2009年06月13日

動き出した虫たち その2

昨夜の雨は降らなくて済んだのかな。今日も一日、雲が多めのお天気でした。
すっきりは晴れなかったけれど、洗濯物は、まぁまぁ乾いたからいいかな。(^v^)
今日は息子の学校へ、高校入試の説明を聞いてきました。ややこしかったです。

鳥さん達が賑やかですが、もちろん、虫さんたちも元気です。
お嫌いな方もいらっしゃるかもしれませんが、今日の記事も虫だらけです。
グロデスクなものは出てこないと思いますが、お嫌いな方には ごめんなさい。

一枚目の写真のトンボは、いつもお散歩している公園で出会ったもの。

09_0613_littlebug10.jpg

去年も出会って名前を調べました。オグマサナエかなと思ってアップしたら、ひろしさんに
ムギワラトンボですって教えていただいてたんだっけ…←慌てて訂正。

去年の記事 ↓

2008/ 8/29付 「8月に出会った虫」


オグマサナエは、春に現れて本格的な夏になる前に姿を消すはずのトンボ。
去年は8/2に出会っちゃって????
で、ひろしさんに、シオカラトンボの奥さんのムギワラトンボですよってコメントいただいたんでした。
忘れてた。(^^;)←こらっ!

今年は 真夏になる前の5月に、羽化したてで 出会えました。
場所もすぐそばのフトイの茎で。(^^*) 待ち合わせしていたみたいね。

オグマサナエでもおかしくない時期だけど、やっぱり、ムギワラトンボで良いんですよね。
写真には撮れなかったけれど、旦那さんのシオカラちゃんも見たような気がするし…←曖昧

とりあえず、今年もよろしく。

09_0613_littlebug11.jpg

でも…その糸、なあに? クモの巣にでも引っかかってたの? 気をつけてね。




6月「北向きの斜面」で見かけたのはシマサシガメ。

09_0613_littlebug12.jpg

体の縁の模様が 白黒なのは ヨコヅナサシガメ。赤黒なのは アカシマサシガメ。
で、黄色と黒は シマサシガメ。ふむ…、打ち込むそばから忘れていく…。←こらっ!

09_0613_littlebug13.jpg

逃げなかったので正面顔も写してみました。歌舞伎の隈取りみたいだなぁ。

もっとアップで見たい方はこちら→をクリックしてください。 アップ




同じ日、いつもお散歩している公園で、偶然、トウネズミモチのお花の蜜に酔っている
アオスジアゲハを見つけました。
アオスジアゲハはとっても すばしっこい蝶々で、なかなか写真に撮れないんです。

09_0613_littlebug14.jpg

少ないチャンスはものにしたい! しつこく粘って、やっと撮れたのがこれ ↑。
お花に埋もれて、幸せそうなアオスジアゲハ。 撮れて良かった(^^*)。




最後は 愛らしくミツバチちゃん。

09_0613_littlebug15.jpg

いつもお散歩している公園の、クローバーの蜜を集めていました。
花から花へ、ほんと、働き者です。 こんなところだから、(近くに養蜂家も居ないし)
日本ミツバチだろうと思って 撮って帰ったのですが、色白ですねぇ。

これ…西洋ミツバチの方ですか?
最近、大量死のニュースが流れてましたよね。気をつけてね、ミツバチちゃん。

09_0613_littlebug16.jpg

「はっ?!何、言ってるの?」って感じで、さっさと飛んで行っちゃいました。
お忙しそうです。(^^A)

近くに養蜂家さんは居ないと思うし、西洋ミツバチ飼ってるお家もないと思うけど…
どこの子かな…? それとも、野生化している一家もあるのかな?




最後の記事は、名前を表す文字に虫は入っていますが、虫じゃないです。しかも、抜け殻。
「北向きの斜面」で、虫を探して草をかき分けていて見つけました。

09_0613_littlebug17.jpg

草むらでどっきり!ですよ。 いやぁ、中身じゃなくて良かったです。
蛇(ヘビ)の抜けがら一匹分。一瞬、お財布に入れて金運アップ…と言う言葉も浮かんだのですが、

確か…、は虫類の体には、人に害のある細菌がいたりするから、やたらに触るなという
警告をどこかで読んだような気もしたので、手は出さずに、カメラにおさめるにとどめて
おきました。 金運アップしますように(-人-)画像に向かってお祈り〜。







ブログ内関連ページ:
2009/ 6/12付 「動き出した虫たち その1」



posted by はもよう at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
虫さん、いっぱい!
いっしょ!いっしょ!ヽ( ´¬`)ノ
わたしは撮るだけで、
ほとんど説明なしですが。
はもようさん、がんばっておられますね。えらい!!
わたしもシオカラトンボの女の子、撮りました。
少し太りぎみのトンボなんて、書いたのですが、
後で考えたら、あんたにだけは言われたない!といわれそう。
わたくしは肥えてはいませんが、すぐそばに完全なメタボ犬がいますから。
わたしも名前は教えていただきましたよぉ〜
Posted by ブリ at 2009年06月14日 15:05
ブリさん、こんばんは。
はい、虫さんいっぱいです。お花を探しに行くと
いっぱい居ますからねぇ。(^v^)

あ、ブリさんもムギワラトンボにあったんですね。
少し太り気味だったんだぁ。
私が撮った子はお腹がぺったんこでした。

虫さんの名前は ねぇ、わかんないときはわかんないと書いておくと、
詳しい方が教えてくださるから 助かりますよね。(^▽^#)てへっ
Posted by はもよう at 2009年06月14日 21:26
せっかく私の名前が出ているのに、訪問が遅れて失礼しました。
私の方も「虫」が続いています。
なぜか、花が少なく感じて、「目は虫」になっています。

このトンボは翅がまだ伸びきっていないようで、羽化直後でしょうか。
糸くずのように見えるのも、ヤゴの繊維がくっついてきたのかもしれませんね。

さて、ミツバチですが、色白がセイヨウミツバチ、色黒がニホンミツバチ、です。
前者が野生化して、どこでも見られるようになっています。
逆に色黒ちゃんの姿を見かけるのが少なくなっているようですよ。

蛇の抜け殻は幸運のしるし、でしたっけ?

「虫めずる姫君」もいいものですね。
Posted by ひろし at 2009年06月15日 08:47
おお、ひろしさん、いらっしゃいませ。いえいえ、ゆっくりで良いんですよ。
今年もよろしくお願いします。←また、甘えるつもり。

はい、そろそろ、お花よりも虫に目がいきがちな季節になりますね。

あ、このトンボ、羽がのびきってませんか?
糸状のものはヤゴの繊維ですか? わぁ、すごい。

このミツバチは色白だから、野生化しちゃった西洋ミツバチの方ですね。
うちの方、日本ミツバチにも出会いますよ。
体が黒っぽくて 野暮ったく見えるけれど、なかなかかしこ可愛いハチさんですよね。

ヘビの抜け殻は金運アップですよぉ。さぁ、おがんで拝んで〜。(>人<)
Posted by はもよう at 2009年06月16日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。