2005年12月11日

新宿御苑のフウ

ああ、もう11日。12月って、日が過ぎるのが 早いですねぇ。
じつは、先週の金曜日、新宿に行ったんです。
年に一度の健康診断。
この間、コレステロール値が高めだって指摘されて、ドキドキしながら受けたんですが、
ぐっと下がってました。(^^)v
これも、公園をいっぱいお散歩した成果です。ちょっと、ホッとしました。

さて、その帰りに、新宿御苑に行って来ました。
子ども達の下校時間に間に合わせるためには、2時間ほどの自由時間しかとれないのですが、
ちょっと無理しましたが、見に行っただけの収穫がありました。


まずは、フウの木。
d_top_051211_fuu01.jpg







お目当ては別の木だったんですが、でもここで、モミジバフウの説明の時に
引き合いに出した フウが見られたのも収穫のひとつ。




ものすごく有名な プラタナスの並木道の脇に、大きなフウの木があるんですね。
紅葉シーズンですが、モミジバフウのように赤っぽくはなっていませんでした。
だいたい黄緑色、時々黄色…と言うくらいの色づき加減でした。
でも、葉っぱはみんな、3つに分かれる形。
モミジバフウほど、大きくなる葉は見あたりません。
葉の質も、少し薄めで、柔らかい感じ。

葉の間から、時々、トゲトゲした実がのぞきます。
とっても高いところにしか実っていないうえに、風があって、なかなか写真に撮れません。

ならばと、足下の落ち葉の上をくまなく探してみると…、トゲトゲした実が落ちていました。(らっきー!)
まずは記念撮影っと。

05_1211_fuu02.jpg

モミジバフウの実と、大きさはあまり変わりませんが、
フウの実は トゲトゲした部分が、ずっと細くて 繊細な感じです。
壊さないように、お昼に食べたおにぎりのパックにしまって、そぉっと持ち帰りました。



家に持ち帰って、葉っぱと一緒に、写真を撮ろうとしたら、あらら…?
実からなにかがこぼれてきました。

05_1211_fuu03.jpg

種…ですよね。

05_1211_fuu04.jpg

ちっちゃ〜い。かけらみたいだけど、これで一粒なのかしら?
そうなると、モミジバフウの種とはずいぶん印象が違います。
モミジバフウの種は、つばさが付いた黒っぽい種でしたものね。




同じマンサク科で、名前に同じ「フウ」が付くのに…。
実の形は似てるのに、葉と、種はずいぶん違うんですね。
面白いなと思いました。
今度は花の咲く時期に 会いに行かなくちゃいけません。

ただでも覚えきれない来年の抱負に、また新たな一ページが…(^^;)。
頑張れ、自分。


posted by はもよう at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
樹木、若葉マークの私としては、なかなか見分けが難しいなかまですね。
モミジバ…だけでもフウとスズカケノキがあるんだもんなぁ…(笑)
私が先週末、山の公園で撮ったものは、たぶんモミジバフウかなぁ…なんて思いながら見ていました。
でも、まだ青葉と黄葉だけだったので…ちょっと不安だったりします(笑)

短い時間の散策、忙しかったですね。
でも料理は少ない方がおいしく感じる???
いずれにしても楽しい時間ですよね♪
Posted by moto at 2005年12月12日 21:48
こんばんは、motoさん。

公園樹なら、モミジバフウの可能性が高いですね。
フウは育てにくいのかな?あまり植えられていません。

短くて慌ただしかったですが、見たいものをピンポイントで見てこられるのも、
公園の魅力のうちと割り切って、急いで眺めて、急いで帰ってきました。

motoさんは、収穫の多い散策だったのでしょうか。
また、そちらにも伺いますね。
Posted by はもよう at 2005年12月12日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。