2009年06月07日

6月の木に咲く白い花

久しぶりに朝から晴れました。朝は町内会のお掃除。子ども会の廃品回収もあったから、
朝もはよから古新聞運んでの重労働。(^^A)ふう。
午後は旦那さんの車で近所のホームセンターへ。ノイバラちゃんにうどん粉病が発生したので、
スプレー式の農薬を買ってみました。効くかしら?

くたびれて今日は早寝の予感。今のうちにブログはアップしておきましょう。
シリーズ「木に咲く白い花」。そろそろ、シーズンも終盤。白い花も続々開花しています。
お休みの今日は、細かいうんちく抜きで、たくさんのお花を見ていただきましょう。

まずは、いつもおさんぽしている公園のニワナナカマド。

09_0607_tinsibai1.jpg

ただ、ナナカマドに似ているのは夏の葉っぱだけ。赤い実も付かず、燃えるような紅葉にも
なりません。別名はチンシバイ(珍至梅・珍珠梅)。中国からやって来た 庭木です。



いやぁ、好きですよ、ニワナナカマド。新芽の季節が落ち着いて、公園の緑が
ほぼ、新しい葉っぱに切り替わった頃、みずみずしい新緑の中にひときわ目立つ
白い花の穂ですもの。

09_0607_tinsibai2.jpg

茂みも 私の背より大きくてこんもりしているし、お花も次々どっさり咲くし、
こんな素敵な木ならばお庭に植えてみたいものだと思うような 素敵っぷりです。

奇数羽状複葉の葉っぱも大好きで、時々、茂みに潜り込んで堪能します。
ほら、葉っぱのシルエットが緑の濃淡で繰り返されて、イイ感じの模様になっているでしょう?
普通に眺めても、白いお花を引き立てるような、濃いめの緑色の葉っぱはとっても綺麗。
花材として、ナナカマドの葉っぱの代わりに使われることもあるそうですよ。

09_0607_tinsibai3.jpg

お花ひとつは5mmほどの小さいものですが、長めのおしべでふわふわとした質感に、
ツブツブのまん丸いつぼみが、また、可愛いアクセントになっていて素敵です。

09_0607_tinsibai4.jpg

これで、終わったお花が茶色いまま枝にくっついていなければ、完璧なんですけどねぇ…。
さっさと散ってしまえば良いんですが、いつまでも枝にくっついていて、
時期を逃すと、白と茶色の2重奏になっちゃって、ちょっと見劣りいたします。
がんばれ、ニワナナカマド。(^▽^)ノ



あとは…ヒメシャラが今、盛りですね。

09_0607_himeshara.jpg

直径2cm程度のちっちゃいお花。今、木の下を真っ白に染めて…散ってます。(^^;)
今回、写真を撮りながら、意外と、このちっちゃい葉っぱ…分厚いなと気づきました。
なかなかどうして、しっかりした姫様です。(^-^)


ふたまわりは大きいのがナツツバキ。別名シャラノキ。

09_0607_natutubaki.jpg

こちらは一足遅れて咲き始めました。同じツバキ科ナツツバキ属。
こちらも、毎年咲くのを楽しみにしている お気に入りの白い花です。
今年は、ユーモラスなアカスジキンカメムシを眺めた木が、強剪定にあってしまい、
丸坊主になっちゃって、お花も望めそうもないのが残念です。



ミズキ、ハナミズキが終わり、ミズキ科3姉妹の末っ子、ヤマボウシが今、咲いてい…
ますよね。うちの近所のヤマボウシ、近づけるのはみんな 見上げるような木で、

いえ、ひとんちのお庭とかに咲いているのは見るんですけど、勝手に撮れないし…。(^^;)

09_0607_yamabosi1.jpg

よく見えないなぁ、もっとイイ感じに撮れる木無いかなぁ…なんていってる間に…

09_0607_yamabosi2.jpg

実になり始めちゃったり…

で、慌てて、ちょっと条件が悪いけど、無理して撮ってきました。

09_0607_yamabosi3.jpg

はい、ミズキ科ミズキ属の落葉高木、ヤマボウシ。
近頃ではハナミズキ、ナツツバキと並んで、人気の庭木となっていますが、
お山で見るのは もっと素敵だと思います。
お花のあと実る赤い実は、場所によっては「ヤマグワ」とも呼ばれ、美味しいそうですよ。




常緑樹も咲いています。
校庭の 北側フェンスに並ぶのはサンゴジュ。今、白い花の穂を下げています。

09_0607_sangoju1.jpg

こちらは これから咲くところ。つぼみばっかりかな? 

