2009年10月12日

柚香菊と野紺菊

今日は体育の日。子どもたちはまだ連休中。でも、テストが近いので勉強も
しなければならず、そんなにのんびりはしていられません。
私の方は、今日もまた、公園で健康ウォーキング。そろそろ写真に撮るものも無くなり、
めいいっぱい汗かいて歩いてきました。がんばれ、私。p(^へ^;)

さてさて、10/9に隣町まで行ってきたときの写真、今日は野菊を2種、お楽しみ
頂きましょうか。

09_1012_yuga_giku1.jpg

清楚な白い野菊、ユウガギク(柚香菊)です。






9/15の記事の中でもご紹介した 夏から咲いてる野菊ですが、

2009/ 9/15付 「秋の花、さらに」

良く刈られる菊でもあります。

今回は、「北向きの斜面」のてっぺん、見晴台の近くで撮ってきました。

09_1012_yuga_giku2.jpg

虫さんたちに人気の花で、この時もシジミチョウさんがお食事中でした。おいし〜い?
しっかり開いた白い花びら(舌状花)、羽状に裂ける葉…が目印なのですが、

09_1012_yuga_giku3.jpg

ここの葉は、あんまり裂けてませんねぇ。

もうひとつのポイントはお花の裏っかわのガク(萼)、図鑑の言葉では「総苞:そうぼう」。
ここはいろんな野菊の見わけポイントになるので忘れずチェックしたいところです。

ユウガギクのポイントはお椀のような形と、総苞片が反り返っているところ。

09_1012_yuga_giku4.jpg

お花の後は綿毛の目立たない実になります。
つぶすと柚の香りがするそうですが…、私には感じられませんでした。

優しい姿のユウガギク、花期は7〜10月です。




もう一種類の野菊は、ノコンギク。これは、毎年見ている道ばたの株です。
そろそろ工事が始まって、いつ、刈られてもおかしくない そんな道ばたに咲いてます。
いつまで見られるでしょう。ドキドキ

09_1012_nokon_giku1.jpg

野菊らしい野菊ですよね。少しずつ開発が進み、街がだんだん賑やかになると同時に、
近所から、だんだん、こういう花が無くなっていくんですよ。寂しいなぁ。
残しておいて欲しいんだけどなぁ。



はい、毎年確認していますが、ノコンギクの見わけポイントです。
まずはガク(萼)っぽいところ「総苞:そうぼう」、この部分がほっそりしていること。

09_1012_nokon_giku2.jpg

よくよく見ると、花びら(舌状花)の付け根近くに、タネになったときに目立つ綿毛(冠毛)が
準備されていること。(白い矢印)



それからお花の付き方ですが、茎の先が枝分かれして、たくさんのお花が一度に付くところ。

09_1012_nokon_giku3.jpg

これは遠くからでも解りやすい特徴ですので、覚えておくと役に立ちます。



今回、葉っぱの写真は撮ってきませんでしたが、ノコンギクの葉は表面に毛があって
触るとザラザラしていて、艶がないところも特徴のひとつです。
写真に撮ると白っぽく写っちゃいます。
形は、お花屋さんで見かける菊の葉とは違って あんまり特徴のない広被針形ですよ。



キク科のお花の多くは小さな花の集合体で、全部まとめて頭花と呼ばれます。
ユウガギクもノコンギクも、真ん中の黄色いところが筒の形で筒状花、周囲の花びらの
一枚一枚が ひとつの舌状花になっています。

09_1012_nokon_giku4.jpg

お花にぐっと近づいてみると、中央の黄色いところもひとつずつお花の形に開いているのが
解ったりします。

ノコンギクのお花の色は株によって変化が多いのですが、どちらかと言えば野のお花は、
白かと思うほど淡い紫色が多い…という印象です。
色が濃くて花付きがよいものは選抜されて園芸種のコンギク(紺菊)になるそうだから、
そんなものかな。(^v^)



野菊が続々…秋だなぁ。
ただね、今年は野菊の姿が少ないんです。今回、写真を撮った場所以外の野菊の花…
咲いてくれるかなぁ? ちょっと気がかりです。また、後で見に行ってみますね。

さて、10/9に 隣町で撮ってきた写真、次回は木の実を中心にご紹介します。




10/9の訪問
2009/10/10付 「アキノノゲシ みつけた」
2009/10/11付 「秋色深まる北向きの斜面」

9/30の訪問
2009/10/ 2付 「雨の日、隣町で 1」
2009/10/ 4付 「雨の日、隣町で 2」






ブログ内関連ページ:

去年のユウガギク
2008/10/22付 「隣町で咲くキク科の秋の花」 ユウガギク
2008/ 9/22付 「マメアサガオなど」 ユウガギク 
2008/ 7/ 6付 「烏柄杓と柚香菊」 ユウガギク
去年のノコンギク
2008/10/13付 「秋に咲くキク科の花」 ノコンギク
おととしのノコンギク
2007/11/ 4付 「ノダケなど…」 ノコンギク
2007/10/ 8付 「今年最初のノコンギク」




野菊の見分け研究
2006/11/10付 「花だんの菊の花」 キク科キク属のお花
2006/11/ 9付 「ユウガギク」 ユウガギクとカントウヨメナ、実の比較
2006/11/ 7付 「カントウヨメナと?」 ユウガギク
2006/11/ 6付 「ノコンギクなど」 シラヤマギクも




posted by はもよう at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。