2008年11月07日

ヒイラギ開花

夕べは雨が降ったんですよね。でも結構、天候の回復が早くて、お昼頃には良いお天気になり、
気温も急上昇しちゃいました。今日は洗濯物が多かったから、助かりました(^^*)
明日も雨…と言う予報でしたが、崩れは小さくて済みそうです。
でも、気温はぐっと下がるんですって。紅葉、進んじゃうかも ♪

公園を歩いていて、ふと、良い香りに足を止めました。目を上げると、ヒイラギの白い花が咲いていました。

08_1107_hiiragi1.jpg

清楚な白い花、爽やかな香り。邪気を寄せ付けない木、ヒイラギですよ。


ヒイラギはモクセイ科モクセイ属、山地に生え、高さ4〜8mになる常緑小高木です。

葉っぱの周りにトゲがあり、このトゲに触れるとひりひりすると言うことから、
ひりひりすると言う意味の「ひいらぐ」から、ヒイラギという名前になったそうです。

この木を植えると邪気の侵入を防ぐと考えられていたので、家の鬼門に植えられたり、
節分の日に イワシの頭と一緒に門口に飾られたりするのでも おなじみの木です。

08_1107_hiiragi2.jpg

でも、クリスマスのお飾りにする「西洋のヒイラギ」とは、他人のそら似の関係。

ウスギモクセイ、キンモクセイ、ヒイラギモクセイとつないできた モクセイリレーの
最終走者です。(^^*)

いつもおさんぽしている公園のこの木は、ブログでも取り上げているのですが、
葉っぱがトゲトゲしていないんですよ。
それから木が、とっても大きいんです。生け垣サイズじゃなくて、大木です。

08_1107_hiiragi3.jpg

去年は園芸種に「マルバヒイラギ」って言うのがあるから、その木なのかな?と思ったんですけれど、
今年は、ヒイラギの老木かなって思い直しています。

2007/11/11付 「マルバヒイラギ」

今年は、咲くのが早いかな。おしべがもう茶色くなっています。

08_1107_hiiragi4.jpg

でも、葉っぱが傷んでいたわりには、お花は例年どおりにたくさん咲きました。
キンモクセイよりも軽い、爽やかな香りです。写真じゃ、お届けできないのが残念です。



挿し木で作った園芸種なのかな、老木になったから、葉っぱが丸くなったのかな?
今年もまた検索してみましたが、どちらなのか判断する材料は見つかりませんでした。

その件は置いといて、図鑑の書いてあった他のことも調べてみようと思います。
まずは、「雌雄異株」で雄花ばかりのオスの株と、両性花の付くメスの株があるそうです。

すると…2005年に撮った 近所の垣根のトゲトゲの木に咲いていたのは…雄花で

08_1107_hiiragi5.jpg

いつもおさんぽしている公園にある大木は 両性花の咲くメスの木なんだ ♪

08_1107_hiiragi6.jpg

ね、2つの写真を比べてみると、めしべの発達具合が違うでしょ。ん…、見えにくいかな(^^;)



クリスマスに飾る西洋ヒイラギとの大きな違いは、実です。

08_1107_hiiragi7.jpg

ヒイラギの実は、夏に黒っぽく実ります。オリーブなんかとは、近い種類ですので、
実のイメージもそっち系。
クリスマスソングよりは、湯気の立ったピザを思い出すような見た目です。



クリスマス飾りの西洋ヒイラギは、赤い実がチャーミングな モチノキ科の植物です。
園芸店では、アメリカン・ホリーとチャイニーズ・ホリーをよく見かけます。
日本古来のヒイラギはやっぱり、日本の行事、節分の時に思い出してくださいませ。(^^*)





ブログ内関連ページ:

2008/ 5/25付 「あの木のその後、覚え書き」 ヒイラギの実と若葉
2007/11/11付 「マルバヒイラギ」 ?老木のヒイラギかも
2005/11/15付 「ヒイラギの花」


モクセイ リレー
2008/10/21付 「ヒイラギモクセイの花」
2008/10/14付 「金木犀とお茶の花」
2008/10/ 5付 「公園の秋の花」 キンモクセイ
2008/10/ 2付 「色づき始めた木々の葉」 ウスギモクセイ


2008/ 6/16付 「ムラサキシキブの実など…」 ウスギモクセイの実

2007/10/18付 「金木犀の散る頃」
2007/10/ 5付 「キンとウスギのモクセイの花」
2007/10/17付 「ヒイラギモクセイの花」



posted by はもよう at 22:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうの散策で甘い芳香にむせかえって、ヒイラギの白い花が満開なことに気づきました。
「モクセイリレーの最終走者」かと思うと、秋たけなわ、と実感します。
Posted by ひろし at 2008年11月08日 18:48
こんばんは
ヒイラギの咲く季節なんですね。
今年もヒイラギモクセイの花に出会うことができませんでした。
せめてヒイラギの花は、出会いたいと思います。
Posted by YAKUMA at 2008年11月08日 21:27
ひろしさん、こんばんは。
あ、やっぱり香りで気がつきましたか。良い香りですよね。

うちの方ではあと、銀モクセイが見つかればコンプリートなんですけどねぇ。
「モクセイ・リレー」

秋…たけなわですねぇ。(*▽*)〜♪
Posted by はもよう at 2008年11月08日 22:40
YAKUMAさん、こんばんは。
はい、ヒイラギが咲いてました。
良い匂いで 解ると思います。お鼻をくんくんさせてお散歩してください。

会えると良いですね。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年11月08日 22:47
根岸森林公園にある大きな木はたぶんアメリカン・ホーリーだと思うのです。ヒイラギナンテンはよく知っています。先日ヒイラギモクセイの花を昭和記念公園で見ました。
さて、馬の博物館の垣根は何なのか、これがわからない。花がいつ咲くかと注意して見ているのですが、一度も気がついたことがありません。
本家のヒイラギも、一度自分の目で確認したいのですが…。
Posted by ディック at 2008年11月09日 19:27
ディックさん、こんばんは。
えぇっ?!アメリカン・ホリーの大きいのですか?
へぇ、有るんだ、根岸公園に。
私、園芸店の小さい株しか見たこと無いですよ。
赤い実がいっぱい付いたら壮観でしょうね。(*^^*)

垣根にする木はお花の目立たない木が多いですよね。
うちの方は…あと垣根によく見るのはイヌツゲとボックスウッドですね。
寒椿やサザンカもあるけど…それならお花は目立つし…。
さて、何の木でしょうね。名前が解る日が楽しみです。(^^*)

ヒイラギは…鬼門方向で探してみてください。(^v^)
Posted by はもよう at 2008年11月11日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。