2008年09月27日

ゲンノショウコの赤花

今日は良いお天気でしたが、風が冷たくて、日がさすと暑くて、雲が出ると寒くて…
忙しい一日でした。でも、息子の学校の体育祭は無事に行われれました。
息子達のクラスは学年一位だったそうです。良かったね。(^^*)

今日の記事の方は…いつもおさんぽしている公園のゲンノショウコ。
名前を覚えて見守ること数年。毎年、お花に会える場所が変わるなぁ…と思いながら。
ゲンノショウコについて気づいたこと、赤い花と白い花の勢力分布のこと…。
少し書き留めておきますね。

08_0927_gen_shoko1.jpg

たとえばここは、最初に出会った場所。
ヒマラヤスギの木の陰で、春や秋の斜めの日差しはあたるけれど、夏の直射日光だけは 
うまい具合によけられる 絶妙な場所…。良いとこ見つけたなぁと感心したものです。





でも、一昨年、この場所にウッドチップが大量にまかれて、ほとんどの株が埋もれてしまいました。

公園の管理を委託される会社が変わったそうで、その会社の人は、遊歩道の舗装代わりや
流失した土の補いなどに、園内の木を剪定した後の枝葉を細かく裁断してまくことにしたんです。

まぁ、いろんなきのこが出て面白いし、やがては土に還るのだから良いようなものの、
でも、せっかくのゲンノショウコの群生地をつぶすことはないだろうよと不満に思ったものでした。

去年は、この場所で咲くゲンノショウコはわずかでした。でも、まぁ、他の場所では見られたし、
いずれどこかのタネでも採ってきて 勝手に蒔いちゃおうかな?なんてことも思ってました。

でも、強いですね。今年はちゃんとお花が咲きました。

08_0927_gen_shoko2.jpg

かつてのにぎやかさには及びませんが、精一杯咲いています、茎を伸ばして。
ここのお花たちだけは、ゲンノショウコなの?と首をかしげたくなるほど背高のっぽです。

08_0927_gen_shoko3.jpg

今は、この隣の、2番目に見つけた群生地の方が数が減って寂しくなっています。
でも、もう、あんまり心配しないことにしました。

今年は公園の入り口近くでも、たくさん群生しているのを見つけたし…
なかなか、丈夫でしたたかなのが解りました。



そういえば…と思いだしたのは、赤花のゲンノショウコのこと。2005年の記事の記事には、
公園の山野草の花壇に赤いお花のゲンノショウコが植えられたことが書いてあります。

2005/9/14付 「ゲンノショウコ」

赤いお花のゲンノショウコは株もお花も大きくて、草刈りに会うこともなく花壇の中で、
たくさんのタネを作って四方に飛ばしていました。

翌年、花壇の周りの芝生にはあっという間に赤いお花のゲンノショウコが咲くようになり、
草刈りにあって、復活に時間のかかる白花を尻目に、さっさと復活し、
芝生の海から首をもたげて花を咲かせ、タネを飛ばしているのを見るに付け、
このまま白い花が見られなくなったら困るなぁ…なんて思っていました。
それが2006年のこと。

2007年には、去年は隆盛を誇った赤花が数を減らしいることに気づいて記事にしています。

2007/ 9/14付 「公園のゲンノショウコ」

08_0927_gen_shoko4.jpg

で、2008年の今年なんですが、本当に、減りました。最初に植えられた山野草の花壇に細々と
いっぱい飛び散っていた場所にはもう見あたらず、もうひとつの山野草の花壇の前にあと少し…
という程度。白花よりも断然少ないです。やっぱり、気候か土壌があわないのかな?

08_0927_gen_shoko5.jpg

不思議ですねえ。上は最初に植えられた 山野草の花壇のお花です。
相変わらず、大きくて立派なんだけど、いっぱいに増えたのは結局ワンシーズンだけでしたね。

今後はどうなるのかな?赤花の盛り返しはあるのか?
双方の花色の中間種は出るのか? また、興味を持ちつつ、見守ってみようと思います。


ちっちゃくて弱々しいけれど、結構したたかな白花ゲンノショウコ。
地面に這いつくばっていたかと思うと、他の草が生えているところでは一緒に背伸びも出来ちゃう
器用な草。

08_0927_gen_shoko6.jpg

これからも、いつもおさんぽしている公園で、元気に咲いてて欲しいです。

08_0927_gen_shoko7.jpg

たくさん出来てきたタネが、おみこしになるまで見守ってよおっと。







2008/ 9/10付 「秋さがし…」
2007/10/ 8付 「公園の野草(10月)」
2007/ 9/14付 「公園のゲンノショウコ」
2006/ 8/24付 「近所の道ばた」
2005/ 9/14付 「ゲンノショウコ」


2008/ 9/24付 「ゲンノショウコ 開花」
2008/ 2/20付 「我が家の小さな春」
2007/ 3/ 5付 「鉢の中の芽」
2006/10/ 5付 「鉢植えのゲンノショウコ」
2006/ 9/17付 「運動会が終わって」
2006/ 9/15付 「明日は運動会」
2006/ 4/12付 「我が家の鉢植えたちの今…。」
2005/12/27付 「双葉ちゃん達」


posted by はもよう at 21:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
こちらではゲンノショウコはほとんどが
赤というか濃いピンクかな。
この季節、どこにでも見られます。
場所によって、大小、濃淡があって面白いです。
シロバナも何箇所かで咲いています。
はもようさんがおっしゃるように、
土にしがみつくように咲いているのもありますし、
少し背の高いのもあるようです。
毎年3〜5箇所ぐらいでみかけますが、
それ以上は増えていないような気がします。
気温ではないんですよね。
いったいなにですみ分けているのか、
不思議ですね。(”;)
Posted by ブリ at 2008年09月28日 08:57
ゲンノショウコは白花も赤花も見かけるんですが
両者がいっしょに混ざって咲いているのは見たことがありません。
白花が咲いているところは白花ばかり、赤花は赤花ばかり。
それぞれ好む環境がやっぱ違うのかな?
Posted by zei at 2008年09月28日 17:24
ブリさん、こんばんは。
あ、そちらではアカバナが優勢ですか?西の方ですものね。(^^*)

そうそう、お花も大きかったり小さかったり、背高いのもあるし、
色も濃かったり薄かったり…結構、個体差がありますよね。

最初、気温かな…と思ったんですけれど…違いそうですねぇ。
何を条件に棲み分けして居るんでしょうね。ほんと、不思議です。(^O^)
Posted by はもよう at 2008年09月28日 21:55
zeiさん、こんばんは。
あら?そちらでは、白花も赤花も見かけるんですね。
で、混ざって咲いているところはないんだ。へぇ〜。

うちの近所の公園では、花壇に蒔いちゃったせいか、
一時期は赤白共存していました。

私、最初、赤花の方が気温高めが好きなのかな?なんて仮説を立てたのですが、
なんか、ぜんぜん関係無さそうです。(^^;)
誰か、調べてくれたらいいのにな。(^▽^)
Posted by はもよう at 2008年09月28日 22:19
ああ、これこれ赤花のゲンノショウコ。わが家の花壇の外側で満開です。小さいけれど色が濃く、とても目立ちます。
こうなると、白花のほうをみたいですね。
Posted by ディック at 2008年09月29日 20:26
ディックさん、こんばんは。
あ、はい、赤花の方が見栄えがするせいか、花壇に植えてもらえたりしますが…
外側と言うことは…(’’?)

私は、白花が好きなんですよ。(^^*)
どこかで見られると良いですね。
Posted by はもよう at 2008年09月29日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。