2009年05月29日

雨上がりの草の花

今日は一日雨で、気温も下がりましたね。先週、息子が修学旅行で買ってきたおみやげに
私の実家あてのものがあったので、届けに行ってきました。
道中、雨は 強くはなかったけれど、風があって横殴りで、大げさかなと思いつつ着た
レインコートが大活躍で、びっくりでした。
久しぶりに実家で父、母とおしゃべり出来て良かったです。機会を作ってくれた息子に
感謝しました。(^^) そんな息子は本日中間テスト。ちゃんと出来たかな?

そんなこんなですっかり疲れて眠くなっちゃいました。
今日の記事は、深く考えず、雨の公園と晴れの日の公園で見かけた草花を手当たり次第に
ご紹介します。

09_0529_a_yugesho1.jpg

まずは、アカバナユウゲショウ。アカバナ科マツヨイグサ属、南アメリカ原産の多年草。








これからシーズンを迎える マツヨイグサ属のあでやかさナンバー1ですね。
名前に反して、夕方でなくても構わず咲いてます。この写真を撮ったのも午前中ですし…。

図鑑によれば、明治の初めには、栽培されていたらしいんですけれど、あっという間に
花だんから逃げ出して、関東以西で野生化しているそうです。

09_0529_a_yugesho2.jpg

これは珍しい雄性期のお花アップですね。8個のおしべから花粉が出まくってます。
雌性期になるとめしべがお花の中央に4裂して開きますからとっても目立ちますものね。



枯れ葉の間から、芽を出したのはアカネです。
アカネ科アカネ属のつる性の多年草。根っこは「あかね色」を出す染料になります。

09_0529_akane.jpg

今年の春は、猛烈に虫に食われています。
また、お花やら、今年こそはの実やら…見られると良いのですが。
つる性植物は、あっという間に刈られてしまうので、観察を続けるのが難しいです。



同じアカネ科で、華やかなのはこのハナヤエムグラ。アカネ科ハナヤエムグラ属の多年草。

09_0529_hanayae_m.jpg

とっても綺麗なヨーロッパ出身の帰化植物。でもねぇ…とびきりの小ささで、誰の目にも
とまらないの。



咲き始めは、この花さえも清楚で美しいですね。今、あちこちで、盛んに咲いています。

09_0529_dokudami.jpg

とても身近な薬草なんですよ。ドクダミ科ドクダミ属、日陰好きな多年草。別名は「十薬」。



この花を見ると夏が来るんだなって思います。ヒルガオ科ヒルガオ属、つる性の多年草ヒルガオ。

09_0529_hirugao.jpg

横に張り出さない葉っぱと、ガク(萼)のすぐ下の茎にフリルがないことと、花びらの白い筋が
ぼんやりしているところ、花の直径が5cmは有ること…などが、ヒルガオっぽい点。

でも、最近、もっと都会的でスタイリッシュなコヒルガオの方が数を殖やしています。
何となくヒルガオはおっとりしたお姉さんで、コヒルガオは元気の良い妹って感じがします。
頑張れ、姉さん。(^^*)



毛深い葉っぱに雨粒がキラキラ。夏の終わりから秋口にかけて白い花が咲く、
マメ科ハギ属のネコハギですよ。 

09_0529_nekohagi.jpg

イヌハギは数を減らしているそうですが、ネコハギの方は、公園の芝生にも、ちゃんと共存して
はびこっています。



草むらからしゅっと茎を伸ばしたのはノビルです。ユリ科ネギ属の多年草。
日当たりが良いと、赤くてコロコロしたムカゴになってしまって、お花が見られないので、
たまにこんなに良くつぼみが付いているのに出会えると、何だか得した気分になります。

09_0529_nobiru.jpg

全部開くまで、見せてもらえるかな?いや、つぼみの姿も素敵よね。(^v^)



ラストはトキワツユクサ。ツユクサ科ムラサキツユクサ属、南アメリカ原産の帰化植物。
観賞用に輸入された「シロフハタカラクサ」が逃げ出して野生化し、先祖返りして
葉っぱの斑が無くなってしまったもの…と説明をされていらっしゃる方もありました。


