2009年08月10日

マルバルコウソウ

昨夜は相当降ったみたいですね。朝起きたときにもかなり強い雨が残っていました。
ニュースでもあちこちの被害のようすを伝えていて、寝ていたのが申し訳ないような
気がしました。お住まいのそば、崩れたり浸水したりしそうな場所はありませんか?
雨が止んでもすぐに安心とは行きませんし、台風も近づいています。ご注意下さい。

さて、前回記事にした「野生アサガオの名所」の フェンスいっぱいに咲いていた
小振りのアサガオよりも、更に小振りのお花が有りました。
特徴的なその花のかたち、ルコウソウです。しかも、葉っぱが丸いマルバルコウソウ。

09_0810_m_rukouso01.jpg

もちろん、お隣さんも分け隔て無く記事にしてしまいましょう。(^^*)


アサガオの仲間の中でも かなりの個性派、ルコウソウ(縷紅草)。涼しげな細い葉っぱに
紅色の小さな星形の花を付ける 園芸植物として 人気のつる草です。
でも、日本の気候にはあんまり合わないのかしら?何となく、はかなげに咲いてますよね。

ところがこの、マルバルコウソウの方は、やっかいな雑草に指定されちゃいそうな勢いで
あちこちで繁茂しています。

09_0810_m_rukouso02.jpg

もともとは、熱帯アメリカ原産のヒルガオ科サツマイモ属、一年生のつる性植物。

あ、図鑑によっては、まだは、webページによっては、マルバルコウという名前になっている
ところもあります。統一されていないのかな?

ルコウソウもマルバルコウソウも江戸時代から園芸植物として、日本でも栽培されてきた
そうです。
両者をかけ合わせ、羽衣ルコウソウ(紅葉葉ルコウソウ)と言う園芸種も作られたそうです。



お花は 朝から午前中いっぱいまで咲いている朝がた。この日はお日様が出ていないせいか、
あんまりちゃんと開いているお花が無くて 写真を撮るのに苦労しました。

09_0810_m_rukouso03.jpg

葉っぱの陰でそろそろお花を開こうかな?なんてしているお花…。
ルコウソウの花は紅色ですが、マルバルコウソウのお花はオレンジ色です。

09_0810_m_rukouso04.jpg

ぱあっと開いているお花は少なかったけれど、開くとこんな感じの5角形。
少し丸みがあるのがポイントです。

09_0810_m_rukouso05.jpg

咲く直前の 花びらを傘のようにたたんだ形も可愛かったけどねぇ。(^v^*)



ルコウソウ(縷紅草)の「縷」の字には 糸の意味があるそうですから、やっぱり葉っぱの細いのが
基本なんでしょうけれど、それじゃ、集める光の量が足りないのかな。

マルバの方は元気ですね。
マルバと言っても ここのフェンスのお隣さんマルバアサガオとは違って、ところどころが
とがってます。画面、白い矢印のところなど。
マルバアサガオやマルバアメリカアサガオの葉は、毛深いですが、マルバルコウソウの葉は
毛深くないです。
この記事の写真に写っている毛深い葉っぱは マルバアサガオの葉ですよ。

09_0810_m_rukouso06.jpg

それから実は、こんな風。
茎の先に2つ3つ一緒咲くので、実も2つ3つ一緒に下がります。

09_0810_m_rukouso07.jpg

形はなじみ深いアサガオの実の形に似ているけれど、垂れ下がるのがポイントです。



葉っぱは細い方が見た目は綺麗だけどなぁ…。でも、この葉っぱだから、
迷惑がられちゃうほど元気にはびこれるのかな?(’’?)
草むらに広がる元気なオレンジ色の星、マルバルコウソウ。お見知りおきを。





posted by はもよう at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。