2009年09月01日

秋の1日目

今日から9月、暦…じゃなくてカレンダーの上でも秋になりました。学校も始まりました。
秋の1日目、うちの方は台風一過の 乾いた晴天でした。

午後からは曇って、明日から数日ぐずつくって、天気予報では言ってましたが、まぁ、一日
良いお天気でしたよ。バスタオルとかお布団とか、いろいろ干してさっぱりしました。

今日は行かれなかったけれど、この間のおさんぽで見かけた秋の気配。
公園をお散歩するように見ていきましょうか…ご一緒に。

09_0901_hanamizki1.jpg

まずは公園の入り口の広場。一足早く色付いた葉っぱはハナミズキ。




赤い葉っぱの付け根に青い実が付いています。

09_0901_hanamizki2.jpg

葉っぱよりも先に、実が赤くなる方が多いけれど、この枝は葉っぱの方が先でした。
春の白い花、秋の赤い実。公園でも街路樹でも、庭木としても人気の高い木ですね。



夏の盛りから赤かったのはエノキの実。

09_0901_enoki.jpg

葉っぱを食べる虫、実を食べる鳥…いろんな生き物を養う、母のような豊かな木です。


エノキのそっくりさんと言われるムクノキは、今こんな風。
似ているってよく言われるけれど、ムクノキの葉っぱの方が一枚一枚が大きくなりがち。

09_0901_mukunoki1.jpg

しかも、落ちた葉にひと触れすれば すぐに違いが解ります。
エノキの葉はすべすべしていますが、ムクノキの葉は紙ヤスリ並みにザラザラしています。

実は、エノキよりも一回り大きい実です。

09_0901_mukunoki2.jpg

実はまだ緑色。真っ黒に熟す頃には甘くて 人が食べても美味しくなります。



この前の記事で、コナラとクヌギの ドングリ付きの小枝をご紹介しましたが、あのとき、
そう言えば、カシ(樫)どんぐりの小枝は落ちていないなと思いました。
どんぐりに卵を産んで枝ごと切り落とす虫…キョッキリの仲間は、カシの木には付かないの?そんなこと無いよね。あれれ?

そしたらね、見つけちゃいました。ドングリが付いたカシ(樫)の小枝が落ちているのを…。
この前見たときのカシ(樫)どんぐりの大きさでは物足りなかったみたい。
今度はたくさん落ちていました。

ちなみに…葉っぱの縁のギザギザに少しばかり、アラカシらしさのかいま見える…
シラカシかなぁ?この葉っぱ。

09_0901_sirakasi1.jpg

まあるく置いて撮ったら、解りにくいかな?

ひとつ ↓ だけ取り出してみました。

09_0901_sirakasi2.jpg

はい、↑ これがひと枝分です。カシ(樫)どんぐりってひとつひとつが丸っこいですねぇ。
かわいいなぁ。
そして、枝先に、結構まとまって付くんですね。

09_0901_sirakasi3.jpg

カシ(樫)どんぐりの特徴は、輪っかを重ねたようなのしましまのはかま(殻斗)。
コナラどんぐりとの違いにもご注目下さいね。(^^*)



公園をぐるっと回って、また、別のエリアへ。
ふわっと香る、美味しい匂い。甘い香りのその正体は…
香づる木、カツラ(桂)です。丸っこいハートの葉っぱが可愛い木です。

09_0901_katura.jpg

芽吹く前に咲く紅い花、明るいグリーンの葉っぱ、そしてこれからはレモンイエローの黄葉と
お砂糖を焦がしたような甘い香りの落ち葉が楽しみです。



台風直前に流れ込んだ冷たい空気のおかげで、セミの声がめっきり少なくなりました。
これは、メタセコイアの枝に並んだセミの抜け殻。

09_0901_metasequoia.jpg

行列 作らなきゃならないほどの羽化ラッシュだったのは、つい半月ほど前だったろうに…。
季節の進みは容赦ないですねぇ。



暑さ、寒さも彼岸まで。
厳しいけれど、賑やかな季節が通り過ぎて、過ごしやすく穏やかな季節がやって来ます。
木の実 草の実が熟すのに負けないように、人の暮らしも充実させて行かなくちゃ。

いろいろあるけれど、頑張りましょう。(^O^)ノ



ブログ内関連ページ:
紅葉
2008/10/30付 「こずえ見上げて…」 エノキ、カツラの黄葉
2006/11/ 1付 「紅葉さんぽ」 エノキ、ムクノキ、カツラの黄葉

ハナミズキ
基本情報
HP>おなじみの木>町の木>「ハナミズキについて」

エノキ
基本情報
HP>おなじみの木>山の木>「エノキについて」

ムクノキ
基本情報
HP>おなじみの木>山の木>「ムクノキについて」

カシどんぐり
2009/ 8/27付 「今年のどんぐり(8月編)」
2008/11/15付 「常緑樹のどんぐり」
2007/10/ 6付 「木の実 準備中(10月の1)」
2008/ 5/23付 「アラカシとシラカシの花」
2005/10/16付 「シラカシの葉」
2005/10/15付 「アラカシの葉」

カツラ
2009/ 3/30付 「公園の春、経過報告」 今年のめばなと芽吹き
2009/ 3/22付 「カツラの花」 今年のおばな
2008/11/20付 「秋の彩り」 去年の黄葉
2007/11/15付 「カツラの黄葉」
2006/ 3/31付 「木に咲く赤い花 その2」

2005/10/3付 「キンモクセイとカツラと「桂」」 基本情報

メタセコイア
基本情報
HP>おなじみの木>町の木>「メタセコイアについて」
20098/11/27付 「メタとラク」 去年の紅葉




posted by はもよう at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドングリとドングリのなる木は、コナラ、ミズナラ、マテバシイ、スダジイまでは、なんとか見分けがつくようになりましたが、そこから先へ進めないでおります。
アラカシとかシラカシとか、わかるようになりたいのですが…。
Posted by ディック at 2009年09月04日 11:42
ディックさん、おはようございます。
ああ、アラカシとシラカシは…過去記事の通りの特徴ですが、
両方の性質を併せ持つ個体が殖えたため、
見分けがちょっとばかり ややこしくなっています。

出来れば、典型的なシラカシなり、アラカシの写真を頭に、
あちこちの樫の木を見ていただけたらなと思います。

葉の形はシラカシで鋸歯はアラカシ…とか、アラカシ度50%とか…、
細かく評価しつつ見ていただければ よろしいかと…。←難しい?
Posted by はもよう at 2009年09月05日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。