2009年07月14日

アオツヅラフジの葉

なんか…関東地方は梅雨明けしたとみられる…なんですか? 今日もお買い物に出たら、
くらくらするほどの日差しでしたよ。プールには入れる子どもたちがうらやましいなぁ。

さて、今日の記事もつる性植物の小ネタ集から。
今回は、アオツヅラフジの 葉の形のバリエーションを見ていただきましょう。

09_0714_a_tudura_fuji01.jpg

馴染み…薄いですかね、アオツヅラフジ。うちの方では、油断すると植栽の上を覆っちゃう
意外に個体数の多いつる性植物です。一応、樹木の図鑑に載っています。



植物の名前調べをしたいとき、まず あてにするのが図鑑です。でも、図鑑の写真は
枚数が限られていて、写真だけではその特徴を伝えにくい植物もたくさんあります。

このアオツヅラフジもそのうちのひとつだと思います。

アオツヅラフジ(青葛藤):ツヅラフジ科アオツヅラフジ属、落葉つる性植物。

細かい説明は、このブログでも何度も取り上げているので、興味のわいた方は
過去記事をどうぞ。

2007/ 6/26付 「アオツヅラフジの花」
2005/ 9/20付 「アオツヅラフジ」 基本情報

6月から7月にかけては、ちょうどお花の季節で、見分けるチャンスでもあります。

09_0714_a_tudura_fuji02.jpg

↑ こんな風にお花の穂がたち始めますので、お花を見れば、一目瞭然です。

09_0714_a_tudura_fuji03.jpg

でも、葉の形、大きさなどにはとても変化が多くて、葉を見ただけでは他の植物と
見間違えてもしかたないかなと思います。
ほら、1枚目の写真はハート型で、↑ 上の写真は丸っこいでしょう?

アオツヅラフジを確かめるには、お花を見るのが一番良いんですけれど…
だいぶちっちゃいです。年齢のサイン出まくりな目には厳しい限りです。(^^A)

カメラで撮ってパソコンで拡大したおばなです。
花びら6枚、ガク(萼)6枚、おしべが6この6の固まりみたいなお花です。

09_0714_a_tudura_fuji04.jpg

色は地味ですが、なかなか凝った姿ですよね。
今回はまだめばなは見つけられていないんですけれど、

実になりかけているのは ↓ 見つけちゃいました。

09_0714_a_tudura_fuji05.jpg

まだ青い実ですが、これが秋になると極小サイズの巨峰のような実になるんですよね。
楽しみです。



アオツヅラフジの 葉っぱの形コレクション。これからいくつかご紹介しますから、
お花の咲いているこの時期に、豊富な形バリエーションを
是非その目で、是非お近くの原物で 確かめていただきたいものです。

まずは図鑑に載っている一番良くある形、広卵形。

09_0714_a_tudura_fuji06.jpg




それから、浅く3裂。

09_0714_a_tudura_fuji07.jpg




浅くない3裂、さらに縦長タイプ。

09_0714_a_tudura_fuji08.jpg




更に長いタイプ。

09_0714_a_tudura_fuji09.jpg




縦横のバランスが ちょうど朝顔の葉のくらいのタイプ。

09_0714_a_tudura_fuji10.jpg



7/19追記…ツタの葉っぽいのも見つけたので追加しておきます。

09_0714_a_tudura_fuji12.jpg

アオツヅラフジの葉、いろいろ見てきましたが、このタイプはちょっと珍しいかも。




大きさもかなりバラバラです。

09_0714_a_tudura_fuji11.jpg

解るかな。小さい葉っぱも、その下の大きい葉っぱもアオツヅラフジでした。
普通はあんまり葉脈が目立たないのですが、この株は葉脈がくっきり
写っちゃいましたね。



これ、みんなアオツヅラフジです。お花で確認しました。

たくさん見ると解るのですが、全部つると葉の質感が同じです。
植物によっては、形ではなくて、質感で見分けなくてはならないものがある。
アオツヅラフジの葉は、いつもそのことを気づかせてくれます。



身近な植物の名前調べを始めたばかりの頃、黒っぽい実が付くつる性植物と言うだけで、
わたしには、アオツヅラフジとイシミカワの区別が付けられませんでした。
図鑑の写真を眺めて途方に暮れていたのも、今となっては良い思い出です。

この歳になっても、たまにだけれども、ちょっとずつでも、(^^#)
自分の成長に気づけるのは 嬉しいことです。
また、がんばって新しいお花の名前を覚えるんだ。やるぞっ。おーっ!!(^▽^)/







ブログ内関連ページ:
アオツヅラフジ
2008/ 7/ 9付 「つるに咲く花 2」
2007/ 6/26付 「アオツヅラフジの花」
2005/ 9/20付 「アオツヅラフジ」 基本情報

2008/ 5/11付 「小さいつる草 1」 蔓の先のようす
2007/11/19付 「つるに実る実」



posted by はもよう at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉っぱの変異が随分あるんですね。
とても参考になりました。
すごく詳しく説明してあるので、リンクを貼らせていただきました。
Posted by 小梨 at 2009年09月23日 00:25
小梨さん、こんばんは。
ご紹介いただきまして、ありがとうございます。

アオツヅラフジの葉っぱには、いろんな形があるなぁと
常々思っていたので、試しに記事にまとめてみました。
Posted by はもよう at 2009年09月23日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。