、少しは有るみたいですね。

09_1113_aotudura_f3.jpg

アオツヅラフジの渋い葉っぱと色づきかけの実も含めたこんな写真も撮れて、大満足。
あ、ヤマノイモのむかごは美味しいけれど、ノブドウもアオツヅラフジも食べられませんよ。
あしからず。



こちらは、毒です。ドイツスズランの実。ほぼ、ほったらかしですが、花だんの花です。
愛らしい姿に似合わず毒草ですので、食べちゃいたいくらい可愛くても、
お口に入れないでくださいね。

09_1113_d_suzuran1.jpg

実も、可愛い朱色で美味しそうですが、毒ですよ。

09_1113_d_suzuran2.jpg

ちなみに、日本のスズランは北海道か高原の花。暑いところは苦手です。
うちの近所で見かけられるのは全部、暑さに強いドイツスズラン。
葉っぱとお花の穂が、どっちもどっちの背比べしているところが特徴です。

日本のスズランのお花は奥ゆかし〜く、葉よりも低い位置で、葉に隠れるように咲く
んですよ。いつか会ってみたいなぁ。自生のスズランに。



最後はスカッと青い空に、背の高い黄色いお花。

09_1113_i_kikuimo1.jpg

キクイモです。ん…、たぶん、空き地の雑草だから地中に芋が育たないイヌキクイモじゃ
ないかと思いますが、掘り返してみるわけにもいかないので、確認はとれません。

遠目では見ていたのですが、写真に撮る機会に恵まれず、今頃になってしまいました。
でっかいルドベキア、貧相なヒマワリ…、高さ3mまで育つ背高のっぽ、
昔は畑の作物だったキクイモ。

キクイモは キク科ヒマワリ属、北アメリカ原産の多年草。


手もとの図鑑によれば、
キクイモの根茎はイヌリンという多糖類を多く含み、果糖、アルコールの原料になった。
幕末の頃渡来し、戦時中、加工用、飼料用によく栽培されたが、最近はあまり栽培されて
いないそうで、時に畑の隅や山麓に野生化しているのがみられるそうです。
特に北海道に多いんですって。


09_1113_i_kikuimo2.jpg

イヌキクイモは、キクイモに似ているが根茎が小さいかほとんど育たない種で、
外見で見分けることは難しいけれど、地中の根茎を見ればすぐに分かるって…。
掘るわけにいかないし…。

イヌキクイモの方が花期が早く7月〜8月、キクイモはその後、9月〜10月なんて
書いてあると、あれ?キクイモかな?なんて思ったり、

でも、キクイモの頭花は筒状花の周りの舌状花(花びらっぽいもの)が10〜20個
一列に並ぶけれど、イヌキクイモの舌状花(花びらっぽいもの)は、9〜15個って
書いてあると…あっ、やっぱりイヌキクイモかな?  分かりません。

でも、枯れちゃう前に撮れてよかった。ぐずつく寒い日に 眺めていたい
明るい黄色、イヌキクイモ(たぶん)の お日様みたいな大きなお花です。



春の急ぎ足も寂しかったけれど、秋の駆け足はわびしさ5割増しの感。
あぁ、もう年の瀬もすぐそこ。きゃー、あれもこれも まだやってないよぉ。
とにかく、取り急ぎ、出来るだけ、P(^へ^) 頑張ります。




posted by はもよう at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スズランの実って初めて見ました。
毒があるということを知らなければ味見したくなるかも。
罪作りな可愛さです(笑)
Posted by zei at 2009年11月15日 09:39
zeiさん、こんばんは。
そうなんですよぉ。
スズランは、生けた花瓶の水まで毒になっちゃう きょーれつな毒草です。
お味見厳禁でお願いします。(^^)v
Posted by はもよう at 2009年11月15日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。