2006年02月01日

セイヨウヒイラギナンテン

今日から2月ですね。関東地方にも、雪が降って以来のお湿りが有りました。
本格的な雨でカラカラ天気もひと休みです、今日の我が家の方。
相変わらず、いろんな用事で、家を出たり入ったりしてはいるものの、
いっこうにおさんぽには行かれそうもありません。

そんな中、おーちゃんさんのブログ「横浜のほほん」の1/31付の記事で、
西洋柊南天と言う名前の花を知りました。

06_0201_s_h_nanten1.jpg



実はこの花、この冬、近所で見かけていたんですよ。

もともと、このあたりでは、公園やマンションの入り口などに
「ヒイラギナンテン」という丈の低い 常緑の木が良く植えられていて、
私にとっても、大変身近な木だったのです。
でも、つい先日、奇妙なヒイラギナンテンを見かけて不思議に思って居たんです。

他の木に比べ、妙に背が高くて、やけに花が派手。

06_0201_s_h_nanten2.jpg

しかも、他の木はまだつぼみが堅いというのに、一本だけ先に咲いていたんですよ。
変わった木だなぁと思っていたのですが、
変わっている…のじゃなくて、違う種類だったわけですね。



こちらがヒイラギナンテンの花です。

04_0311_hiinan.jpg  2004/3/11の日記より



花のアップじゃ解りませんが、ヒイラギナンテンの花は
葉の上に張り付くように 控えめに 花の穂を出します。
花が咲くときには 葉の陰にかくれがち。
上の写真を撮るのにも身をかがめて 苦労して撮ったものです。

てっぺんから噴水みたいに ドバーッと出すのは、セイヨウ…の特徴です。

06_0201_s_h_nanten3.jpg



株の高さも違います。
ヒイラギナンテンは 人の膝くらいから、精いっぱい育っても腰くらいまで、
背丈を超えることはありません。
日陰でも育つことから、庭木としても地味な存在です。

それに引き替え、セイヨウ…は普通に胸くらいまで育ち、
株のてっぺんから 黄色い花の穂を勢いよく広げます。
おーちゃんさんのブログで見せていただいた花は、人の背丈も超えそうな
背の高いものでした。



よそのお家の玄関の横に、並べて植えられていましたので写真に撮ってきました。

06_0201_s_h_nanten4.jpg

一目でこんなに違います。左の黄色いのがセイヨウヒイラギナンテンで、
右のモシャモシャした茂みがヒイラギナンテンです。
葉っぱの大きさも違いますね。



セイヨウ…がつかないほうの花はまだ、こんなに堅いつぼみです。

06_0201_h_nanten.jpg

今はピンク色ですけど、開くと黄色い花になるんですよ。



おーちゃんさんのブログに寄れば、
セイヨウヒイラギナンテンは
ヒイラギナンテンと台湾原産のロマリフォリアとの交配種だそうです。
西洋…じゃないじゃん。台湾じゃん。(−。−)ぼそっ。



花の名前を教えていただいたお礼にこの記事をTBします。
おーちゃんさん♪よろしくお願いします。(^^)


posted by はもよう at 22:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
似て非なるもの・・・、そんな感じですが、西洋がつくと派手で自己主張をする、まるで欧米の文化を思わせるような・・・チョと考えすぎでしょうか??
Posted by nakamura at 2006年02月01日 23:27
おはようございます。
TBありがとうございました。
花のアップの写真も入ってていねいな記事で流石です。
名前でお役にたてて嬉しいです。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年02月02日 07:11
nakamuraさん、こんにちは。

そうですね。名前にセイヨウ…と付いてしまうとどうしても、
そんなことを考えてしまいますよね。
でも、台湾産の花と掛け合わせてますし…(^^;)
そのへん、どぉなんでしょ。

似て非なるものは、適材適所と言うことで、仲良くご活躍いただきましょう。
どちらも庭木ですからね。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年02月02日 16:33
おーちゃんさん、こんにちは。
いやはや、また、教えていただきました。
変だな〜と思っていると、おーちゃんさんのブログに載るんですよねぇ。
ありがとうございました。(^^)

この花は、人様の玄関先の花でしたし、
この日は雨降りでしたので、あまり詳しく観察できませんでしたが、
とにかく、ものすごい 花のボリュームに圧倒されました。
ヒイラギナンテンは比較的地味な花ですから、その違いにはびっくりしましたよ。
比較的新しい園芸種なんでしょうか?

また、そちらへも伺いますね。よろしくお願いします。
Posted by はもよう at 2006年02月02日 16:38
★今朝、お隣のヒイラギ南天の蕾を撮ったばかりなので、おおおぉ、と拝見させていただきました。
オオモノがいてはったんですね。
地味なヒイラギ南天もこれで人気が出るかも知れませんね。
Posted by るな at 2006年02月02日 18:32
こんばんは、るなさん。

大物さんでしょ?
お花の少ないこの時期、ミモザも良いけど、
このセイヨウヒイラギナンテンの黄色い噴水が
花壇をにぎわすかもしれませんよ。

とにかく派手です。(^^;)

ヒイラギナンテンの方が花期が遅いから、
るなさんが撮ったつぼみが咲くのは一ヶ月後くらいですね。楽しみ♪
Posted by はもよう at 2006年02月02日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。