2009年05月21日

トウバナなど

今日は暑かったですねぇ。今日は息子が修学旅行から帰ってくる日。布団も干したし、
シーツやタオルケットも洗ったし ♪ 夏のような風とお日様で、何を洗っても良く乾きました。
よしよし。その後は、お気に入りの観察スポット「隣町の公園」へ。またまた写真をいっぱい撮りました。
夕方、息子が元気よく帰ってきました。楽しかったようでご機嫌でした。(^-^)
インフルエンザは持ち帰っていないことを祈りつつ、旅行先で着たものは全部洗濯しました。
息子は明日からすぐに授業。娘の方は中間テスト。忙しいわ。

記事の方は「隣町の公園」と裏の「北向きの斜面」で見かけた初夏の花。

09_0520_toubana1.jpg

最初の一枚は シソ科トウバナ属のトウバナ。

記事を打ち込んでいるうちに日付をまたいじゃいました。5/20…のつもりです。





これは先週の写真。今日行ってみたら、もう、お花が終わってました。
「北向きの斜面」の顔なじみ。小さいお花です。精一杯近づいて写すと…

09_0520_toubana2.jpg

なかなか可愛いんですけどね。(^m^) シソ科のはなって、ガク(萼)のとこが好きですね。



それから…アザミ似のこんなお花も咲いてました。

09_0520_kitune_azami.jpg

トゲがひとつもない やさしいアザミ似のお花。キク科キツネアザミ属の2年草、キツネアザミ。
すんなり せいたかのっぽ。
このお花はね、綿毛が素敵なんですよ。意外に街中の道ばたでも咲いてます。

2007/ 6/16付 「ニガナの綿毛」



公園の中には、去年さんざん眺めたイチヤクソウがつぼみを膨らませていました。

09_0520_itiyakuso.jpg

野草っぽい野草です。

2009/ 3/11付 「ヒメカンスゲなど…」 冬越し中の葉
2008/ 6/19付 「イチヤクソウ」

今年も咲いて欲しいんです。公園を利用する皆さん、是非是非、ふんづけないでくださいね。



それから、斜面のてっぺんには、最近数を殖やしている外来種、マツバウンランのお花も咲いてました。

09_0520_matuba_unran1.jpg

ゴマノハグサ科ウンラン属、北アメリカ原産の比較的新しい帰化植物。
細い茎の先で、薄紫のお花が風に揺れていました。

マツバ…とは、茎の途中のこの葉っぱ。

09_0520_matuba_unran2.jpg

でも、根状葉の代わりに開くのがこの葉っぱ。

09_0520_matuba_unran3.jpg

同じ植物のものとは思えぬこの葉っぱ。…いやぁ、植物って不思議なものですねぇ。




…で、今、楽しみにしているのが、「北向きの斜面」の現れたこの6枚ほど輪生している
葉っぱの草。

09_0520_turiganeninjin.jpg

何だか、周りの草とは 違う雰囲気漂うこの草が…
ツリガネニンジンとかだったらうれしいなぁ…。




まだまだ、写真はいっぱいあるんですよ。お花の時期を逃さぬように精一杯急いで
記事にしますね。(^〜^)







ブログ内関連ページ:

2007/ 5/13付 「ハナイバナとトウバナ」

2009/ 3/11付 「ヒメカンスゲなど…」 冬越し中の葉
2008/ 6/19付 「イチヤクソウ」

2007/ 6/16付 「ニガナの綿毛」

2008/ 5/13付 「マツバウンラン」
2008/ 5/14付 「マツバウンランとツタバウンラン」

2008/10/24付 「隣の町で咲く蕗の花」




posted by はもよう at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。