2009年01月27日

枝の先のいろいろ

昨日は記事を書いていたのですが、時間切れになってしまいました。
今日は少し雲が多かったけれど、まあまあの晴れ。でも、日が陰ると急に寒くなりました。
風はないので穏やかかなと思ったら結構寒いんですよね。

今日の写真 1枚目はハコネウツギの実。 お花みたいな形でしょ。

09_0127_hakone_u1.jpg

今の季節、公園の枝先に付いている いろんな形のものを見比べてみましょうか。
どんな形があるのかな?





枯れ色だから見過ごしちゃうかもしれませんが、面白い形でしょ。(^^*)

09_0127_hakone_u2.jpg

お花が咲いているときにも有っためしべが にゅっと飛び出しています。
タネには翼が付いているらしいんだけれど、なかなか見られません。
タネ…出来にくいのか、こぼれちゃうのか、気がつくと空っぽです。



これは、庭木や街の並木でもおなじみのハナミズキ。
枝の先にはこんなに いろんな形のものが付いています。

09_0127_hanamizki1.jpg

ひときわ大きいのがお花の芽。赤い軸の小さめのは 実が落ちた後です。
あれにぎっしり 赤い実が付いていたんですよ。

↓ こっちの とがって小さいのが 葉っぱの芽。

09_0127_hanamizki2.jpg

芽の両側は葉の落ちたあと、葉痕です。

で、こっちは花の芽を下から見てみたところ。
なんとなく、和菓子を連想しちゃいました。(^〜、^)美味しそう。

09_0127_hanamizki3.jpg

ハナミズキのお花が咲く頃には暖かくなって爽やかなお天気が続きますねぇ。
待ち遠しいなぁ。




最後は白いお花の穂が素敵だった リョウブ。

09_0127_ryobu1.jpg

これは実の殻と冬芽です。

下の方で左斜め上に しゅっと伸びてる小さいのが 冬芽。

09_0127_ryobu2.jpg

こんな風に、寒いさなかだって言うのに今にも 一番上の皮が取れちゃいそうです。
寒くないのかな?
でもこの、ちっちゃい矢印みたいな冬芽を見るとほっとします。

大きい方は お花の穂のなれの果て。(^^;)ちっちゃな実がいっぱい並んでいたんですね。

09_0127_ryobu3.jpg

やっぱり、しゅっと伸びためしべのあとが目立ちますね。
この実から細かいタネをこぼした…はずです。見つかりませんでしたが…。


いかがでしょう。枯れ木ばかりで見るものなんか無いと そうおっしゃらずに、
ちょっと足を止めて見上げみてください。
冬の枝の先にも、結構いろんな形のものが付いているんですよ。

何か珍しいものが見られるかも しれませんよ ♪ (^^*)





ブログ内関連ページ:

2008/ 5/29付 「ハコネウツギとオウチ」
2007/ 1/29付 「ハコネウツギとキブシ」
2006/ 5/26付 「ハコネウツギの花」
2008/ 6/29付 「リョウブの花」



posted by はもよう at 22:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハコネウツギ…、へぇ、これはちょっと週末に見てきましょう。
Posted by ディック at 2009年01月27日 23:05
和菓子ってなに?
Posted by BlogPetのコロン at 2009年01月28日 16:14
ディックさん、こんばんは。
ハコネウツギの実、結構面白い形でしょ。
週末には是非、実物を見てくださいね。

あ、でも、土曜日は雨の予報でしたね。
日曜日に見られると良いですね。(^▽^)ノ
Posted by はもよう at 2009年01月29日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。