2006年02月10日

身近な木の芽 その2

冷え込んでますけれど、
風が無い分、昨日よりは過ごしやすいです、うちの方。

今日の一つめは、モミジバフウの冬芽と葉痕。

06_0210_1momijibafu.jpg

海華さんの 素敵な写真ブログ「野の花語り」「見て、観る。」と言う記事の中で、
とってもりりしくて素敵な、王子様のようなモミジバフウの冬芽と葉痕を見たので、
これは見に行かねばっ!と、家を飛び出したんですが、どうでしょう。
私が見つけたのは、何となくまだ眠そうなお顔をしてましたよ。とほほ…。


公園のおさんぽで、また、いくつか身近な木の様子を撮ってきました。
今回は、冒頭のモミジバフウにイチョウ、コブシ…あとは何かな?



池をにぎわす鴨たちに餌をあげてる人以外、人影もまばらな公園。
枯れ木だらけの林なんか誰も見やしないのに、
手が届く限りのモミジバフウの枝をひとつひとつ眺めている私を見て、
興味津々で集まってきちゃった…みたいに見える、この枝先。
ほら、可愛い顔がいっぱい!

06_0210_2momijibafu.jpg

でも、顔に見える部分なみんな、葉の落ちたあと。
今年芽吹く葉っぱの子ども達は、まだてっぺんの飴色御殿でお休み中。
ねんねんころり♪おころりよ〜♪
春になったら、イロハカエデより、ずっとでっかいモミジバを広げて、
元気に街を彩ってね。


ブログ内関連ページ:
2005/12/2付 「モミジバフウ」



ジェントルマンなイチョウを覚えていますか?  2005/11/30付「イチョウの黄葉」
雑木林の中で、周囲の木にぶつからないように枝を曲げていた木です。
これがその冬姿。

06_0210_3icho.jpg

あの後、あちこちで見上げてみましたが、枝がゆるやかに湾曲しているイチョウ。
結構あちこちにありました。(^^;)特別じゃなかったのね。


枝を一本 手にとってよく見ると、のこのこと こぶのようなものが並んでいるのが解ります。

06_0210_4icho.jpg

これが短枝。ぐんぐん伸びる枝(長枝)には、葉が互い違いについて(互生)、
短枝には、束になって付きます。(束生)
束の根元には花も…と言うことは実のぎんなんもここに付きます。

こぶこぶの短枝には葉の落ちた跡が付いていて、それを数えると、
何年ものの短枝か解るんですって。
短枝だったものが途中から長枝になる…なんてこともあるそうです。
枝を手にとってよく見てみると、その木の歴史が解る…かも、しれませんね。


サイト内関連ページ: 「おなじみの木」>「町の木」> イチョウについて


ブログ内関連ページ:
2005/11/30付 「イチョウの黄葉」

2005/9/10付 「台風で落ちた実と葉(イチョウ)」



この冬はハクモクレンの枝ばかり見てしまいましたので、コブシの枝も見てきました。

06_0210_5kobusi1.jpg

木の上の方にばかり、大きな花芽がありました。
ハクモクレンと比べると、毛深いコートは一緒でも、形は単純、付属物なしですね。
大きな花の芽はまだまだ まばら。そこも、ハクモクレンと大きく違うところでした。
コブシの枝の先、ほとんどはまだ、こんな感じの小さな芽ばかり。

06_0210_6kobusi2.jpg

枝先の芽が、無理矢理 上を向かないのがコブシ流。
ね、何となく、自然体でしょ。
商店街のコブシは細かい枝を こちゃこちゃっと出して、複雑な模様になっているのに、
公園のコブシはこんな風に、のびのび〜ってしています。
ゆっくり開け、コブシのつぼみ。



サイト内関連ページ  「おなじみの木」>「山の木」> コブシについて


ブログ内関連ページ:
ずっと追いかけてます、コブシとハクモクレンの違い。その記録はこちら。↓

2006/1/16付 「ハクモクレンとシモクレンの花芽」

2005/12/10付 「ハクモクレンの落ち葉」

2005/10/31付 「みのり いろいろ(記事にした実、その後)」

2005/9/28付 「コブシの実 その後」

2005/9/9付 「コブシとハクモクレンの比較 (実)」



モミジバフウ、イチョウ、コブシと来て…、じゃあ、これはな〜んだ。

06_0210_7hanamomo.jpg

すらりと伸びた枝に、ずらりと並んだ毛深い芽。結構 背が高くなる、バラ科の木ですよ。
ウメサクラと花芽を紹介してきましたよね。

これは、桃の花の芽です。「ハナモモ」と看板が付いていました。
毎年、桃の節句より一月遅れの4月に 枝いっぱい 濃いピンクの花を咲かせます。

おひな様のCMは盛んになってきましたが、外で桃の花が咲くには
もう少し、辛抱が必要です。



みんな頑張れ〜!春はもうすぐそこだよ〜!

