2008年11月14日

冬の鳥さんシーズン

昨日からよく晴れまして、昨日も今日もお洗濯と布団干しに快適な陽気です。
洗濯物を干していると汗ばんじゃうような日差しです。ああ、お日様って有り難い。
そんなこんなに、臨時のお休みに娘の誕生日祝いなど、いろいろあって
てんてこ舞いです。(^^*)

お日様を浴びた葉っぱの写真など、ご紹介したい物は数々ありますが、今回は、
公園のお池に来ている野鳥の姿など見ていただきましょう。(^^)

08_1114_kamo1.jpg

毎年来ているのは オナガガモの群れ。これで公園の池もにぎやかになります。



前にも記事にしていますが、いつもおさんぽしている公園の池には、いつもは
カルガモと、カルガモにもマガモにも似ている 雑種?のカモが 住んでいるのですが、

冬になるとオナガガモの群れがやってきて、にぎやかになります。

2007/ 2/ 8付 「池の鴨たち」
2007/ 2/ 9付 「池に来ている他の鴨」


オナガガモの群れ ↑ に 私が気づいたのは10月の終わり頃でした。
もう少し前から来ていたとは思いますが、まだ羽の色も中途半端で、到着したばかりって
言う感じがしてました。


同じ日の、いつものメンバー(カルガモなど)が居る岸です。
こちらには ↓ マガモが数羽 到着していました。

08_1114_kamo2.jpg

マガモはカルガモのそばが好きなんですよね。結構、一緒にいます。
だから、どっちにも似た鴨が 出来ちゃったりするんでしょうけれど。(^^A)


過去記事で説明してますが、一応、簡単におさらいしておきましょう。

これが、マガモのオス。結婚のための正装をしています。

08_1114_kamo3.jpg

グリーンメタリックな頭と首、真っ黄色なくちばし、白い首輪、茶色の胸、オレンジの足。
デコイでおなじみのお姿です。

マガモ奥さんはこんな風。

08_1114_kamo4.jpg

地味ですねぇ。(^^*)
マガモ奥さんの見わけポイントはオレンジルージュですよ。
くちばしが黒っぽくて、オレンジ色が口紅を塗ったように付いているんです。


カルガモはこんな風。

08_1114_kamo5.jpg

オス、メス、私には 区別 付かないんですけれど、この子はオスでした。
(いやぁ、目の前で交尾しちゃってね。(^^;))


こちらはオナガガモ。↓ フォーマルスーツを着て居るみたいな おしゃれさん。
ピンと伸びたしっぽが特徴の こちらがオスです。

08_1114_kamo6.jpg


オナガガモ奥さんは ↓ 更に地味。

08_1114_kamo7.jpg

ダーリンとおそろいの黒いくちばし、くちばしのグレーのポイント、黒い足…が
全然見えませんけど…オナガガモです。(^^;)一回り小さいです。


北の方から飛んできた直後は、みんな同じように地味な羽色をして居るんですよ。
越冬地に到着して落ち着くと羽が抜け替わって、オスはプロポーズをするのに
ふさわしい正装になるんです。


11/12には、珍しいお客さんが来ていました。

08_1114_kawau1.jpg

カワウです。写真には2羽しか写っていませんが、この日は3羽、来ていました。

最近、分布が広がると共に 環境破壊や漁業被害などの問題が出ちゃっているカワウ。
我が街を流れる大きな川にも住んでいます。


財団法人 日本野鳥の会 HP内
HOME>当会の活動>自然保護>野鳥と人とのあつれきの解消
カワウ〜カワウとの共存をめざして〜


黒い体で、飛んでいたり木の枝に止まっていると、カラスと間違えちゃうそうな大きさです。
でも、確実に違うのは水に入ること。

08_1114_kawau2.jpg

この日は、スイレンの葉っぱの間や周りでス〜イスイ。
ただ真っ黒なだけかと思ったら、ほっぺのあたりは白いんですね。

池を泳ぎ回って、しきりにえさを採っていました。
今度は枯れかけのフトイの前をスーイスイ。

08_1114_kawau3.jpg

カワウは鴨とは違って、積極的に水に潜りたいタイプ。
ですから 羽は水をはじかないので、急ぐと体が半分 水に潜っちゃいます。
水面にプカプカ浮いている鴨たちとは ちょっと違います。



この日はこのあとすぐから 雨になっちゃった、どんより曇り続き5日間の最終日、
お天気があんまりよくない日の方が池の鳥さん達は種類が多いんですよね。
曇っていた方が活動しやすいのかしら?それとも人影が少ないから? 
カワウ以外にもお客さんが来てましたよ。

