2009年09月05日

ツルボの咲き方

ぐずついた日が続きましたが、今日は朝から秋らしい晴天になりました。
今日と明日は、あちらこちらの高校で文化祭が行われます。

昔ほど、準備に時間がかけられなくて、だだのお祭りになっちゃっていますが、
高校生たちが楽しみにしてきた日です。雨だけは降って欲しくなかったので
ほっとしました。
娘はクラスのみんなとクレープ屋さんを出店する予定で、息子は志望高候補の学校を
見学しに行く予定です。楽しい週末になりますように。(^v^)

さて、記事の方は我が家の鉢植えのこと。秋になり、鉢植えのツルボが顔を出したので、
2度目の芽吹きからお花が咲くまでを追ってみました。

09_0905_turubo01.jpg

ツルボは、春先に葉を出して栄養を集めたら、真夏にはいったん葉を枯らして夏眠し、
秋になるとつぼみと共に再度、葉を出して光合成をする…というライフスタイルをとる
ユリ科の多年草です。







8/23、2005年から育てているツルボが、今年も2度目の芽吹きをしました。

09_0905_turubo02.jpg

じつは、直前に植え替えをしたんですよ。
ここのところ鉢が増え過ぎちゃったので、球根植物は掘り返してちょっとの間お休みにしようか
なんて思って、ノビルとミニ水仙は掘り上げたんです。
でも、ノビルの鉢は、ひっくり返してみたらもう根っこがたくさん出ていたので、今年の秋の
お花は見せてもらうことにしました。



ただ、そのときに驚いたのが、鉢の中の 球根の位置 だったんですよね。
タネを蒔いてから一度も掘りあげていないので知りませんでしたが、球根が鉢の一番下に
あったんです。
潜って潜って、もうこれ以上は潜れない鉢の一番そこに貼り付いて、根っこを伸ばしていました。
その深さ10cmほど。1cm程度の球根にしてはずいぶん深いと思いますよ。

前々から、芽吹くときの葉っぱの、土を持ち上げるような力強さに気づいては居たのですが、
あれも、土の奥深いところから 葉っぱを伸ばしてきたのなら、それだけの土の中を
突き進んできた葉と言うことで 納得がいきますし、
最初赤いのも、長く土の中を進んできたせいかな?なんていう風にも思えます。


深いところが好きだったのかな? カタクリも自分で潜るって図鑑に書いてあったし…。

09_0905_turubo03.jpg

それではと、もう少し深い鉢に植え替えました。
よく解らないかもしれませんが、前は茶色の鉢と同じくらいの深さの鉢でした。
それを白い鉢に植え替えたんです。実寸で5cmくらい深くなりました。
これで、また、休眠に入ったら、球根がどこにあるのか見てみたいと思います。




8/24、芽だけだったのが、つぼみも付いていたのが解るようになりました。

09_0905_turubo04.jpg

日に日に大きくなって…。

09_0905_turubo05.jpg



8/29には、ひょろ〜んと背が高くなりました。

09_0905_turubo06.jpg

そう、この鉢が置いてある場所は、真夏の日差しはあまり当たらないんです。
精一杯、日の当たるところへ置いているのですが、まだ足りなそう。
明るい方へ茎が傾いていくのが、気の毒なくらいです。苦労かけるねぇ。(^^A)



さて、月が変わって 9/1!
ひょろひょろのツルボ、最初の3本の足元(黄色い矢印)に…

09_0905_turubo07.jpg

更にまた3本 ↓ 芽吹きましたっ! 
つぼみをもっているのが1株、2株は葉っぱだけのようです。

09_0905_turubo08.jpg

やったぁ。


それからひょろひょろ3本のつぼみ、下の方から紫色になってきました。

09_0905_turubo09.jpg

花はまばらにしか咲かなそうですが、去年はひと株しか咲かなかったところ、
今年は4株咲いちゃうかもしれないんですよ。うひゃぁ、楽しみだなぁ。


で、とうとう今日9/5、お花が咲きました。相変わらずひょろひょろですが。(^^A)

09_0905_turubo10.jpg

朝見たら、1つめのお花が咲き始めていました。

09_0905_turubo11.jpg

お花の穂も2cmくらいの小さいものです。
道ばたや公園で見かけるあの一人前の穂になるには、何年くらいかかるんでしょうね。


時間を追ってお花の開く様子を記録してみました。

09_0905_turubo12.jpg

朝、見たときにはまだつぼみだけだったのに、時間が経つにつれどんどん開いて、
一日で2つの穂に6個のお花が咲きました。

お花が開くつぼみは、少し外側に開くんですね。可愛かったです。



ちっちゃい方の花の穂 ↓ にも、

09_0905_turubo13.jpg

おっきい方の花の穂 ↓ にも、まだまだつぼみが付いています。

09_0905_turubo14.jpg

一番ちっちゃいつぼみ ↓ も、きっと咲いてくれるはず。

09_0905_turubo15.jpg

日差しが十分には当たらなくて、ひょろひょろのツルボですが、今年も咲いてくれて嬉しいです。
頑張れうちの鉢植えのツルボ。私もお世話、頑張ります。p(^^)q








ブログ内関連ページ:
鉢植えのツルボ
2009/ 4/ 4付 「鉢の芽 続々」

2008/ 9/24付 「ゲンノショウコ 開花」 去年の花
2008/ 9/ 7付 「実生のツルボ開花」
2008/ 8/28付 「ツルボのつぼみ」

2007/ 9/ 8付 「スズメウリの一番花」 葉っぱだけの頃
2007/ 3/ 5付 「鉢の中の芽」

2006/ 4/12付 「我が家の鉢植えたちの今…。」 芽吹きたてのひょろひょろ
2005/11/20付 「みのり いろいろ(道ばたの花のその後)」

道ばたのツルボ
2009/ 8/29付 「ツルボとワルナスビ」 近所の道ばたや公園のツルボ
2009/ 4/ 1付 「期間限定の葉」
2008/ 9/ 5付 「隣町の公園へ その1」
2007/ 9/14付 「つぼみ いろいろ」



時々(勝手に)お世話になる e-薬草.comさんの記事。↓
「ツルボ」



posted by はもよう at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

お〜、この記録は保存版ですね。
自分で育てると、これができます!ね〜(笑い)。
Posted by nakamura at 2009年09月06日 13:59
おはようございます。
この記事を拝見してて我が子の成長を見守るお母さんの気持ちになってしまいました。
ツルボがどんどん愛おしく思えてきて次にツルボを目にする時は今までとはまた違った気持ちで眺めそうです^^
Posted by zei at 2009年09月07日 07:48
nakamuraさん、こんばんは。
はい、こういうところが見たくて育てているようなものですから。

それにしても、ツルボが大きくなるのにも、
ずいぶん時間がかかるものですねぇ。(^^*)
Posted by はもよう at 2009年09月08日 22:58
zeiさん、こんばんは。

あはは…、お母さんですか?
いやぁ、人間の子どもは(^▽^)もっと面白いですよ。
いつか実感していただけると良いのですが…。(^m^)うふふ

まぁ、今度、道ばたでツルボを見かけたときには、かなり地面の奥深くから
伸ばしてきた芽なんだなと思ってみていただけたら、
ツルボも少しは報われるかも?…しれません。
Posted by はもよう at 2009年09月08日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。