2008年08月19日

河原の草花

日本列島の上に前線が横たわっています。
今年何度か降った豪雨がまた、降るかもしれないお天気だそうです。
少し涼しくなって、過ごしやすいのは良いのですが、今年の雨は乱暴すぎます。
どうかどちら様もご注意下さいませ。

さて、写真の方はお天気に恵まれたキャンプの写真から…。
二日目の朝、河原で見かけた草花を中心にご紹介します。

まずは元気に咲いてた オトコエシ。

08_0819_otokoesi1.jpg

青空にすくっと立ってました。こんな風に撮るとセリの仲間みたいに見えますよね。




オトコエシはオミナエシ科オミナエシ属、60cm〜1mくらいになる多年草。
秋の七草の一員で、花瓶にも飾る黄色いオミナエシ(女郎花)。
オミナエシよりも強くて丈夫そうに見えるからオトコエシ(男郎花)ですって。
ちょっと無理矢理…かな?(^m^)くすっ。

うちの近所でも見られますが、こうしてお山で見ると爽やかさ倍増です。

08_0819_otokoesi2.jpg

立ち姿は雄々しいけれど、お花はこんなに可憐です。直径4mmくらいの小花はやがて、
ひとつひとつが帽子みたいな形のタネになります。



テントを張ったところから砂利道を歩いて、オトコエシの角を回り込んだあたりで
小さな河原に出ます。

08_0819_kawara.jpg

この道中で出会った小さな生き物たちは、のちほどご紹介することにして、
まずはあたりのお花を…。

咲いていたのはゲンノショウコ。↓ おしべが立派な時期のお花と…

08_0819_gennoshoko1.jpg

おしべが散った後の、めしべが愛らしい時期のお花…↓

08_0819_gennoshoko2.jpg

ゲンノショウコ(現の証拠)は フウロソウ科フウロソウ属の多年草。

古くから庶民の間では下痢止めの薬として、効き目がすぐに現れると 有名で、
この名があるという 言ってみるならブランド品。(’’?)

西日本に多いとされる赤花と東日本に多いと言われる白花の、
表情があまりに違うのも とっても特徴的なお花です。

こちらもうちの近所にもある…どころか、鉢でふた株育てているくらい身近な花ですが、
それでも、我が家の近くでは秋の花です。まだまだつぼみも出てません。
お山だともう咲いてるのねぇ…と、しみじみ眺めて参りました。



それから、去年まで通っていた「戸隠」ですと、ヤマハハコが咲いていたところ、
ここではカワラハハコがお花を準備していました。

08_0819_kawarahahako1.jpg

銀緑色の細い葉っぱ。キク科ヤマハハコ属の 河原に生える多年草、カワラハハコ。
ヤマハハコよりぐっと細い葉っぱがチャーミングです。

08_0819_kawarahahako2.jpg

咲いたそばからドライフラワーになっちゃうような そんな乾いた感じのお花は…。
まだまだ堅いつぼみでした。
雌雄異株…だそうですが…これじゃあどっちか解りませんね。



それから…名前が解らないけど、気になるつぼみがありました。

08_0819_tubomi.jpg

ツリガネニンジンかななんて思って撮ってきたけれど、図鑑を見たら全然違うんですよ。

あちらには細いガク(萼)が付いているのに、このつぼみには無いでしょう?
でもねぇ、私、このつぼみ どっかで見たことあるんですよ。何だっけ…。

良かったら一緒に考えてくださいませんか?

1mほどある背高のっぽの茎の先の葉は ↓ こんな風に細くって…

08_0819_kukinosaki.jpg

ひょろひょろの茎の上の方には、↓ つぼみ(黄色い矢印)が下向いて付いていて、

08_0819_saki.jpg

葉っぱは間隔を開けて、2枚ずつ 向き合っていて(対生)…。

08_0819_naka.jpg

根元の葉っぱ(白い矢印)は ↓ 少し幅が広めで 数も まとまって生えていてる…

08_0819_nemoto.jpg

こんな草です。

家の近所にあるならば、何度も訪ねていってどんな花が咲くのか見てこられるんだけれど、
お山のキャンプ場に、この花 見る為だけに 戻るわけにも行かないし…。
でも、どんな花が咲いたのかな、このあと…。気になるなぁ…。(^^*)



次は、同じ河原で出会えた お気に入りの白い花をご紹介しますね。


ブログ内関連ページ:
オトコエシ
2007/ 9/30付 「これもオトコエシ?」
ゲンノショウコ
2008/ 4/14付 「つぼみ 続々」 うちの鉢植え
2007/ 9/14付 「公園のゲンノショウコ」
2005/ 9/14付 「ゲンノショウコ」 基本情報
ヤマハハコ
2007/ 8/27付 「シキンカラマツなど…」 ヤマハハコの花


posted by はもよう at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。