2009年09月03日

鳴いてるカネタタキ

今日も、雲が多め、気温が低めの一日でした。それでも雨が降ることはなく、一瞬ですが
日もさしました。気温も、若干上昇気味です。

週末は娘の高校の文化祭。娘にとっては今年が最後の文化祭です。雨だけは降らないで
欲しいものです。

さて、今日の記事は、我が家の密かなペット(?)カネタタキくんが、鳴いているところを
とうとう写真に撮ったよ!というお話です。

09_0903_nobudo1.jpg

あ、でも、上の写真はノブドウです。実が色付きました。アリさんと蜂さんのおかげです。




じつは、我が家の鉢植えでは毎年、地味めの秋の虫 カネタタキが鳴くんですよ。

2008/10/26付 「秋の虫たち」

最初はなんの音か分かりませんでした。金属的な、甲高くて小さな音が、夜になると 
どこからともなく聞こえてくるので、なんだろうなぁ?と思っていたんです。

毎年聞くうちに、虫の音と気づいて、それからカネタタキらしいと言うところに落ち着くまでに
だいぶ時間がかかりました。見当が付いてしまえば、鉢を動かしたときや、家に紛れ込んできた
ときにも それと分かりましたし、写真も撮れました。

09_0903_gagaimo.jpg (ガガイモ)

上の過去記事には、家に紛れ込んできたのや、公園で見かけた雌の写真と、
雄の幼虫の写真は、載っています。でも、夜鳴く虫です。
暗いし、小さいし、雄の成虫が鳴いているところは、とうてい写真には撮れまいと 
あきらめていました。

でも、夜鳴く虫も涼しくなると、昼間でも鳴くようになるんですよね。
で、ある日、鳴いているのに気づきまして…一日中、気をつけていたんですよ。
時々、ちらちら 鉢植えの方を見たりして…。



そうしたら8/29のこと、とうとう、カラーの茎で 動く虫を発見です。
↓ 下の写真の真ん中ですよ、分かります?

09_0903_kanetataki1.jpg

たぶん、羽をこすりあわせているのでしょう。鳴き声と同じタイミングで動いています。

はい、アップです。

09_0903_kanetataki2.jpg

下を向いていました。チョッキを着ているようにも見える短い羽を立てて、チッチッと
鳴いています。
この甲高い声が、鐘を叩いているようだと言われて「カネタタキ」と呼ばれます。
地味だし、あんまり人目には付かない虫です。

09_0903_kanetataki3.jpg

同じ写真の少し拡大版


しばらく鳴いて、変な人間がちょっかい出すので 落ち着かなくなったのか、
カラーの茎を登って 姿を消してしまいました。(^m^)えへへ。

その後も、毎日のように鳴いています。
昨夜は雄2匹で競い合っていました。競争すると鳴き方が少し複雑になりますね。
うまく表現できませんが、すごい技を出しあっているのかななんて勝手に想像していました。

今年もお嫁さんを見つけて、卵をたくさん残していって欲しいです。
来年も、再来年も、小さくて可愛い声を聞きたいので。がんばれ、カネタタキ。




1枚目の写真のノブドウもついでに載せておきます。
今年も 第一陣が色付き出しましたが、やっぱり色が薄くて、変化が早いです。

09_0903_nobudo2.jpg

8/23には見られた赤みのさしていた実が…

09_0903_nobudo3.jpg

8/25には、ほぼ無くなっていました。赤っぽい色合いから青っぽい色合いへと変化して、
最後には透明感のある白い色の実になってしまいます。

2006/ 8/25付 「色付くノブドウ」

私としては、綺麗な色が長続きしなくて残念なのですが、ノブドウの実が白くなると、
鳥さん達が飛んで来て、ヒヨドリなどは まる飲みにしていきます。
鳥さん達は、白くなるのを待っているんですよね。  ま、しかたないか。(^^;)
たくさん蒔いてもらおうっかな。



今年は、ノブドウの葉をつづり合わせて住み着いた 芋虫ちゃんがいたんですよ。
なんの子か判明する前に姿が見え無くなっちゃいましたが…誰だったのかなぁ???

見ます?
こんな巣で…

こんな子です。

これが、ヤマノイモの葉だったら、ダイミョウセセリの子か?と喜ぶところですが、
ノブドウの葉だと…誰になるのかしら? 長さはたぶん2〜3cmくらいの小さな芋虫でした。
セセリの子にしては 細過ぎかもしれないですねぇ。
もっと良く見ようと思っていたのですが、3日後には居なくなっちゃってました。残念。



鉢がいくつか置いてあるだけの場所なんですけれど、いろんな虫が来てくれて嬉しいです。
今度は誰に会えるかな?(''?)




posted by はもよう at 23:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノブドウがちらちらと目に付くようになりました。これからいろいろと色の変化が楽しめるなあ、というところでしょうか。
帰宅時に根岸外人墓地の横を通ると、虫の声のすごいこと! その中で、カネタタキも何匹か聞き分けられます。
自宅で静かにしているとき、「あ、カネタタキがどこかで鳴いている」という場合が多かったのですが、最近はあまり聞きません。
鳴いているところを見たのは、この写真が初めてです。
Posted by ディック at 2009年09月04日 11:35
ディックさん、おはようございます。
あら、うちの方、今年はノブドウの色づきがゆっくりめですよ。
秋はまだ始まったばかりだから、急ぐことはないんですけどね。

あぁ、夜の草むらは、今、すごくにぎやかですよね。
あ、でも、カネタタキの音、ご存じですか?それは良かった。(^^*)
今朝の天声人語にも登場してました。タイムリーだったかしら。(^−^)

カネタタキ自体は夕べも鳴いていましたが、
羽を立てて鳴いている姿を見たのは私も初めてです。
他の音が聞こえなくなるほど元気に鳴くのも良いけれど、
聞こえるか聞こえないかの 微かな虫の声に耳を傾けるのも、
良いものですよね。(^^*)
Posted by はもよう at 2009年09月05日 11:08
こんにちは♪
カネタタキの鳴くところ、激写ですね!(^^)!
カネタタキって明るい時も鳴くんですか?
知りませんでした。
わが家では、夜、アオマツムシのリーリーリーに打ち消されそうになりながら、はかなく鳴いています。
今年は虫が少ないように感じています。
鳴く虫の声が少ないような気がしますが。
Posted by 夏子 at 2009年09月05日 12:35
追加です!!

今、カネタタキ、庭で鳴いてます!
そうかあ、昼も鳴いてるのに気がつかなかっただけですね(^_^;)
ありがとうございました(*^_^*)
Posted by 夏子 at 2009年09月05日 12:38
夏子さん、こんにちは。(^▽^)ノ

あぁ、うちの方でもアオマツムシも鳴いてます。
あれは声がでかすぎて趣が足りないですよね。(^^;)

はい、カネタタキは涼しくなれば昼間でも鳴きますよ。
なにせ、我が家の密かなペットですからねぇ〜。
つぶさないようにするの 大変なんすから。(^^A)

あら、今年は鳴く虫少ないですか?
気温が下がってきたら、また少し、殖えてくるんじゃないですかねぇ。
違うか?

Posted by はもよう at 2009年09月05日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。