いえいえ、ほら、ちょっとだけ、お花が開き始めています。

09_0607_sangoju2.jpg

ハムシがよく付く木で、猛烈に喰われちゃったりしますが、初夏の白い花、
秋の赤い実が綺麗です。スイカズラ科ガマズミ属の常緑小高〜高木。
赤い実が珊瑚の細工物のように見えたからサンゴジュ(珊瑚樹)です。

ハムシさえ手加減してくれたら、素敵な木です。



こちらはタイサンボク(泰山木)の大きなお花。
モクレン科モクレン属の常緑高木。大きくて分厚い葉っぱの木です。

09_0607_taisanboku.jpg

今年は、タイミングを逃しました。もう、あらかた咲き終わっちゃっています。
これだけ撮れただけでも めっけもの。
来年また、頑張りましょう。(^v^)





ブログ内関連ページ:

2006/ 6/15付 「ニワナナカマドの花」
2006/ 6/25付 「ナツツバキとヒメシャラ」
2006/ 6/ 6付 「ヤマボウシの花」
2008/ 6/28付 「照り葉野茨と珊瑚樹」
2006/ 6/ 8付 「タイサンボクの花」




シリーズ 木に咲く白い花 2009年版

2009/ 6/ 2付 「常緑樹の白い花」 ネズミモチ、トウネズミモチ、西洋イボタノキ、イヌツゲ、
2009/ 5/30付 「マルバウツギ」
2009/ 5/21付 「ネジキの花」
2009/ 5/17付 「ガマズミとスイカズラの花」
2009/ 5/13付 「コゴメウツギなど」 シャリンバイ、エゴノキ、カマツカ、コゴメウツギ、コアジサイ
2009/ 5/11付 「野茨、エゴ、箱根空木 開花」 ノイバラ、エゴノキ、ハコネウツギ、
2009/ 5/ 8付 「ハリエンジュとコデマリ」
2009/ 5/ 2付 「5月の木の花」 ミズキ、ニワトコ、カマツカ、サワフタギ

番外
2009/ 4/30付 「春から初夏へ 2」 オトコヨウゾメ
2009/ 4/30付 「春から初夏へ 1」 マルバアオダモ 
2009/ 4/27付 「チゴユリなど」 終わりかけのウワミズザクラ


シリーズ 木に咲く白い花 

2008年版は ↓ この記事から
2008/ 6/29付 「リョウブの花」


2007年,2006年版は ↓ こちらの記事から。
2007/ 7/ 2付 「リョウブの花」



posted by はもよう at 15:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒメシャラですが、今の家に住み始めたとき、かみさんが玄関前のシンボルツリーにするのだ、と言って植えました。
最初は「つまらない木だな」と思っていましたが、ブログを始めた頃からしっかりしてきて、秋の紅葉がとてもきれい。
花は咲いている日数が短く、ぽろぽろとツバキのようにまるごと落ちて、気づいてから撮る、というのはなかなかしんどい。
今年は階段の踊り場の窓から覗いて一枚でした。
Posted by ディック at 2009年06月13日 18:41
サンゴジュですが、落ちた花で道路が染まるのがすごいです。
花の写真としては、咲き始めてつぼみがたくさんあるほうが絵になります。ぼくも今朝、アップで撮りましたけど、近くでみてきれい、という花ではなくて、集合体のほうがいいですね。
Posted by ディック at 2009年06月13日 18:43
ディックさん、こんばんは。
そうそう、ディックさんのお宅にはヒメシャラの木もあるんですよね。
紅葉の写真も、素敵でしたっけ。

私もこの花はいつも、散って初めて、咲き出したのに気づきます。
でも、次々咲いて結構長く楽しめませんか?

サンゴジュは、無傷で元気な木が なかなか無いのが辛いところ。(^^A)
でも、元気は木にはものすごくたくさんのお花が付くんですよね。
そして、それが夏の終わりには赤い実になってどっさり枝に下がる…と。(^^*)
楽しみ楽しみ ♪
Posted by はもよう at 2009年06月13日 23:52
 参考にさせていただきました、ありがとう御座います、
  今月(6月)埼玉の川越市から川島町付近を車で走行中 高い樹に真っ白で大輪の花咲いているのを発見 車を止め見に行きました住宅の庭でしたが聞きそびれて帰りました、なんとなく「泰山木」に似ているようです、     失礼します、
Posted by ぱんだ at 2011年06月15日 15:07
ぱんださん、はじめまして。

大きな木の白い花ですか、お山の中ならホウノキの可能性もありましたが、
お庭でしたらタイサンボクかもしれませんね。
お役に立てたなら幸いです。

お声がけありがとうございました。(^v^*)
Posted by はもよう at 2011年06月16日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。