2009年10月01日

赤い実、青い実、黒い実

今日から10月ですね。早いなぁと思うと同時に、春のこととか思い出すと、ものすごく
昔のことに思えます。それなのに、HPの季節のごあいさつに、季節を先取りしちゃった
真っ赤なサクラの紅葉の写真でカードを作っちゃいました。
なんか、慌ただしさが募るなぁ。でも撮ったの昨日なんですよ。

さて、今日の記事も、昨日、隣町の公園と裏の北向きの斜面で撮った写真をご紹介。
雨の中カッパ着てまで 行きたかったおさんぽです。

09_1001_k_mokusei1.jpg

ウスギに続いて、キンモクセイも咲き出しました。良い香りです。



昨日は一日雨が降っていたので、香りの立ち方も控えめでした。

09_1001_k_mokusei2.jpg

でもね、見上げるとこんなにいっぱい咲いてます。
良い香りの モクセイ科モクセイ属の常緑小高木です。



隣町の公園をつっきって、谷を抜ける道に青い実が実っていました。
クマツヅラ科クサギ属の落葉小高木。

09_1001_kusagi.jpg

赤紫のガク(萼)に包まれた青い実。すごい配色ですよね。でも、この強いコントラストが、
きっと鳥さん達に、猛烈アピールしてきたんだろうなぁ。

この実からは、植物界では珍しい、青い染料がとれるそうです。



うちのそばにもあるけれど、隣町のノイバラの実も、そろそろ色付いてきました。

09_1001_noibara.jpg

まだまだ色付く途中です。完成形はもっと真っ赤になる予定。
バラ科バラ属の落葉低木、ノイバラです。



公園を抜けて、うっそうとした谷になっているところ。ここには、魅力的な植物が
たくさんあるのですが、なにぶん、昼なお暗いところです。しかもこの日は雨模様。
撮っても撮ってもぶれまくります。

09_1001_turibana1.jpg

細い枝にふたつずつ、向かい合わせに付いた葉っぱ。パカンと開いた赤い実。
ここにしかないツリバナ。うまく撮れないツリバナ。

09_1001_turibana2.jpg

もうちょっとうまく撮りたいなぁ。
UFOを思わせるような 可愛い実。パカッと開いてタネを出します。
ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木です。

2009/ 4/30付 「春から初夏へ 2」 ツリバナの花



同じ薄暗い谷に生えているのが、春まで落ちない落葉樹、ヤマコウバシ。
やっぱりブレブレです。(^^A)

09_1001_yamakobasi1.jpg

クスノキ科クロモジ属。春の芽吹きまで、枯れたままの葉が付いているのを、
春まで落ちない験担ぎにして「受験のお守り」として、売っている所が有るみたいです。

枝に直接付いていて、きゅっと立ち上がっているのが実です。黒く色付いてます。
熟すと辛いそうです。…まだ、お味見はしたこと無いですけど。(^^;)


09_1001_yamakobasi2.jpg

今度は、春の終わりに咲くお花を写真に撮りたいなぁ。

あ、その前にうちの子達の合格祈願をしなくっちゃ。(>人<)どおか、落ちませんように。

クスノキ科ですし、その名の通り葉っぱは 香りが良いんですよ。
雨で重くなって垂れ下がっていました。1枚…いや子ども2人分、2枚欲しいなぁ…と、
しばらくにらめっこしましたが、やっぱりむしれなくて写真を撮ってきました。
さぁ、毎日見て拝もう。←うそです。

2009/ 5/15 付 「アオハダなど」 若い実
2009/ 4/30付 「春から初夏へ 2」 新芽
2009/ 1/ 8付 「落ちない葉っぱ」 枯れ葉
2008/11/29付 「隣町の紅葉」 黄葉
2008/10/19付 「隣町の公園の木の実」 黒い実 



うっそうとした谷を抜けて、北向きの斜面へ。
こちらも、ツリバナと同じニシキギ科の落葉低木、翼のないニシキギ、コマユミの実。

09_1001_komayumi1.jpg

ほら、細い枝にふたつずつ向かい合わせの葉っぱ。
赤い実は、これから開いてタネを下げ…るんだけど、まだちょっとよく見えないかな?

09_1001_komayumi2.jpg

ちょっとブレ気味ですが、割れる直前の実です。

2009/ 4/30付 「春から初夏へ 2」 コマユミの花
2008/ 4/24付 「コマユミの花とニシキギ科の木」



最後はガマズミ。スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。
初夏の白い花は ↓ 過去記事で見られます。

今年、ちょっと早くないかなぁ…。ほら、こんなに真っ赤になって、昨日の雨に濡れて
光っています。美味しそう〜。

09_1001_gamazumi1.jpg

隣町の公園にあるこの木、数年前には虫がいっぱい付いちゃって、枯れちゃわないかと
心配した木なんです。

09_1001_gamazumi2.jpg

元気になったよなぁ…。ルビーがいっぱい有るみたい。う〜ん、ゴージャス。
葉っぱも少しずつ色付いて、秋らしい景色だなぁ。

2009/ 6/29付 「リョウブの花」 若い実
2009/ 5/17付 「ガマズミとスイカズラの花」
2008/ 5/26付 「ガマズミの花」
2007/ 2/24付 「街で見かけた冬芽」 冬芽
2008/11/ 9付 「黒い実、赤い実」



今日はちょっぴり日が差しました。明日からお天気ぐずつきそうな予報なので、
お洗濯とアイロンかけ、いっぱい頑張りました。ちょっとくたびれちゃった。(^^*)
それから、ここのところのばたばたが少し落ち着いたので、旦那さんと2人でラーメン
食べに行ってきました。美味しかった ♪  また、明日から頑張ろう。p(^v^)





posted by はもよう at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キンモクセイ、みなさんのブログで拝見しますが、隣の父の家の大きな株、近所の駐車場の中くらいの株、馬の博物館庭園の木、どれもひとつとして花を咲かせている木がありません。
馬の博物館にはギンモクセイもありますが、目を皿のようにして捜せば、「ああ、咲いてはいるんだ」と気がつく程度にぱらっと咲いています。
どうなっているんだろう、と不思議に思っています。
Posted by ディック at 2009年10月04日 10:31
ディックさん、こんばんは。
あら?そちらではキンモクセイのお花、まだ開いていませんか?
本当に、どうしたんでしょう?(''?)

我が家の近所ではそろそろ散り出しましたよ。
ただ、今年は、盛りの日に雨が降ってしまったためか、
あまり 香りを感じませんでしたが…。
Posted by はもよう at 2009年10月05日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。