もう一羽のお客様はアオサギちゃん。

08_1114_aosagi1.jpg

日本に住んでるサギの中で一番の大柄さんは迫力も満点。
アオサギと言っても灰色でしょ。(^^;)wikiによるとアオは灰色をさす古語だそうですよ。

3羽のカワウたちは池の中をせわしなく動き回っては 潜って お魚を捕っていましたが、
アオサギちゃんは泰然自若。じっと待って…じっと待って…ときおり、ちょこちょいって
足元をつついて何かを食べたような…

08_1114_aosagi2.jpg

アオサギちゃんの あっち向いたりこっち向いたりした、貴重な写真も見てください。 

畔の 色付く木々の葉が 写り込んだ池で静かにたたずむアオサギちゃん。

08_1114_aosagi3.jpg

おなかいっぱいになった?



それから、このごろ、池の畔に不自然に枝がたたって居るなぁと思っていたのですが、
今回、誰の仕業か 解りました。
この前ご紹介したように、この池には時々 カワセミが飛んでくるんですよ。
私のように「魚捕り禁止」の立て札に止まっても 構わず写真に撮っちゃったりせずに
自然な感じで 枝にとまった姿を撮りたかった おじさま方を見かけちゃいました。

そっか…、それで、あっちこっちに枝が立っていたのねえ。
で、良い写真は撮れたのかな?(’’?)
おっきいカメラに三脚に…場所取るのも、水辺に枝立てるのも良いけど、
鳥さん、虫さん達が迷惑しない方法をとってくださいね。(-人-)お願いです。





ブログ内関連ページ:

2007/ 2/ 8付 「池の鴨たち」
2007/ 2/ 9付 「池に来ている他の鴨」




posted by はもよう at 23:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
鳥さん、たくさん集まってきているのですね。
はもようさん、鳥さんにもくわしいのですかぁ〜
すごいですね。
でも、植物に比べて、鳥さんの解説は
すっと頭に入ってくるんですよ。
わたし、やっぱり植物はニガテなんだということが、
よくわかりました。
きれいな色の落ち葉が山のようにある中を
歩きながら、
いろんな葉が区別できればいいなと
最近痛切におもっているブリでした・・

Posted by ブリ at 2008年11月15日 09:28
ブリさん、こんばんは。
え!?私、鳥さんには詳しくないデスよぉ。(><)

でも以前、鳥撮りさんに伺ったところ、鳥は種類が少ないから
覚えやすいって言われました。

確かに、虫の図鑑も植物の図鑑も、巻末の索引は何ページにも渡るのに、
鳥の図鑑の索引は1ページだけでした。

葉っぱ一枚で、何の木かわかるようになれたらいいでしょうねぇ…。(゛、゛ )
落ち葉の道を歩きながら、私もそんなことを思います。

がんばれ、私。(^^A)ご一緒にがんばりましょう。(^▽^)ノ
Posted by はもよう at 2008年11月16日 00:05
はもようさん、おはようございます〜♪
きょうはこちらは雨です。
さて、鳥さんの記事、(過去記事)も大変興味深く読ませていただきました。
植物撮ってると、私は蝶や虫、鳥も気になっちゃうほうですね^^;
はもようさんの記事がとってもわかりやすいので図鑑より頼ってしまっています・・えへへ(^^ゞ)
これからも楽しみにしてま〜す。
Posted by winc at 2008年11月16日 08:33
男はもっとおしゃれしなくてはいけないな、と思いました(笑)
Posted by ディック at 2008年11月16日 20:29
wincさん、こんばんは。
うちの方も朝は雨でした。(^o^)

はい、植物を撮っていると、虫も鳥も気になっちゃいます。
いろんな図鑑を調べたり、web検索したりして、
楽しんでいます。(^^*)

はい、わたしの記事は、
物覚えと物わかりの悪い(^^A)わたし用の覚え書きですので、
他の方が見ても わかりやすいかも しれません。
お役に立てば幸いです…けど、こんなのをあてにして良いものかどうか…(^^;)

引き続き、精進いたします。(^^)ゞ
Posted by はもよう at 2008年11月17日 00:18
ディックさん、(^▽^)ノ
私の想像の中では、
ディックさんはとっても素敵なおじさま ♪ ということになっています。

是非、夢を壊さないよう、常におしゃれでいてください。(^v−)☆ ねっ!
Posted by はもよう at 2008年11月17日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。