2009年05月24日

カラスビシャク

娘のテストが済んで、雨降って息子の部活がお休みで、久しぶりにのんびりした休日です。
たまには雨も良いですよね。ちまたで暴れている新型インフルエンザのウイルスも、
湿気には弱いそうですから、この雨で落ち着いてくれると良いですね。

さて、今日の記事は、カラスビシャクの花、仏炎苞(ぶつえんほう)についてです。
去年、奇妙な葉っぱに目をとめて、それがカラスビシャクという植物の葉だとつきとめて、
一度 原物を見ると他にも同じ葉っぱを見つけられるようになるもので、
他の場所で、お花が咲いたあとも見つけて…。次のお花が咲くのを一年越しで待っていました。

09_0524_karasubishaku1.jpg

とうとう会えました。サトイモ科ハンゲ属、カラスビシャク、開花です。




だいたいにおいて、変わり者揃いのサトイモ科。
先日ご紹介したテンナンショウ属も相当なものでしたがその弟分みたいなのが、今回の主役、
カラスビシャクです。

カラスビシャクは、サトイモ科ハンゲ属、畑の雑草として普通に生える多年草。
手元の図鑑には
『仏炎苞(ぶつえんほう)をひしゃく(柄杓)に見立てたもの。別名はハンゲ(半夏)。漢方での呼び名で、
吐き気止めなどの薬用にする。』と書いてあります。

テンナンショウ属との大きな違いは、肉穂花序と仏炎苞(ぶつえんほう)が下の方で一体化してるところ。

素人のいい加減さでちょっと乱暴にたとえると、一本の太い茎に大きな葉っぱが付いているような感じ。
茎の途中が肉穂花序で、下の手前半分にめばな、ちょっと上の茎のぐるりにおばなが付いてます。

茎の先端は鞭のような付属体になって 仏炎苞(ぶつえんほう)の外まで飛び出していて…、
葉っぱのような苞は 肉穂花序を包んで、
テンナンショウ属よりは、ずっとゆるい感じの仏炎苞(ぶつえんほう)を形作ります。

めばなは やがて実になりますが、実は緑色の液果で、実ったように見えないかも〜(^^A)しれません。



初めて見かけたのは、去年の5月。小葉三枚のような、三裂する葉のような…???
形も質感も、他の葉っぱとは微妙に違うようにみえて興味をひかれちゃいました。

2008/ 7/ 6付 「烏柄杓と柚香菊」

09_0524_karasubishaku2.jpg

今年も草むらに、いっぱい葉っぱを広げています、カラスビシャク。

09_0524_karasubishaku3.jpg

初めて気づいたところの草むら。 去年は、ムカゴも付いていたので、余計に奇妙な姿でした。
今年はまだ、ムカゴは出来ていないみたいです。

お花もまだみたい。カラスビシャクって、どのくらいかかってお花が咲くまでになるんでしょうね。


ま、でも、この日は、去年、花後を見つけた別の場所へ…。

2008/ 7/27付 「メマツヨイグサなど…」

こっちはちゃんと咲いてました。
葉っぱも大きい…あ、葉っぱがこのくらいの大きさにならないとお花が咲かないのかな。

09_0524_karasubishaku4.jpg

咲いた咲いたって言っても、仏炎苞(ぶつえんほう)に隠れてお花は見えませんね。

近づいてアップにしてみても…やっぱり見えないや。

09_0524_karasubishaku5.jpg

お見せするのが一番なのですが、折角咲いた仏炎苞(ぶつえんほう)をむいちゃうのは可哀想。
克明な写真を見たい人は ↓ 福原先生にお願いしましょう。

福岡教育大学の福原先生によるハンゲ属のスゴく面白い生態の詳しい解説

テンナンショウ属の時もすごかったけれど、同じページをもっとスクロールしていくとカラスビシャクも
出てきます。面白いですよ。



う〜ん???と、あっち見たりこっち見たりしているうちに気づきました。
穴! 

09_0524_karasubishaku6.jpg

え? いったい誰が開けたのかしら? 
カラスビシャクの仏炎苞(ぶつえんほう)はテンナンショウ属とは違って 行き止まりにはなってないのに、
気の短い虫さんが居たもんだわ。

3カ所めも発見。こっちも葉っぱが大きいから来年くらいには仏炎苞(ぶつえんほう)が見られるかな。

09_0524_karasubishaku7.jpg

この、葉脈の入り方が縁取りになってるみたいで面白いです。

09_0524_karasubishaku8.jpg

良く探すと、ものすごく細い仏炎苞(ぶつえんほう)が見られました。
来年はもっと良い被写体になってくれるような仏炎苞(ぶつえんほう)が見られるといいな。

楽しみにしつつ、今年の観察は終了。
あ、実が実るまで…ここにあったら、地味な完熟ぶりを写しに来ますね。(^o^)ノ





ブログ内関連ページ:

2008/ 7/ 6付 「烏柄杓と柚香菊」
2008/ 7/27付 「メマツヨイグサなど…」



posted by はもよう at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

カラスビシャク、おもしろいですね。
こんどは、開いてみますか・・・家のを。
雑草として引き抜いてきましたから・・・。
Posted by nakamura at 2009年05月24日 21:52
nakamuraさん、こんばんは。
おっ、草むしりで引っこ抜いたカラスビシャクを分解しちゃいますか?
それはそれで楽しみだなぁ。
もしも実行できたら、是非、写真に撮ってブログでご披露くださいね。(^^*)
Posted by はもよう at 2009年05月26日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。