2009年08月01日

スベリヒユの花

今日からいよいよ8月ですね、お天気 相変わらずはっきりしませんが。本当にへんな夏です。
HPには「季節のごあいさつ」として、元気なヒマワリのカードを飾っておきました。
ヒマワリが似合う青い空、見られるようになると良いな。

さて、身近に有るのに、タイミングが合わなくて見たことがなかったお花に やっと会えました。
とっても嬉しかったのでご紹介します。

09_0801_suberi_hiyu1.jpg

お花の名前はスベリヒユ。涼しい朝に咲く小さなお花です。


スベリヒユ科スベリヒユ属の一年草。熱帯から温帯にかけて生育する古い時代の帰化植物。
ゆでておひたしにするとぬめりが出る…などの理由で、スベリヒユと呼ばれるそうです。

09_0801_suberi_hiyu2.jpg

畑のやっかいな雑草ですし、どこにでも生えています。見つけるのに苦労はしません。
葉も茎も厚ぼったくて肉質で、すぐにそれと解ります。

でもスベリヒユは、お花の咲く時間帯が限られているらしくて、なかなか、お花が咲いて
いる株に行き会わないんですよね。
今回やっと見つけました。こんなにちっちゃい花だったんですね。

09_0801_suberi_hiyu3.jpg

あとで手元の本を見たら、ペン先などでおしべを刺激すると刺激を受けた方に曲がるそうです。
わっ、やってみたかったな。
でも、本当はこのお花、車がばんばん通る道ばたで、しゃがんで写真を撮るだけで精一杯
だったんですよね。




そう言えば、ポーチュラカも今盛りですよね。ポーチュラカの和名はハナスベリヒユ。

09_0801_portulaca1.jpg

夏の花だんやハンギングの鉢で 楚々としたお花を咲かせています。
色鮮やかなのに、花びらが薄いせいか透明感があって、どことなく涼しげです。

09_0801_portulaca2.jpg

こうしてみると、めしべの先がたくさんに分かれているんだなぁっておもいます。

そう言えばこのお花も、午後にはしぼんでしまいます。やっぱり見られる時間が限られている
お花ですね。

09_0801_portulaca3.jpg

今回調べてみて 初めて知ったのですが、スベリヒユの仲間にはCAM植物と言って、
ちょっと変わった光合成のしかたをするものがあるそうで、今回の2種も そのCAM植物
だろうと言うことが書いてありました。

岡山理科大の波田先生の記事
「スベリヒユ」

暑くて乾燥しがちな場所に適した方法で、夜中の比較的涼しいうちに葉の気孔を開いて
二酸化炭素を取り込んでおき、葉から水分が奪われそうに暑い日中は気孔を開かずに、
蓄えた二酸化炭素を使って光合成をするんですって。

どんなに暑くでも、涼しい顔でお花を咲かせておけるすごいシステムなんですよ。

09_0801_portulaca4.jpg

スベリヒユ科のほかに、ベンケイソウ科、ザクロソウ科、サボテン科、リュウケツジュ科、
ツルナ科、トウダイグサ科、キク科などの肉質な葉をも持つ植物の一部に見られる性質だそうで、
同じ科なら全部CAM植物というわけでもないんですって。

面白いなぁ…。
見慣れた雑草と花だんのお花なのに、そんなシステムを採用していたなんて知らなかったなぁ。



ここのところ、雨続きなのと主婦の繁忙期なのとで、更新頻度が落ちてます。
ま、夏休み中はこの調子だと思います。気長にのんびりお付き合い下さいませ。(^^A)




posted by はもよう at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もスベリヒユの花というのは見たことがありませんでした。こんな小さな黄色い花だったんですね。
Posted by kikuko at 2009年08月02日 00:14
CAM植物…、なるほど、それでポーチョラカは夏の炎天下、あれほど元気なのですね。ポーチュラカはハナスベリヒユと知っていましたが、じゃあスベリヒユってどんな植物? と、しっかり見たことがありませんでした。勉強させていただきました。
ハゼランもスベリヒユ科、あれもふつうでない時間帯に開花しますね。
Posted by ディック at 2009年08月02日 09:51
kikukoさん、いらっしゃいませ。
はい、スベリヒユ自体はそこら中に生えていても、
なかなかお花が咲いているところには行き会いませんでしたので、
大喜びで撮りました。
こんなに小さい花だったんですよ。私も驚きました。(^v^)
Posted by はもよう at 2009年08月02日 10:36
ディックさん、CAM植物、面白いでしょ?
故郷の、日本じゃない国の気候に順応して進化したシステムなんだと思います。
暑いなら夜中に取り込んどきゃいいって、なかなかの発想ですよね。

お花の咲く時間帯は、スベリヒユが涼しい朝のうちで、
ハゼランは日の傾き出す午後遅く。
お花ごとに工夫しているんですね。(^-^)
Posted by はもよう at 2009年08月02日 10:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。