2009年11月09日

南京ハゼとハゼノキ

今日はちょっと用事があって、初めての場所へバスで出掛けたのに、用が済んで
裏口から出たら、あらなんと、時々おさんぽしている隣町のお気に入りの観察スポット
「北向きの斜面」でした。大喜びで小一時間、おさんぽしてきました。後日ご紹介しますね。

さて、たまに街路樹に使われて、紅葉が綺麗な木 南京ハゼってご存じですか?
紅葉綺麗なんだよな…まだかな?。様子を見に行ってみました。

09_1109_nankin_haze1.jpg

まだみたいですねぇ。ほんのり色付いた葉が落ちていましたけど…。

中国は南京のハゼがあるのなら、日本のハゼは近所にはないの?はい、今までは見つけ
られませんでした。でも、今年は見つけちゃいました。あわせてご紹介しますね。




ナンキンハゼ:トウダイグサ科シラキ属、中国原産。日本では暖かい土地で植栽される。
園芸店のサイトで見ましたが、中国の三大紅葉樹の1つだそうです。確かに紅葉は見事です。

後の2つが気になるのでweb検索いたしましたら「マユミ」と「フウ」との説を発見。
えっ?? もっと派手な木がありそうに思いますが…。

2005/11/ 7付 「ナンキンハゼ」 基本情報、花など


これも、野生じゃないです。植栽された木です。近所に結構あるんですよ。
今はまだ、下の方は青い葉っぱばかり。黄色い葉っぱがちらほら…。
ちょっと変わった形の葉っぱでしょ。

09_1109_nankin_haze2.jpg

葉っぱに混じって、緑色の若い実が見えてました。

09_1109_nankin_haze3.jpg

この実が熟してくると周りの皮が黒くなり、ぱりっと割れて中のタネがのぞきます。

過去記事の時にはちゃんと書けませんでしたが、タネは有毒で、
タネの周りの白い部分は栄養豊富で鳥さん達にも人気があるんですって。

09_1109_nankin_haze4.jpg

鳥さん達は 周りの白いとこ(仮種皮)だけ消化して、毒のあるタネは出しちゃうから、
出されたタネは、鳥さんが運んでくれた先で芽を出せるって訳ですね。良くできてるな。

で、白いところからは蝋がとれて、それがハゼノキと同じだから、この木の和名は
ナンキンハゼなんですって。

樹皮はこんな風 ↓。

09_1109_nankin_haze5.jpg

夏に咲くお花は過去記事で見て下さい。おばなはひものよう、めばなは巻いためしべが
くるくるっとしています。どちらも花びらはありません。

紅葉も楽しみだけど、青い葉っぱが 日の光に透けるところも素敵です。

09_1109_nankin_haze6.jpg



1枚目の写真から数日経って…紅葉はもう少し進んだみたいです。
色付いた葉っぱは、高い木の上の 日当たりの良い枝先にしか無くて、まだ、うまく
写真に撮れません。予告編みたいな落ち葉。更に色合いを濃くしています。

09_1109_nankin_haze7.jpg

黄色からオレンジ…赤い色くらいまでなら、普通の木でも見られる紅葉ですが、
この木は最後は紅色に染まります。見事な紅葉まであと…何日かかるかな?(’’?)



ところで、なんだかんだ書いてますが、「はぜ」って…私にとっては長いこと、
想像上の葉っぱでした。見たこと無かったんですよねぇ。
童謡で「は〜ぜの葉 赤くて 入り日色〜♪」と歌う度に、はぜの葉ってどんな葉だろうと
思ったものでした。

「はぜの葉」の木…図鑑では「ハゼノキ」として載っているのですが…は、ウルシ科です。
ウルシ科って、結構みんな似ていて見分けにくくて、苦手でした。
見ないようにしていたのかもしれません。(^^;)

ところが、ナンキンハゼの写真を撮っていたら、すぐそばに「ハゼノキ」そっくりな木を
見つけちゃったんですよ。

09_1109_hazenoki1.jpg

見つけちゃったんだからしかたない。ここはひとつ腹をくくって…
いつも一方的にお世話になっている岡山理科大の波田先生のところで教えて頂こう。←他力本願

岡山理科大学 波田先生のページ:
ウルシ科ウルシ属 「仲間の区別点」

ハゼノキ(櫨の木)はウルシ科ウルシ属の落葉高木。雌雄異株。光沢のある葉の羽状複葉。
葉も枝も無毛。

09_1109_hazenoki2.jpg

葉っぱのふちはギザギザ無し(全縁)。

09_1109_hazenoki3.jpg

葉っぱは裏も表も 無毛。
どちらかと言えば細身の 狭倒卵形。 丸っこかったらヤマウルシかも。

ハゼノキはそんなにかぶれないけれど、人によってはひどくなる事もあるらしいので
ご注意を。
実の見分け方も確かめたかったけれど、この木は高さ1mくらいの幼樹で、お花は咲いてません。
今度はよく似た大きい木を探してみます。


09_1109_hazenoki4.jpg

波田先生の写真にも似ているし、これ、ハゼノキで大丈夫ですよね。

「は〜ぜの葉 赤くて 入り日色〜♪」のはぜの葉。身近に発見です。(^▽^)ノ

いやぁ、こういうページがあると助かるなぁ。ほんとに、感謝感謝です。(^人^)


…で…今日、ヤマウルシに似ている葉っぱも見つけちゃったんだけど…。(^^;)
詳しいことはまた、後日記事にします。
今日は久しぶりに歩けた「北向きの斜面」のことを思い出しつつ…お休みなさ〜い。




posted by はもよう at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。