2009年06月08日

マツヨイグサ属の花

どんよりしたお天気でしたね。でも、そのなかで娘の学校では体育祭が行われました。
本人は たいした活躍はしてませんが、チームは優勝でした。
みんなで踊ったダンスもとっても楽しかったんですって。学生時代最後の体育祭が
良い思い出になって良かったね。v(^^)

さて、今日の記事の方はマツヨイグサ科のお花の話。いつもお散歩している公園に、
小さくて黄色いお花が咲き出しました。アカバナ科マツヨイグサ属のヒナマツヨイグサ。

09_0608_h_matuyoi_g1.jpg

小さいので目立たないとは思いますが、日本にやってきたのも 比較的 最近らしいので、
私が持っている図鑑には出ていませんでした。

マツヨイグサの仲間たちの写真が、いくつかまとまったのでご紹介してみます。





アカバナ科マツヨイグサ属のお仲間は、もともと日本には無かった種で、
太宰の「富士には月見草がよく似合う」とか、夢二の「宵待草のやるせなさ〜 ♪」なんて具合に
日本の作家さんと一緒に有名になっちゃっているので 和風イメージがあるかもしれませんが、
たいていは、北か南のアメリカ出身です。

しかも、このお二方とマツヨイグサ属のお花の関わりは 追求していくと面白かったりします。
詳しくまとめた方のページを見つけちゃいました。良かったらどうぞ。

HP 「M.Tanaka's HomePage」

太宰 治 「富岳百景」→ こちら
竹久夢二 「宵待草」→ こちら




今回見つけたのは、とってもちっちゃいマツヨイグサのお仲間、ヒナマツヨイグサ。

北アメリカ原産の2年草または、多年草。終戦直後、群馬の牧場で見つかったのが最初で、
「洋種山草」として売られてもいるそうです。
このブログでも、去年取り上げています。

2008/ 6/13付 「ヒナマツヨイグサなど」



お花をアップにしてみれば、マツヨイグサ属の仲間だなってすぐに解ります。

09_0608_h_matuyoi_g2.jpg

ほら、この間も取り上げた ↓ アカバナユウゲショウにそっくり。 

09_0608_a_yugesho.jpg


でも、ちっちゃいの。
どのくらいかというと…去年はニワゼキショウと比べっこしたけれど今年は…ムラサキサギゴケと
背比べしちゃうんだ。

09_0608_h_matuyoi_g3.jpg

もうそろそろ、ちょっとだけお兄さん格のコマツヨイグサも咲き出す頃です。
ヒナマツヨイグサは日中咲くお花ですが、コマツヨイグサは夕方に咲くお花で、しぼんだ花殻が
オレンジ色しているのが目印です。
ちょうど主婦が忙しい時間帯に咲く花なので、まだ…写真には撮れていませんが、そろそろです。



花だんに良く植えられていて、時々道ばたへ逃げ出しているのは、ヒルザキツキミソウ。

09_0608_m_huruzaki_t1.jpg

『北アメリカ原産の多年草で、大正末期ごろ観賞用に輸入され、栽培されていたが、現在では、
中部地方以西に野生化したものも見られる』…そうです。

『花の色は、白または淡紅色。白い花もしぼむと淡紅色になる。
初めから淡紅色のものをとくにモモイロ ヒルザキ ツキミソウとして分ける場合もある』…んですって。

この写真のお花も モモイロ ヒルザキ ツキミソウ ですね。
一度、白い「ヒルザキツキミソウ」も見てみたいなぁ。


今回見ていて気になったのは、お花の下の ↓ この赤いしましま。

09_0608_m_huruzaki_t2.jpg

なんか、可愛いですよね。何だろう…。ガク(萼)…で良いのかしら?

つぼみの時にはどうだったのか 見てみると…

09_0608_m_huruzaki_t3.jpg

あ、そうか…つぼみは赤いしましまなんだ。可愛いなぁ。4月ぐらいからずっと咲いてますよね。
直径5cmくらいの やさしい印象のお花です。



同じ花だんに 並んでいたお仲間もご紹介しておきます。

09_0608_m_tuyukusa.jpg

ムラサキツユクサ。
ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草、北米原産の園芸植物。
小さいときには色水遊びに、学校へ行くようになったら気孔や細胞の観察にと、
いろいろお世話になったお花ですよね。今年も 元気よく咲いてます。


それから、ナデシコ科マンテマ属、ヨーロッパ原産の1〜2年草、ムシトリナデシコ。

09_0608_musitori_n.jpg

茎の途中に粘液の出るところがあって、虫がくっついちゃうからムシトリの名があるそうですが、
食虫植物ではないそうです。
こちらも花だんから逃げ出して、各地で野生化しています。
鮮やかなピンクのお花を見て現代的な感じがしていましたが、手元の図鑑には江戸時代末期に渡来したと
書いてあります。
う〜ん、ちょんまげ姿とムシトリナデシコ…、ミスマッチと思うのは私だけ?(^^A)






ブログ内関連ページ:

2009/ 5/29付 「雨上がりの草の花」



posted by はもよう at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
やっとコメント書けそうです^^;
ヒルザキツキミソウ、この頃、こちらでは道端や野原、空き地などでもよく見ます。
野生化したもののようです。
蕾はよく観察してませんでした^^;;
赤い縞々、ペロペロキャンディーみたい??
(笑)
ムシトリナデシコもよく見ます。
ちょんまげ時代からあったのね〜!?
想像すると面白い!(o^^o)ふふっ♪
Posted by winc at 2009年06月09日 18:06
wincさん、こんばんは。あ、忙しかったですか? 

ヒルザキツキミソウ、うちの近所では花壇から逃げ出しても、
すぐに消えちゃうんですよね。
あんまり野生化できないみたいです。
そちらではいろんなところで咲いてるんですか。
良いですね。←よかないか…(^^;)
つぼみ…というか、萼というか…は、赤いしましまで可愛かったです。
赤いしましまといえばキャンディーですよねぇ。美味しそう。(^〜、^)

ね、ね、ムシトリナデシコとちょんまげ…
なんか違和感あるでしょ。(^^;)
Posted by はもよう at 2009年06月09日 23:17
マツヨイグサの仲間という連中は、やっかいですね。
ヒナマツヨイグサか、いつも半開きでしべをよく観察できないまま、時期が過ぎてしまいました。
ヒルザキツキミソウは、本牧の中図書館に行くとき、毎年同じ歩道の植え込みに出てきて咲いていました。こちらではもう終わりましたけど。
シベに特徴があるのでわかりやすくてよいです。
Posted by ディック at 2009年06月13日 18:36
ディックさん、そうですよね、マツヨイグサのお仲間って事は、
シベに特徴があってわかりやすいんですよね。
ただ、そのあとがねぇ…。しかも、次々帰化しちゃうし…(-"-;)

これからはもう少し大型のマツヨイグサのお仲間が咲きますね。(^^*)
Posted by はもよう at 2009年06月13日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。