2008年11月04日

木の実 訪ねて…

今日もまずまずの好天だったのですが、気温が上がらなくて、ときおり冷たい風も吹いて…。
秋が深まったな…って しみじみ実感しますね。

この間の 10/31に自転車こいでお気に入りの観察スポット「隣町の公園と裏の北向きの斜面」を
見に行ったんですが…、本当に、めぼしいものがなんにも無くって、がっかりしながら
帰ってきたんですよ。見つけたものも、もう、何度も記事に取り上げたものばかり…。

でもね まぁ、いいっか…(^^;)のんびりお散歩するように 写真を眺めてって下さいねぇ。

08_1104_sakura.jpg

公園の入り口は桜並木。今年の秋は台風が少なくて、葉っぱが吹きちぎられていないから、
今年の桜の紅葉はとっても綺麗になりそうだと、TVの気象予報士さんが話してました。




やっぱりね、来たら見なくちゃいけないのはどんぐり。(^^*)
いつもおさんぽしている近所の公園にもどんぐりの木はたくさんありますが、
隣町の公園の木は、古さが違うんですよ。太さも倍以上、大人一人では抱えきれない木が
たくさん立っています。大きな木には大きなどんぐり。

08_1104_konara1.jpg

この日は、コナラのどんぐりが目立ちました。

みんな良く太ってます。(^^*)

08_1104_konara2.jpg

一昨年が、記録的な不作の年で、去年は枝が折れそうなほど実って、で、今年は
順調に、多すぎず少なすぎず、良く太って美味しそうに実ってます。

立派などんぐりだなぁ。拾い集めて葉っぱの上で背比べ。
どんぐりの背比べは、悪口の時に使うたとえですが、こんな風に並べたら、
悪口には思えません。(^^+)

08_1104_konara3.jpg

どんぐりって、結構、木によって個性があるんですよ。
太いの細いの、長いの短いの。どの実も、次の世代の命でいっぱいに満ちています。
ぱんぱんに太って、ぴかぴかに光ってます。
この中から、大木になれるどんぐりは出てこないかもしれないけれど、がんばれ。

もう、落ちちゃったのかな?枝にクヌギどんぐりは見あたりませんでした。
いくつも見なかったけれど、みんな土の上でした。来るの遅かったのかな?

08_1104_konara4.jpg

ごめんね。土の上のを撮っていくね。(^^*)
まるまる太ったクヌギどんぐり。こちらは2年かけて実るどんぐりなので、
今回が、大凶作の年の翌年に受粉した分なんだけど…、コナラみたいに
枝が折れそうなほどは…実らなかったなぁ。(^^A)    なんでだろ。



赤いのは、モチノキ科のアオハダの実。初夏に地味な花が咲いて、メスの木にだけ夏のうちに
赤い実がどっさり実って、地面にこぼしたり、鳥さんのおなかに入ったりしつつ…。
まだ残ってます。

08_1104_aohada1.jpg

庭木として有名なウメモドキに近い種類ですが、アオハダはお庭に入りきらないくらい
大きくなるので、公園で元気にそびえています。可愛くて良い木ですよ。

08_1104_aohada2.jpg

もうすぐ葉っぱが黄色くなって散っていきます。アオハダは、雌雄異株の落葉高木です。



こちらの赤い実は、クロガネモチ。

08_1104_kurogane_m.jpg

こちらも、モチノキ科で雌雄異株で…でも、常緑の…赤い実のなる木です。
クリスマスカラーね ♪ って…クリスマスに飾るヒイラギも、本当はアメリカン・ホリーや
チャイニーズ・ホリーというモチノキ科の植物なんですよね。

節分に鰯の頭を刺して玄関に飾るほうのヒイラギには、夏に黒っぽい実がなるんですよ。



そういえば、街中にクリスマスの飾りが増えましたね。気温もだんだん下がってきたし、
年の瀬に向かって…加速が付いちゃいそうな今日この頃。
元気よく頑張れるように、いろいろ気をつけなくっちゃ。(^^)v





サイト内関連ページ:

HP>おなじみの木>山の木>コナラについて


ブログ内関連ページ:

2008/ 9/ 9付 「隣町の公園へ その4」
2008/ 8/ 1付 「夏のどんぐり」
2008/ 2/29付 「どんぐり 色々」
2007/11/30付 「コナラの紅葉」
2007/ 9/30付 「木の実 準備中(9月の2)」
2007/ 7/30付 「7月のコナラどんぐり」
2007/ 6/ 4付 「今年のどんぐりの出来」

2007/ 8/ 9付 「アオハダの実」
2007/ 5/29付 「アオハダのおばな」
2006/ 5/29付 「アオハダの花」

2008/ 6/ 7付 「クロガネモチの花」

2008/ 6/10付 「イヌツゲの花、モチノキの花」



posted by はもよう at 19:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
並んでいるのはコナラのドングリだけでしょうか。ずいぶん細長いのがあって、それだけ取り出したらコナラとはわからない感じですね。
クロガネモチが赤くなりましたね。昨年根岸森林公園のクロガネモチをずっと観察していたら、長持ちしてずっと楽しませてくれるようで…。
Posted by ディック at 2008年11月04日 20:19
ディックさん、こんばんは。
はい、並んでいるのはみんな コナラのどんぐりです。
結構 個性豊かでしょ。(^^*)

クロガネモチの赤い実、目立ちはじめましたね。
特徴がつかめなくて、長く名前のわからなかった木ですが、
覚えてからは毎回 下を通るたびに眺めています。

実は…結構いつまでも枝に残っていますよね。
…あんまり美味しくないのかな?
それとも、長持ちするのを知っていて、あとで食べようと思っているのかしら(’’?)
Posted by はもよう at 2008年11月06日 00:07
昨年、根岸森林公園の駐車場で赤く実っているのがクロガネモチなんだ、と気づいたのです。記憶がいまひとつはっきりしませんか、秋から12月一杯まで悩んでいたような…。そのあいだ、あまり変わりませんでした。
Posted by ディック at 2008年11月06日 20:12
ディックさん、秋から12月まで悩んじゃったんですか?
まあ、そのくらい、とらえどころが解らない木ですよね。(^^;)

私も今年は、どこまで赤い実が残るのか見届けてみたいです。(^v^)
Posted by はもよう at 2008年11月06日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。