2009年09月15日

秋の花、さらに

今日は、午前中小雨もぱらつき、一日中どんよりとして、薄暗く涼しい一日でした。
たま〜に、思い出したようにセミの声がすると、びっくりしちゃうほど、気分は
すっかり 秋ふかし。20℃を行ったり来たりの彼岸前とは思えない気温でした。
大丈夫! 明日はきっとまた、残暑が戻りますよ。

さて、この間、「秋の花 続々」と言う記事を書いたときに、あまりに
花らしい花が少なかったので、今回はちゃんと お花に見える(笑)お花を
ご紹介します。

09_0915_yugagiku.jpg

まずは、夏のうちから咲きたかったのに、今年は草刈り隊と出会うタイミングが悪くて
秋になってやっと咲くことが出来たユウガギク(柚香菊)。ちょっと遠くで咲いてます。







夏のうちから咲いていたと言えば ヌスビトハギもずいぶん早くから咲いていました。

09_0915_nusubitohagi1.jpg

最近、「北向きの斜面」に行ってないのですが、たぶんもう、盗人の忍び足姿の
実も出来ている頃ですね。

細い穂に咲くマメ科の花で、 目を近づけてよくよく見れば、なかなかの美形です。

09_0915_nusubitohagi2.jpg

マメ科らしい、3枚ひと組の 菱形の葉っぱ。ミズヒキと細さ比べが出来そうなお花の穂。

09_0915_nusubitohagi3.jpg

秋の風情たっぷりの野の花です。




マメ科の花が続きます。次はメドハギ。
ハイメドハギは何度もご紹介しましたが、メドハギはちょっと少ないんです。

うちの近所のメドキハギは、あっという間に草刈りされてしまうので、
お花をたくさん付けた姿を見せてもらうことが出来ません。ほとんど閉鎖花のままで、
大急ぎでタネを散らします。

09_0915_medohagi1.jpg

根元から立ち上がるまっすぐな茎。占いの筮竹の前身ですからね、この茎。

短い柄のある3枚ひと組の葉っぱは かなり長細い 長楕円形。
色は黄色みの少ない緑で、しばしば真っ白く粉を吹いています。
うどん粉病にかかりやすいのかもしれませんが…。

立ち上がった茎は高さ50cmくらいのところで枝分かれして、自分の重さで弓なりに
しない、風に揺れています。こんな図体だから、公園の端っこに生えてきても、
あっという間に刈られちゃうので、この先の姿はなかなか見られません。

図体は大きくても、お花はちっちゃいです。ほら、↑ 白い矢印の所の小さな点がお花です。

拡大すれば、ちゃんとマメ科らしい蝶型花。白地に赤紫のワンポイントです。

09_0915_medohagi2.jpg

切られても切られても、毎年同じ場所に生えてくるし、少しずつ数も殖えてるし…
なにげにしぶといメドハギです。(^v^)

あ、花付きの悪さは、ここの株だけのもので、メドハギなら全部この調子という
訳ではありません。たくさんお花が付く株も見てみたいんですけれど、私の身近には
まだこれしか見あたらないので、これで我慢です。(^^;)



それから…大豆の先祖ともいわれているツルマメも花が咲き始めました。

09_0915_turumame1.jpg

3枚で一組の葉っぱは細長い 狭卵形から被針形。
こちらもお花はちっちゃいです。判ります? 白い矢印 ↑ の所にひとつ咲いてますよ。

これじゃなんなので、ぐぐっと近づいて撮った写真もご紹介。
はい、これ ↓ がツルマメ、別名はノマメ(野豆)。

09_0915_turumame2.jpg

開けた野原が好きなピンクのお花、毛深いさや、枝豆のミニチュアみたいなお豆が下がる
野の豆です。

2008/10/ 9付 「野の豆と瓜とムカゴ」 青い豆のさや メドハギも



それに対して、ちょっと日陰好きなヤブの中には こちらのヤブマメ。
お花はまだで、3枚一組の葉っぱはクズの葉を小さくしたような 菱形っぽい広卵形。

09_0915_yabumame.jpg

お花は、青みの強い紫のワンポイントが付いた白い花。ツルマメよりは、一回りくらい
大きめのお花が咲きますが、まだ、ちょっと準備中の模様です。
葉っぱだけでも、綺麗だったのでご紹介。 楚々とした美人のお花。今すぐ見たい方は
過去記事をどうぞ。

2008/ 9/30付 「ヤブマメと雀瓜」




最後はつぼみです。春のノアザミから、夏のお山のいろんなアザミを経て、
秋に咲くのはノハラアザミ。

09_0915_nohara_azami.jpg

こちらも草刈りされちゃって、せっかく夏に延ばした葉っぱは切られてしまいましたが、
一度引っ込めた首を 敵がいなくなったのを確かめてそろそろと伸ばすように、
つぼみを付けてお花の準備中です。可愛いお花と繊細な綿毛は 過去記事でも見られます。

2008/11/ 3付 「ノハラアザミの綿毛」




今日は9/15。ちょっと前なら敬老の日でしたね。おとしよりを大切にせねば…というより、
自分がお年寄りになったときのことが、時折、頭をよぎるようになりました。
出来るだけ健康で、子どもに世話かけないで済む年寄りになりたいものです。
うん、やっぱり、健康さんぽに行かなくちゃ。がんばれ、自分。(^^A)









ブログ内関連ページ:

2006/11/ 9付 「ユウガギク」
2008/10/22付 「隣町で咲くキク科の秋の花」 いろんな野菊と共に

2008/ 7/10付 「水引と盗人萩」 ミズヒキと細さ比べ
2006/10/ 2付 「ヌスビトハギなど」 そっくりさんアレチヌスビトハギとの比較

2009/ 8/30付 「マメ科の花たち」
2008/ 9/13付 「小さなマメ科の花」

2008/10/ 9付 「野の豆と瓜とムカゴ」 青い豆のさや メドハギも
2008/11/ 8付 「野生の豆のさや」 熟した豆

2005/ 9/18付 「ツルマメ」

2008/ 9/30付 「ヤブマメと雀瓜」
2005/ 8/29付 「ヤブマメ」

2008/11/ 3付 「ノハラアザミの綿毛」
2008/ 9/ 6付 「隣町の公園へ その2」



posted by はもよう at 18:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美しい秋の花々ですね。

敬老の日
健康第一ですね。ご老体を気遣いされないくらい、元気でいたいです。 そして不老。
Posted by 脱毛器 at 2009年09月16日 17:36
脱毛器さん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
はい、健康第一です。お体を大切になさって下さい。
Posted by はもよう at 2009年09月16日 23:06
こんばんは。

ヌスビトハギのマクロ撮影、うまいですね。
実を見れば名前がよく分かります。
メドハギ、庭に咲いて二年目ですが樹木のように感じますね(笑い)。
Posted by nakamura at 2009年09月17日 23:08
nakamuraさん、こんにちは。
お返事遅くなりました。

ヌスビトハギは、私が撮る小さい花の中では比較的大きい方でから
なんとか頑張りました。(^▽^)
実…の写真もどこかにあったのですが、見つからないのでそのうちに…(^^A)

nakamura邸の居候のメドハギは、立派でしたよね。
秋根深まって、お花の数が増えてないですか?(^o^)
Posted by はもよう at 2009年09月20日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。