2009年10月03日

ススキの花

朝、目を開けたら枕元の障子が開いていて、朝日に輝く羊雲が見えました。ゆうべ、いつ、
障子を開けたのか覚えて無いんですが…まぁ、それはさておき、目覚めとともにとっても
綺麗な景色が見られてラッキーでした。
そのまま、午前中はものすごく強い日差しだったので、一回目の洗濯が終了していたにも
かかわらず、家族全員のシーツとバスタオルを追加で洗濯機に放り込んでしまいました。

ハイ、オチはご想像通り、洗濯済んで干す頃には雲が広がり、あっという間に雨に…。
あぁ、ほんと、衝動的に動くものではありませんなぁ。明日からしばらく、お天気ぐずつく
そうです。(;o;)とほほ

今日は十五夜さんなので、ススキのお花をご紹介します。昨日の続きはまた明日。

09_1003_susuki1.jpg

これはいつもおさんぽしている公園にある、タカノハ(鷹の葉)ススキ。
今夜のお月見…お団子は用意したけれど、お月様のお出ましはどうかな?







タカノハススキの方が、穂を出すのは早かったんですよ。この写真を撮ったのは
9月の初めのことですから。

斑が入るのは園芸種で タカノハの他に、ヤハズ(矢筈)、トラフ(虎斑)、ヤハネ(矢羽)ススキ
とも呼ばれるそうです。古くから有る品種だそうですが、呼び名も何だか由緒正しそうですね。

web検索していたら、ホタルガヤ(蛍茅)と言う呼び名を紹介してくださる人もありました。
葉の模様を蛍の明滅する光に見立てたんですね。(^-^)

あ、カヤ(茅)というのも、ススキの別名です。

09_1003_susuki2.jpg

公園の大株。今年も元気そうです。ただ、この近所に咲いていたキキョウも赤花の
ゲンノショウコもなぜか無くなってしまいました。秋らしい絵になっていたのに残念です。



タカノハススキより少し遅れて、普通のススキも動き出しました。

09_1003_susuki3.jpg

9月の第2週、大きな茂みから、何か細いものがしゅっしゅっと伸びていて、目をひいたん
ですよね。なんだろな…、でも、逆光気味でシルエットにしか見えません。

ぐるっと回って 順光で見たら、ススキの穂の薄い茶色が見えました。

09_1003_susuki4.jpg

おはよう、ススキの穂、秋が来たんだね。

昔は、屋根をふいたり、家畜のえさになったり、人の暮らしに密接に関わっていましたが、
最近では、かやぶき(茅葺き)屋根も減りましたし、ススキを利用することもなくなりました。
お月見の時に 花屋さんで見かけるくらいかな?


夕日に染まるススキの原なんて、いかにも秋らしい風景ですが、本来、ススキの野原は
自然に任せておけば、木が生えて林になり、森になってしまう場所。
人の手で、年に一度焼いたり、刈ったりして、人工的に保ってきた場所なんですよね。

自然な野原ではなくて、ススキを育てる畑のような場所、かやば(茅場)っていうんですけど、
最近それが激減して、茅場を生活の場にしてきたいろんな生き物たちの数が減っている
そうです。

雑木林と同じで、ススキの野原にも、人の手が必要なんですね。
日本の人たちが自然を利用して生きてきた証、日本の文化でもありますよね。
子どもたちの時代にも、孫の時代にも、残っていて欲しいなぁ。



ススキの穂って赤いのも黄色いのもありますよね。で、意外と綺麗なんですよね。地味だけど。

09_1003_susuki5.jpg

秋の七草の一員だし、別名は「尾花」で、ちゃんとお花の字が入っているし。(^^*)
もっとよく見てあげねば。



あれから3週間。あちこちで穂が出て、お花が咲き始めました。
はい、これが、花盛りのススキの穂です。

09_1003_susuki6.jpg

おしべの黄色いヤク(葯)が飛び出して、風にゆらゆらしています。
穂が出てからお花が開くまで、結構、待たされちゃいましたが、これから咲いて、
綿毛みたいな実になります。

