2008年07月15日

草イと三角イ

今日も暑かったんですけどねぇ〜。風に吹かれていると、やっぱり
昨日の蒸し暑さは尋常じゃなかったなと思います。(^^A)思わず除湿しちゃいましたもの。
今日も暑いんですが、まだ少しマシです。そこそこ晴れていたので、今日はお布団カバーを洗いました。
いっぱい洗っていっぱい乾いて♪ 良い気分です。

今日から4日ほど、高校生は試験休み。課題はどっさり出るんですけれど、それでも1日
家に居られてのんびり出来ます。英気を養って、また頑張るんだよ、うちの高校生さん。(^^*)

08_0715_kusai1.jpg

今日の記事はかなり地味なお花、イグサ科のクサイとカヤツリグサ科のサンカクイ。
水辺の草をご紹介します。

〜〜〜〜〜2008/ 7/16追記〜〜〜〜〜

今日見てきて、間違いに気づいちゃいました。サンカクイと思っていたものの半分は
別の植物のようです。

〜〜〜〜〜 追 記 終わり 〜〜〜〜〜

いつもお散歩している公園の池の畔に 高さ30cmくらいのつんつんした草が生えています。
ブログ仲間のnakamuraさんのブログで紹介された イグサの写真を見て 似ているなと思い
あとで写真を比べてみようと思っていました。

08_0715_kusai2.jpg

でも、写真で見ても、あちらのイグサの方が、勢いがあって背も高そうです。
イグサの仲間の中に、小型のものが有ればそれかな…なんて、漠然と思いつつ、そのままになっていました。
それが先月、6月の末のこと。



今頃になりましたが、調べてみました。
私が写真に撮ったのは、イグサ科イグサ属のクサイ。いえ、あの「臭い」ではなくて「草藺」です。

イグサの葉は退化していて、茎の下の方にうろこ状に付いているだけなんですって。
でもこの種は、根元に細い葉っぱの様なものが付いているから、
普通の「草」のような「イグサ:藺草」で、「クサ イ:草藺」です。
でも、図鑑の記述を見ると、この葉のようなもの…『最下の苞は葉状で花序より長い。』で、
「苞:ほう」と言うことに…。
いや、イグサはね、葉が退化していて茎を同型の「苞:ほう」が包んでいるのだそうですよ。
ちょっとややこしい体の作りですね。(^^A)


あとに出てくるカヤツリグサ科とは違い、花の穂(小穂)を作らないところが特徴です。
では、お花はどんなかな?というと…↓ こんなです。

08_0715_kusai3.jpg

緑一色で地味ですが、ちょっと白っぽくなっているところがお花の付いているところ。
花びらのような「花被片」が内側に3個、外側に3個。おしべは6本、めしべの柱頭は3つに分かれるという、
3と3の倍数で出来ているようなお花です。(^^;)

お花はやがて丸っこい実になります。

08_0715_kusai4.jpg

実はあとで茶色く実ります。

クサイはユーラシア大陸に広く分布する草で、ものすごく古い時代に人と共に広がったので、
もう、どこがふるさとなのかよく解らないんですって。
日本にあるのも 古い時代の帰化植物だという説もあるそうです。

山野にごく普通に生える多年草ですが、特に人里に多く、人の踏む場所などの地面の固い場所を
好んで生える草だそうです。オオバコやカゼクサなどと同様ですね。
やや湿った場所を好むそうで、私がクサイを見たのは池の畔でしたが、確かに、
あたりはよく踏み固められていましたねぇ。でも、この草で…畳は作らないのよねぇ。




さて、次はカヤツリグサ科ホタルイ属のサンカクイ。こちらは今月7月に入って咲き始めました。
「クサイ」とは違う、大型の水辺の植物です。
つんつんした茎の先に、可愛いお花の穂「小穂」が付きましたよ。

08_0715_sankakui1.jpg

この姿だけ見ると、他にも 候補が挙がっちゃうので、名前調べには結構苦労しました。

全体像はこんな感じ。

08_0715_sankakui2.jpg

池の端の 足元がお水につかってしまう場所で、少し まばらな群落になっています。

一枚目の写真のようにも付きますが、 ↓ こんな風にも咲いてくれます。

小穂に柄が付いていること。小穂の束の先にも葉っぱが続いているように見えること。
この葉っぱのようなものは「苞:ほう」なんですって。

『茎の先に長さ2〜5cmの「苞:ほう」が1個直立し、そのわきから2〜3個の枝を出し、
先端に2〜3個ずつ小穂を付ける。』って、図鑑に書いて有るとおりですね。

茎の断面が「三角」形で「イグサ」に似ているので「三角藺:サンカクイ」なんだから、
茎を一本取ってスパッと切れればいいんですけれどね。
公園の植物だから勝手に切れないし、
池のお水の中に立っているので、近づくことも出来ないんですよ。