〜〜〜〜〜2010/06/08追記〜〜〜〜〜

写真の花はトキワツユクサではなくてオオトキワツユクサでした。
詳しくはこちらの記事で…。

2010/ 6/14付 「ツユクサとヒルガオの仲間」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



09_0529_tokiwa_t1.jpg

比較的新しい帰化植物なのか、私の持っている図鑑には載っていません。

艶やかな 緑の色濃い葉っぱに三角の白い小さな花。ただねぇ、この子、繁殖力が半端ないですよ。
隣町の「北向きの斜面」には、トキワツユクサだらけの一画がありますよ。

09_0529_tokiwa_t2.jpg

花びらの中央からもしゃもしゃ出ているものは なんて言うんでしょうね。
ツユクサには無いけれど、ムラサキツユクサには ありますよね。
この毛のような部分を拡大すると、小さな丸いものが連なってるように見えて綺麗です。
黄色いのはおしべのヤク(葯)だと思われます。ハート型を逆さにしたような形。可愛らしいですよね。







ブログ内関連ページ:

アカバナユウゲショウ
2008/ 6/13付 「ヒナマツヨイグサなど」

アカネ
2007/ 6/15付 「アカネ」

2008/ 9/29付 「アカネの花」
2007/10/ 1付 「アカネの花」
2007/ 8/28付 「アカネの花など…」

ドクダミ
2008/ 6/ 8付 「6月の道ばたの花」

ハナヤエムグラ
2007/ 6/19付 「ハナヤエムグラなど」

2006/ 6/13付 「ちいさなちいさな花」

ヒルガオ
2006/ 6/ 7付 「ヒルガオとコヒルガオ」

ネコハギ   
2005/ 9/ 2付 「ネコハギの花」

2008/ 9/13付 「小さなマメ科の花」
2006/ 7/ 8付 「マメ科の葉 いろいろ」
2006/10/12付 「マメ科ハギ属の実など」

ノビル  
2006/ 6/10付 「ノビルの花」
2009/ 4/ 1付 「期間限定の葉」

トキワツユクサ
2008/ 7/ 5付 「ツユクサのこと」




posted by はもよう at 22:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはまた沢山一挙掲載ですね。

アカバナユウゲショウは、私も今日とりあげました。なぜか、その一株だけが毎年花をつけています。

ノビルは日当たりがよいとムカゴになるとはしりませんでした。なんで花の数が少ないのだろうと疑問に思っていたので、納得です。
やはり、はもようさんの所は勉強になります。
Posted by ひろし at 2009年05月30日 00:26
>ヒルガオはおっとりしたお姉さんで、コヒルガオは元気の良い妹

なるほど、たしかにそんな感じがいたします。
Posted by ディック at 2009年05月30日 17:40
ひろしさん、こんばんは。
はい、総棚ざらえでございます。載せてしまわないと
せっかく撮った写真がみんな季節はずれになっちゃいますもの。

ノビルのムカゴとお花の関係は手元の図鑑に載ってしました。
Posted by はもよう at 2009年05月30日 23:13
ディックさん、こんばんは。
ヒルガオねーさん、妹コヒルガオに共感していただき、
ありがとうございました。
でも、最近は交雑種も出回って居るんですよね。
ああ、ややこしや〜。(><)
Posted by はもよう at 2009年05月30日 23:31
ヒルガオとコヒルガオの交雑については、昨年ぼくも記事にしました。どっちつかずの変なのが目に付きます。
こちらの記事のヒルガオは典型的なヒルガオですね。

さて、念のため、アカバナユウゲショウとヒルザキツキミソウを確認しました。この両者、シベをきちんと撮らないと、撮し方によっては同じように見えますね。
ぼくが本牧で見つけて毎年撮っているのは、やはり間違いなくヒルザキツキミソウでした。
Posted by ディック at 2009年06月01日 19:11
トキワツユクサは、玄関前に蔓延っています。昨年から出てくるようになりました。こんな雑草は…、とか言っていたかみさんですが、それでもきちんと残してくれています。
花弁が白い上に、シベが白いので、花のかたちをわかるように撮ろうとすると、結構むずかしいです。
Posted by ディック at 2009年06月01日 19:15
ディックさん、こんばんは。

ヒルガオのコヒルガオの交雑種については私も、
ディックさんのところで 初めて教えていただきました。
数年前から、図鑑には結実しないと書かれているヒルガオに
種が付いているのを目撃してましたので、気にはなってたんですよね。

そう言えば、ディックさんのところの黄色くて小さいツキミソウは、
ヒナマツヨイグサではありませんか?
検索してみてください。(^−^)

ユウゲショウと昼咲きツキミソウ…現物なら、大きさですぐに解りますが、
写真だと、ちゃんと写さない伝わらないかもしれませんね。

トキワツユクサも、似た種類が逃げ出しているらしいですよ。
ややこしや〜。(^^;)
Posted by はもよう at 2009年06月02日 01:25
ヒナマツヨイグサ、調べてみます。
ありがとうございます。
Posted by ディック at 2009年06月03日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。