花盛りの穂を拡大すると…

09_1003_susuki7.jpg

この穂には、濃い赤い色でケバケバした めしべの柱頭と、黄色いおしべのヤク(葯)が
付いてます。



色の違う穂もありますよね。今度はそっちも撮ってみました。

09_1003_susuki8.jpg

ほら、白っぽいって言うか、黄色っぽいって言うか…そんな穂です。

そしたらね、面白いことが判りました。

09_1003_susuki9.jpg

こっちのめしべのケバケバ柱頭は白くて、おしべのヤク(葯)はオレンジ色で、後から
赤くなるみたいなんです。

色違いだねぇ。面白いなぁ。(^▽^)



今日は十五夜、お月様…顔見せてくれるかな?ススキさんもおいでおいでってお月様に
手招きしてよ。





ブログ内関連ページ:

穂になる草

2009/ 9/28付 「草の穂 キラキラ」
2009/ 7/21付 「ヒメガマ」
2009/ 3/11付 「ヒメカンスゲなど…」

2008/10/11付 「秋の穂になる草」 アゼガヤ?、コブナグサ、アシボソ?

2008/ 3/ 8付 「ヒメカンスゲ」
2008/ 1/ 8付 「秋の名残と春の兆し」 メリケンカルカヤの綿毛

2007/10/ 7付 「草の穂 いろいろ」 ススキ、イヌビエ?、カヤツリグサ?、ネズミノオ?、チカラシバ、カゼクサ、エノコログサの仲間
2007/ 9/23付 「お彼岸の頃の公園」 メリケンカルカヤの花

2007/ 6/30付 「チガヤ」 
2007/ 6/22付 「芝の花」 シバとギョウギシバ
2007/ 6/ 9付 「スズメノチャヒキ」 
2007/ 6/ 8付 「カモジグサ」 
2007/ 6/ 7付 「ネズミムギ」 
2007/ 6/ 6付 「カラスムギ」 
2007/ 6/ 5付 「ノゲイヌムギ」 

2006/ 3/18付 「ヒメカンスゲ」 

2005/10/26付 「メリケンカルカヤ」 
2005/10/ 6付 「ヒメクグ、ヒンジガヤツリ」 
2005/ 9/ 6付 「チヂミザサ」 




草の穂と水玉

2008/10/ 1付 「水玉さんぽ」
2007/ 9/24付 「霧雨の後」
2006/ 5/11付 「雨さんぽ」 
2005/10/ 6付 「雨続き」



posted by はもよう at 17:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タカノハススキというのは、この斑入り模様のススキをいうのでしょうか。
それなら、わが家も玄関前で育てています。
写真には撮りにくい位置関係なので、ブログにのせたことはありませんが、葉がとてもきれいですね。
Posted by ディック at 2009年10月04日 10:26
終了って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのコロン at 2009年10月04日 14:20
ディックさん、こんばんは。
はい、斑入りのススキが、タカノハススキです。
そう言えば、この写真じゃちょっと判りにくいですね。
失礼しました。(^^A)

あ、ディックさんのお宅にもあるんですね。
なかなか素敵な葉っぱのススキですよね。(^^*)
今回は私、あの模様を蛍の光にたとえるという発想が気に入りました。

あ、お月見は出来ましたか?(^▽^)ノ
Posted by はもよう at 2009年10月05日 00:54
こんばんは。

ススキの花、さすがはもようさんです。
細かい観察がすばらしいですね。
すすき花のエントリーは難しいです。
Posted by nakamura at 2009年10月05日 20:54
nakamuraさん、こんばんは。
はい、一度やってみようと思ってたんです、ススキの花の接写。
思った通り、面白い絵が撮れました。良かったです。(^v^*)
Posted by はもよう at 2009年10月05日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。