2008年08月04日

ゴマダラとコムラサキ1

今日もまた、暑かったですねぇ。でも、夕方から雷が鳴り出して夜は雨になりました。
これで少しは涼しく…なる(^^A)…かな?

さて、今日と明日の記事は続き物です。
この間、暑い中 いつもお散歩している公園へウォーキングに行ったときに
樹液に集まるタイプの蝶々を見たんですよ。それも、2種類も♪
あんまり嬉しかったので、たくさん写真を撮っちゃいました。(^^*)
画像は小さいしピンぼけだし、興味のない方には大変申し訳ないのですが、
この公園には居ないとばかり思っていた私には 大発見なんです。
おつきあい下さいね。(^^A)

08_0804_gomadara_c01.jpg

まずは、クヌギの木の上にちょこっと見えたこの羽から…



数年前には、この並びのどれかの木に、ゴマダラチョウが3匹集まっているのを
撮れたのですが、(このときの写真はHPのクヌギのページに載っています。)
それ以来、一切 姿を見ることが無く、秋に亡骸を見かけただけ ↓ でした。

2007/10/10付 「蝶2種」 ツマグロヒョウモンとゴマダラチョウ

それが生きて、しかも、クヌギの木にとまっています。

はやる心を抑えつつ、幹を回り込んでもっと良く見える場所を探します。

08_0804_gomadara_c02.jpg

木の裏側に回り込んで見上げてみました。幹に寄りかかってカメラで真上を狙っています。
かなり離れているので、ゴマダラチョウの方は安心していて逃げる気はないようですが、
私のカメラはそんなに遠くのものは撮れませんから、うーん、この画像じゃ、
何がなにやら解りません。(^^;)

パソコンでちょこっと拡大してみます。

08_0804_gomadara_c03.jpg

精一杯の拡大で、お顔がかすかに解りました。オレンジ色のストローみたいなお口を伸ばしています。
ゴマダラチョウは樹液に集まる蝶々です。あのそばに樹液のしみ出すところが有るのかな?

お久しぶり〜!\(^▽^)/また会えて嬉しいよぉ! 

相手が人間なら両手をブンブン振ってごあいさつしたいところですが、そんなことしたら逃げちゃいます。
もう少し角度を変えて撮ってみましょう。

08_0804_gomadara_c04.jpg

画面に葉っぱも写り込んで、会心の出来。(^^*)自分としては大満足です。
パソコンでもう少しだけ拡大したのはこちら → ゴマダラちゃん



久しぶりの再会に気をよくしてさらにその先へ…。とことこ歩きながら思い出していました。
7月に この先のコナラの木にカナブン(たぶん)がたくさん集まっていたことを。
木の上の方で ↓ 良くは見えないんだけれど、スズメバチの仲間まで来て大盛況だったんですよ。

08_0804_kunugi.jpg

4日か5日賑わったけれど、その後はもう、樹液が出なくなったのか、誰も来なくなっていました。
ゴマダラチョウもいたことだし…そっちの木にも何か来てないかな?なんてちょっと期待しちゃいました。



いやぁ、驚きましたよ この日は、居たんですよ、別の蝶々が。\(@o@)/

08_0804_komurasaki1.jpg

たぶんコナラの木です。これ…なんか…虫が出てきちゃった穴でしょうかね?
穴のところにストローのようなお口をつっこんで、蝶々が一匹、幹のかなり高いところにへばりついています。

はい、ゴマダラじゃないですね。羽の裏の地味な模様が茶色いというわけでも有りません。

じっと見ていると時々羽を開いてくれるので、何度かトライしてやっと 羽を全開したところの写真が撮れました。

08_0804_komurasaki2.jpg

茶色いんですけれど、web検索していろいろな蝶々の写真と見比べていくとこの模様、どうやら
コムラサキという蝶々の模様に似ています。紫色じゃないのに変ですが、光の当たり具合で
紫色に見えるらしいんです。それ以外の斑点の位置と形はコムラサキと一緒でしたから、
間違っては居ないと思います。 …でも、もし違っていたら教えてくださいね。(^^A)えへへ


明日は、このまた続き。ゴマダラチョウとコムラサキに出会ったこの日、この道にはもう少し、
コナラとクヌギが並んでいます…。 さて、どうなったかな?




posted by はもよう at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。