2009年08月09日

野生の朝顔

夕飯の支度に忙しい 夜の8時ちょっと前、関東地方でちょっと大きめの地震がありましたよぉ。
被害が出るほどではなかったけれど、結構長い間 揺れてて怖かったぁ。

昨日(土曜日)の朝、少し早い時間におさんぽに出られたので、密かに 野生朝顔の名所と
呼んでいる場所へ写真を撮りに行ってきました。
いつもおさんぽしている公園を抜けて少し先へ行ったところ、大きな施設をぐるりと取り巻く
フェンスの一画に、野趣あふれる小振りの朝顔がひと群れ、毎年のように咲くんです。

09_0809_maruba_a01.jpg

図鑑を眺めているとどうやら、野生種の朝顔があるらしい…さてさて、どの朝顔かな?
いそいそ調べに行きました。
その昔、学校で育てたような朝顔を「日本アサガオ」とでも呼ばなきゃならないくらい、最近、
園芸店でも街中の花だんでも、アサガオのそっくりさんが増えましたよね。
中には本格的に咲くのが、秋から冬なんて言うのまで現れて、面食らっちゃったりしますよね。

その上、外国から入ってきて野生化しているアサガオとそのそっくりさんもあって、
アサガオ界(?)は賑やかさを増しています。

さて、↓このフェンスで色とりどりに咲いているのはなんて言う名前のお花かな?

09_0809_maruba_a02.jpg




調べる前に 基本情報をおさらいしておきましょう。

まず、アサガオはヒルガオ科サツマイモ属のつる性一年草。

もともと中国原産の薬用植物で日本には、タネ(牽牛子:けんごし)を下剤として利用するために
持ち込まれました。奈良時代に遣唐使が持ち帰ったと伝えられているそうです。


ちなみに「朝顔」って言う言葉は、この花が持ち込まれる前からあって、
朝、見かける綺麗な花という程度の意味で、特別な花を指す言葉じゃなかったそうです。
キキョウでも良いし、ムクゲでも良い…。(^^*)
「秋の七草」に出てくる「朝顔」も、キキョウの事じゃないかという説が有力です。



アサガオって、日本で最も発達した園芸植物なんですって。江戸時代になると園芸種が盛んに
作られるようになりました。

いろんな変化朝顔がたくさん作られ、高値で取引されるものもあったそうです。
余談ですが、↓ ここへ行くと目を疑うような様々なアサガオを見ることが出来ますよ。

九州大学の「アサガオホームページ」



ここで一応、普通のアサガオを見ておきましょうね。

09_0809_asagao1.jpg

はい、これ、野性的なアサガオの中に咲いてた なじみ深い普通のアサガオ。

09_0809_asagao2.jpg

ちょっと細めだけれど、葉っぱはこの形で、若い実はこんな付き方。
ね、夏休みの観察日記、思い出しましたか?




さて、話を元に戻しましょう。江戸時代の人たちが変化を楽しんだアサガオでしたが、
手間も時間もかかります。他の国からいろんなアサガオを持ち込んで咲かせた方が手軽です。

で、江戸時代に持ち込まれ、花だんからの逃げ出したのがこの、
熱帯アメリカ(ぶっちゃけメキシコあたり)原産のマルバアサガオ。…案外、古株だったのね。

09_0809_maruba_a03.jpg

見わけポイントは、もちろん、丸い葉。ちょっと毛深くてハート型。
次に、すんなり、でも、短めのガク(萼)。上を向くつぼみと…、下を向く実。
細かく言うと、花びらに 放射状の 色の濃い部分が出来ること。

見わけポイント追加、ちっちゃいつぼみと出来たての実もご紹介。

09_0809_maruba_a04.jpg

ね、ね、一年生の時に育てた朝顔とは違うでしょ? あれを「日本アサガオ」と呼んで、
こちらのグループは「西洋アサガオ」とでも呼ばなけりゃ、話がややこしくて大変かも。

花期も長くて7〜11月ですって。
紅葉と朝顔のツーショットに 季節感が揺らいだら、このアサガオかも ですよ。

花期は長いけれど咲いているのは朝だけです。10時頃には しぼんじゃいます。



お花は、よく見る朝顔の半分くらい、直径3cmほどの大きさです。花色は多彩。

09_0809_maruba_a05.jpg

このフェンスでさえ、濃いピンクと紫の無地…、

1枚目の写真中央の もう少し薄いピンクと…

濃いピンクと紫の無地に模様入り、薄い紫、白に紫のポイント、

09_0809_maruba_a06.jpg

白にピンクのポイント…

09_0809_maruba_a07.jpg

更に、真っ白と…

09_0809_maruba_a08.jpg

9種類も見つけちゃいました。ひと目9色…すごいバリエーション。
元は園芸植物ですからねぇ…。誰かがタネを蒔いたのかもしれませんねぇ。(’’?)



さて、フェンスをくまなく探していたら、違う実も発見。

09_0809_maruba_amerika_a1.jpg

形は、昔から馴染みのアサガオの実に似ているけれど、猛烈に毛深いです。

図鑑には野生の朝顔は「マルバアサガオ」の他には「ノアサガオ」しか載ってないし、
これがそうかな?なんて。でも、確認のため web検索〜 ♪
そしたらね、「ノアサガオ」って、沖縄などの暖かい地域にしか咲かないお花だそうで、
関東地方には咲いてないらしい…です。…って言うか、沖縄の写真ばかりヒットします。

あれれ?…と、更に調べていったら、なんと、
関東にも咲いて、葉っぱが丸くて、実が上を向いて、更に猛烈に毛深い
「西洋アサガオ」の仲間が見つかりました。

その名も「マルバ アメリカアサガオ」。
きゃーっ、やめてくれ〜\(>O<)ノ"…ってくらいお名前そっくりさんです。

ヒルガオ科サツマイモ属、北アメリカ原産、つる性の一年草。
アメリカアサガオの変種で、葉が丸いもの。

アメリカアサガオの葉は3つに分かれ、中央裂片がくびれているのが特徴だそうですが、
3裂もくびれもなく 葉が丸い変種が マルバ アメリカアサガオ だそうです。

まだ 図鑑に載っていなかったり、園芸種に似たような名前を付けて流通したりして、
名前の混同も起きそうですが、この種は花だんからの逃げ出し組ではなくて、
輸入穀物にまじって日本に入ってきた 純粋な雑草(^^;)だそうです。


とにかく、この花の特徴は 毛深いガク(萼)。
お花は、咲いているうちに色合いが変化する綺麗な青いアサガオだそうですが…

09_0809_maruba_amerika_a2.jpg

残念、咲いているのは1つも見つけられませんでした。どうしてかな〜?



他のwebサイトには秋まで咲いてる、一日中咲いていると書いてあったりしました。
是非、見てみたいです、マルバ アメリカアサガオ。
また行ってみようかな? (’、’?)




小学生時代を彷彿とさせるアサガオも良いけれど、最近、身の回りに増えてきた
新顔のアサガオとその仲間たちとも、少しずつ仲良くしてみようかな。
まずは 近所のフェンスの前に… (^▽^)ノ 集合!




ブログ内関連ページ:

2008/ 9/22付 「マメアサガオなど」
2008/ 9/ 5付 「隣町の公園へ その1」

posted by はもよう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125362300
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。