2009年10月04日

雨の日、隣町で 2

今日は時々、日が差したり、曇ったり、変わりやすいお天気でした。
娘はテスト直前、息子は学力テストと、日曜日と言ってものんびりしていられない日。
しかたないので私は、鉢植えの世話をしたり片付けをして過ごしました。

さて、今日の記事は9/30の 雨の日のおさんぽを紹介した二つ前の記事の続き。
前回は 公園へ行く途中の道で見た草の花、花の後の姿などをご紹介しましたが、
今回の記事は、隣町の公園に着いてから。

まずは、たくさん咲いていたヤマジノホトトギス。

09_1004_yamajino_h1.jpg

薄暗い谷の花だし、葉っぱが雨で濡れていて あんまりうまく写りませんでしたが、
たくさん咲いていたのが解って嬉しかったです。





久しぶりのおさんぽだったので、雨だったけれど、カッパを着込んで出掛けました。
カメラが濡れないように気をつけながら、お気に入りの観察スポットの雨の日の表情を
眺めてきました。

09_1004_yamajino_h2.jpg

今年、公園内ではたくさん咲いたようですが、北向きの斜面の方は 草刈り隊との
タイミングが合わなくて、
十分に伸びられなかったのか、背の低いお花しか見つかりませんでした。



公園内に他には、めぼしい草の花が咲いてなかったので、裏の北向きの斜面へ。
北向きの斜面には、ちょっと色あせた彼岸花が咲き残っていました。

09_1004_higanbana1.jpg

今年は、お花の盛りのうちに見に行かれなかったので、咲き残りでも会えて嬉しいです。
そうだ、雨の中だからおしべに止まった雨粒を撮ってみよう…と思いつきました。

カッパ着ているから、思いっきりしゃがみ込んでも背中が濡れません。
じっくり構えて じっくり取り組んで…こんな写真が撮れました。

09_1004_higanbana2.jpg

彼岸花のおしべって 長いですよねぇ。どうしてこんなに長いんでしょうねえ?



ふと目を上げたら、草むらのセセリたんと目が合ってしまいました。

09_1004_seseri_cho.jpg

可愛いなぁ。今日は雨だね。葉っぱの裏に隠れてなくて良いの?



次に見たのはたぶん、アキノキリンソウ。

09_1004_akino_kirinso.jpg

まだ、つぼみですけどねぇ。こんなにささやかだと、そうとは思えないけれど、
過去記事の中では 綺麗に咲いています。
この ↓ 記事と同じ株ですよ。

2006/10/23付 「アキノキリンソウ」

今年もそろそろ咲いているかな?



次に見かけたのはコミカンソウ。「北向きの斜面」では初めてです。

2005/ 9/11付 「コミカンソウ」 いつもおさんぽしている公園のコミカンソウ

09_1004_komikan_so1.jpg

よそのブログの写真を見て、茎が赤いなぁ、うちの近所の株はそんなに赤くないのにと
思ってはいたのですが、ここの株は茎が赤かったです。北向きで少し寒いからかな?

09_1004_komikan_so2.jpg

ちっちゃな茎を持ち上げて、更にちっちゃなミカンのような実を
撮りました。画面右→寄り、つぶつぶっとしたものがお花です。可愛いなぁ。

でも、とうとう、図鑑には熱帯出身の温室の雑草と書いてあった草が、
「北向きの斜面」にまで進出ですかぁ…。 温暖化…のせい?かなぁ。

今年の記事はこちら ↓
2009/ 9/ 9付 「コミカンソウ属2種」  



斜面の並びには、咲くのを楽しみにしていたけれど、刈られてしまったオトコエシが、
ど根性でもう一度復活していました。

2009/ 8/12付 「北向き斜面の白い花」 ←今年の花

09_1004_otokoesi.jpg

草刈り隊でなくても、花だけ切って持って行ってしまう人も居て…
ここのオトコエシは、毎年苦労しています。そうそう、ウドもお花のつぼみまでしか
見られませんでした。

また来年、簡単にはあきらめない雑草魂でチャンスをうかがいます。




カタクリの群生地を経由して 斜面を登る階段にはアキノタムラソウが、
可憐な姿を見せてくれていました。

2009/ 9/12付 「秋の花」 続々 ←今年の花

09_1004_akino_tamuraso.jpg

こちらも夏から咲いているお花ではありますが、今年は良い状態の時に会えなくて、
この日も終わりかけの小さなお花にしか会えませんでしたが、綺麗な紫色は健在でした。
もう少し…数が殖えたらいいのになぁ…。

可愛い「日本のサルビア」です。(「日本のサルビア」については ↓ 過去記事で)

2006/10/18付 「アキノタムラソウ」



斜面の頂上近くには、シラヤマギクの終わりかけのお花が、クズの葉のすきまから
のぞいていました。

09_1004_sirayama_g.jpg

中央の、黄色かった筒状花が もう茶色くなってます。無事に受粉は済んだのかな?
今度は綿毛になる頃に、会いに来られると良いなぁ。

2007/10/14付 「シラヤマギクとユウガギク」



斜面の一番上の展望台では、しじみ蝶がせっせと婚活してました。
ヤマトシジミで良いのかな? 

09_1004_yamato_s.jpg

青い色のオスが、精一杯羽ばたいて口説いてましたよ。黒っぽいメスの方も、
まんざらではなさそうでしたので…お邪魔にならないようにと退散いたしました。



草刈りの後、あんまり草もお花も増えていませんでしたが、何しろ久しぶりの
おさんぽです。とっても楽しくて充実していました。
後は、雨の中の撮影で、デジカメちゃんのご機嫌が悪くならないことを
祈るばかりです。(^^;)えへっ




ブログ内関連ページ:

ヤマジノホトトギス
2008/ 9/20付 「アキノノゲシなど」 去年の「北向きの斜面」の花
ヒガンバナ
2009/ 9/22付 「彼岸花、山路の杜鵑など」
アキノキリンソウ
2006/10/23付 「アキノキリンソウ」
コミカンソウ
2009/ 9/ 9付 「コミカンソウ属2種」
オトコエシ
2009/ 8/12付 「北向き斜面の白い花」 オトコエシ、シラヤマギク、ウドのつぼみなど
アキノタムラソウ
2009/ 9/12付 「秋の花」 続々 
2006/10/18付 「アキノタムラソウ」

2009/ 9/ 6付 「クズの天蓋
シラヤマギク
2007/10/14付 「シラヤマギクとユウガギク」


「北向きの斜面」の去年の花
2008/10/22付 「隣町で咲くキク科の秋の花」 シラヤマギク、アキノキリンソウ、ユウガギク、カントウヨメナ
2008/10/13付 「秋に咲くキク科の花」 ノコンギク、ダンドボロギク、セイタカアワダチソウ





posted by はもよう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。