2009年06月29日

リョウブの花

今日、ふたつめの記事です。隣町の公園で見てきた、毎年、シリーズ「木に咲く白い花」の
トリをつとめてきた あの木をご紹介します。

09_0629_ryoubu1.jpg

はい、何となくこの木をご紹介すると、木に咲く白い花の季節も終わりだなぁと言う気がしちゃう、
リョウブの花です。写真はコロコロのつぼみが付いたお花の穂ですが、公園では、
そろそろ盛りをむかえようとしています。こちらも香りの良い お花ですよぉ。






隣町の公園の一角に 白い花の咲く木が並んでいる場所があるんですけれど、
エゴノキも、

09_0629_egonoki.jpg

ガマズミも、

09_0629_gamazumi.jpg

ネジキも、

09_0629_nejiki.jpg

もう、実になっているこの時期に、満を持して咲き出しました、リョウブのお花です。



リョウブ(令法)、リョウブ科リョウブ属の落葉高木。

09_0629_ryoubu2.jpg

ユリ系の、でも、けして強すぎない良い香りなんですよ、このリョウブのお花は。
濃いめの葉の色にオフホワイトの花の穂がまた、清楚で素敵で、ほんと、良い木です。

小花ひとつ アップにしてみるとこんな風。

09_0629_ryoubu3.jpg

『花冠は直径5〜6mmで、深く5裂する。』…ってことは合弁花なんだ。ふむふむ。
『おしべは10個、めしべは1個。』
おしべの花糸一本にヤク(葯)がふたつ付いていますよね。ユニーク。

この小花がお花の穂にびっしり咲いて…

09_0629_ryoubu4.jpg

お花の穂は、枝に先に束になって付いて…
『枝先に総状花序を円錐状にだし、小さな花を密につける。』って言うんだ。

09_0629_ryoubu5.jpg


ここでもうちょっと引きの絵で、他の特徴もチェックしておきましょう。
『葉は枝先に集まって互生』しているっていう点も特徴的ですね。
『倒被針形で長さ8〜13cm』…大きめですよ。
『先は鋭くとがり、ふちに鋸歯がある。』

09_0629_ryoubu6.jpg

『高さ8〜10mになる。樹皮は薄片となってはがれ、後は茶褐色でなめらか。』
『薄片をつけたまま床柱として使われる。』
ナツツバキやサルスベリとよく似た、まだら模様の幹です。これもユニークでしょ。

白い花の穂は、後に、さく果になります。

09_0629_ryoubu7.jpg

赤っぽい色の小さなタネをたくさんこぼしますが、実のカラは今でもまだ、枝先に残っています。
物持ちが良いのね。←違っ!




虫さんたちの人気も上々です。この日のお客さんはこちら。

09_0629_ryoubu8.jpg

あまりに蜜が魅力的なので、チョウチョさんは逆立ちしちゃうし、甲虫君は一度は逃げ出したものの、
また、戻って来ちゃいました。
意地悪なんかしないから、ゆっくり味わってくださいな。



これで今年の シリーズ「木に咲く白い花」も終了かな。
今年もたくさんの 白いお花に会えました。白いお花って良いものですよねぇ。
来年もまた、木に咲く白いお花を探して、あちこち歩いてみたいと思います。
お花ちゃん達、よろしくねぇ〜。(^▽^)ノ





シリーズ 木に咲く白い花 2009年版

2009/ 6/29付 「マサキとモッコクの花」
2009/ 6/24付 「大学構内の花」 ナンテン、ナツツバキ、リョウブ
2009/ 6/ 7付 「6月の木に咲く白い花」 ニワナナカマド、ヒメシャラ、ナツツバキ、ヤマボウシ、サンゴジュ、タイサンボク、
2009/ 6/ 2付 「常緑樹の白い花」 ネズミモチ、トウネズミモチ、西洋イボタノキ、イヌツゲ、
2009/ 5/30付 「マルバウツギ」
2009/ 5/21付 「ネジキの花」
2009/ 5/17付 「ガマズミとスイカズラの花」
2009/ 5/13付 「コゴメウツギなど」 シャリンバイ、エゴノキ、カマツカ、コゴメウツギ、コアジサイ
2009/ 5/11付 「野茨、エゴ、箱根空木 開花」 ノイバラ、エゴノキ、ハコネウツギ、
2009/ 5/ 8付 「ハリエンジュとコデマリ」
2009/ 5/ 2付 「5月の木の花」 ミズキ、ニワトコ、カマツカ、サワフタギ

番外
2009/ 4/30付 「春から初夏へ 2」 オトコヨウゾメ
2009/ 4/30付 「春から初夏へ 1」 マルバアオダモ 
2009/ 4/27付 「チゴユリなど」 終わりかけのウワミズザクラ


シリーズ 木に咲く白い花 

2008年版は ↓ この記事から
2008/ 6/29付 「リョウブの花」


2007年,2006年版は ↓ こちらの記事から。
2007/ 7/ 2付 「リョウブの花」





posted by はもよう at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リョウブの花に逆立ちしているのは、この季節にリョウブだけに見られるチョウ・トラフシジミです。
よく撮れているじゃないですか!
Posted by ひろし at 2009年07月01日 23:25
ひろしさん、こんばんは。
あ、ありがとうございます。
このチョウチョ、写真撮ったことあったけど、
なんて名前だったかなと思っていました。
トラフシジミですね。(^▽^)ありがとうございました。

はい、蜜に夢中で飛んでいかなかったので、助かりました。
Posted by はもよう at 2009年07月03日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。