06_0210_8o_kurumi.jpg

大きな声で呼んでいるのは お猿さん?あ、ちがう、オニグルミだわ。

このあいだ見たときは、まだ眠そうだったのに。
もう、ぱっちり目が開いて、張り切っているのね。

このあと、とても木の葉とは思えない、
スウェードみたいな葉っぱが開くのを 日々ながめるのも 春の楽しみ♪です。


posted by はもよう at 14:36| Comment(14) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
★はもうさん、いっぱい芽の観察してきはったんですね。ロゼッタも。
冬の落葉した木々もキリリとして好きですが、
少し春の準備がはじまったのも、味のある顔ですね。
そこはかとなく色を帯びだしてきた地面です。
春が吹き出してきそう。
Posted by るな at 2006年02月10日 16:27
素敵に紹介して下さって有難うございます。

モミジバフウの葉痕はどこか妖精の風情ですね。
座敷童っぽいお顔が良いですねぇ。
沢山の座敷童さん達・・・きっと良い事が有りますよ〜。♪
Posted by 海華 at 2006年02月10日 17:01
いろいろ見せてもらってありがとうございます。
モミジバフウは近くにないので、愉快な冬芽の実物を見られなくて残念です。
オニグルミも面白い顔なんですね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年02月10日 17:37
冬芽・葉痕。嵌まると抜けられなくなりますよ、と偉そうに言っています。コレクションはまだ貧弱ですが、私もHPで「植物図鑑・冬芽カタログ」を作っています。この充実も課題のひとつです。
Posted by ひろし at 2006年02月10日 18:22
オニグルミは、ぜひ花芽と葉芽の両方をコレクションすることをおすすめします。
すごいマニアックなこと言ってますけど、いいのかな・・・・・・(笑)。
Posted by くろねこ at 2006年02月10日 19:17
るなさん、こんばんは。
はい、いっぱい見てきました。
おかげで全然運動になりませんが…(^^;)

固かった芽がふくらんで、葉や花が吹き出してくる春先は、
変化に富んでいて、毎年楽しみなんですよ。

るなさんもおさんぽで、何か見つけたら教えてくださいね。

Posted by はもよう at 2006年02月10日 21:40
海華さん、いらっしゃいませ。
モミジバフウにあんなに可愛い顔が付いているって教えてくださって
ありがとうございました。

葉痕には 結構、メルヘンチックなお顔が付いてますね。
座敷童か…うんうん、そんな感じ。
独りくらい私に付いてきてくれたかしら?良いことあるといいな。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年02月10日 21:44
おーちゃんさん、こんばんは。
モミジバフウ、近くにはありませんか…。
う〜ん(’’?)、また、なにか、さがして来ます。

オニグルミ、お猿さんみたいですよね。時々、羊さんにも見えるんですけどね。

そちらのフィールドでも、可愛い冬芽と葉痕が見つかると良いですね。
コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年02月10日 21:50
ひろしさん、こんばんは。

素晴らしい「植物図鑑・冬芽カタログ」を見せていただきました。
今度、冬芽で迷ったときは参考にさせてくださいね。
HPもブックマークしちゃいました。
時々伺わせていただきます。よろしくお願いします。

冬芽やロゼットから、花や木の名前が特定できると、助かるんですよね。
図鑑が、今後ますます充実しますように。(^^)応援してます。
Posted by はもよう at 2006年02月10日 21:56
くろねこさん、こんばんは。
はい、オニグルミの花芽と葉の芽ですね。
花の芽はてっぺんので、葉の芽は横のかしら?

じつは、オニグルミだけは、少しずつ時期をずらして写真を撮ってあるので、
芽がどうやって花や葉になるのか、見直せるんですよ。
そのうち1ページにまとめるつもりです。

いやぁ、この木、芽吹き方が動物的で可愛くて、
好きなんですよね。へへ…(^^*)←変わってる?
Posted by はもよう at 2006年02月10日 22:10
おはようございます。
また、よくお集めで・・・。
春になって、みんなが芽を出し始めたら、どうするのでしょう??
「寝るまもなく、過労で・・」などとならないようにお願いします・・・。
Posted by nakamura at 2006年02月11日 09:27
nakamuraさん、こんばんは。
うふふ…、ご心配いただきまして、ありがとうございます。(^^*)

観察の舞台、近所の公園は すぐ近くですし、
いろんな木が、並んで植えられてますから、あんまり手間は掛からないんですよ。
本当はもう少し運動になった方がよかったんですけれど…。(てへへ)

芽吹くところがまた、綺麗なんですよ。(^▽^)
よかったら、見てやって下さいね〜。
Posted by はもよう at 2006年02月11日 21:10
海津さんのモミジバフウも拝見させてもらって、
はもようさんのも拝見させてもらって、
どちらもいいです。本当に!
今、自分も

>これは見に行かねばっ!

って感じに陥っています。
しかし、なかなか近所にないんですよね(><)
Posted by bigtree at 2006年02月12日 21:47
bigtreeさん、いらっしゃいませ。

モミジバフウは、公園樹か街路樹ですから、
大きめの公園などで探してみてください。
でも、葉っぱがないと見つけにくいですね。
トゲトゲの丸い実が下がっていれば間違いはないのですが…。
見つかると良いですね。
ちなみに、冬芽と葉痕はかなり、小さいですよ。

bigtreeさんちの方は、タラの芽が見られそうで
それもまた、良いじゃないですか。
もっといいものもありそうですし。

いいもの いっぱい♪見つけてくださいね。
Posted by はもよう at 2006年02月13日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。