でも、これでも、「サンカクイ」だって判断しても良いでしょう。(^^*)



記事を書いてから公園に行って見直してみたら…ここから下の写真はどうやら違う植物のようです。
茎がね、三角じゃなかったんです。丸かったの。たぶん、太い…じゃなくて「フトイ」。

08_0715_sankakui3.jpg

全体が大きくて茎が太くて丸いこと、茎の先に小穂が束になって付くこと。

08_0715_sankakui4.jpg

はい、サンカクイじゃなかったです。
で、上の写真のサンカクイは丈が小さくて、ちゃんと茎が三角でした。
で、こちらの大きいのは茎が丸かったです。

大丈夫ですよね。たぶん、フトイです。カヤツリグサ科ホタルイ属のフトイですよね。



さて、この花を撮ろうと近づいたときに、何かがぴょんと跳んで ポチャンと池に飛び込んだんですよ。
結構大きかったんですけれど、近づく度に 姿を確認する前に飛び込まれちゃって、
なかなか正体が捉えられなかったんですけれど…

08_0715_frog1.jpg

ほら、あれ、あの後ろ姿。

粘りに粘って、横顔も写真に撮りましたよ。

08_0715_frog2.jpg

ね、これ、蛙ですよね。何蛙かな? 結構大きいの。ガマガエル…ですかね?
でも…ガマガエルよりは、スマートかな?





posted by はもよう at 21:37| Comment(10) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手元に妙な実のなっている草の写真がありまして、根岸森林公園で撮ったのですが、「なんだろう?」と首を傾げておりました。
似ているぞ、とネットでも調べてみました。
まず間違いないですね。クサイの実のようです。
おかげさまで、またひとつ憶えました。
名前がわかったので、ちょっとピンボケですが、うれしくなって記事にしたいと思います。
(先にヤブカンゾウですけど…)
Posted by ディック at 2008年07月15日 21:49
こんばんは
私も先日、クサイを見つけました。
本当に小さな花ですよね。
でも、可愛い姿をしています。
こんな実が生るんですね。
Posted by YAKUMA at 2008年07月15日 23:24
こんばんは。

コメントTBありがとうございます。
これは、真剣にお勉強しなければ・・・(笑い)。
イ、は間違いないですか・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年07月16日 21:29
後出しジャンケンのようでみっともないのですが、「フトイに似ているな」と思って調べていました。やはり、そうですよね。

前者のクサイは、田んぼの畦道・人によく踏まれる所でよく見ていました。カヤツリグサの仲間はどうも苦手で、こちらも調べがついていませんでした。

勉強になりました。
Posted by ひろし at 2008年07月16日 22:43
ディックさん、こんばんは。
まずは、お知らせです。見ていただいた後で記事を訂正しました。
良かったらまた見直してください。(^^A)

あ、クサイ、お近くにありましたか。
ちょっと前ならお花も咲いていたと思うんですけれど、
粒々の実が束になって付いているところも可愛いですよね。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年07月16日 23:12
YAKUMAさん、こんばんは。
はい、クサイの花、本当に小さな花です。しかも緑色だし。
でも、ちゃんとお花の形をしていて可愛いですよね。(^^*)
丸っこい実も付きますのでまた見てみてくださいね。
Posted by はもよう at 2008年07月16日 23:17
nakamuraさん、こんばんは。
あ、TBちゃんと届きました?
なんか、1度目は失敗したので2度送っちゃったんですけれど…。(^^;)
ダブっちゃったらごめんなさい。

え?真剣? いやぁ、良いんじゃないですか? 気が向いたときだけで。(^^;)
少なくとも、私はそうしてます。

イグサは…たぶんイグサでしょう。私まだ、本物を見たことが
ないんですけれど…(^^;)←何を言っているのやら
Posted by はもよう at 2008年07月16日 23:23
ひろしさん、こんばんは。
あ、やっぱりそう思われました?良かった、訂正しておいて。(^^*)

いやぁ、何となく気になって、もう一度見に行ったんですよ。
そうしたら、カメラはバッテリー切れで写真は撮れないは、
あのでかいカエルにはまたしても逃げられるは、
散々だったんですけれど、

ちょうど 千切れた茎と 折れて手が届くようになった茎があって、
丸いこととか三角になっていることとか 確認がとれたんですよ。
その他にも、サンカクイは背が低くて フトイは背が高かったんですね。

カヤツリグサ科は見分けが難しくて、
ずっと同じ場所に生えてくるのに、ずっと名前が解らなかったんですが、
これではっきりしました。
とってもすっきりして嬉しいです。(*▽*)
Posted by はもよう at 2008年07月16日 23:33
この記事に刺激されて、今日、水辺の草に集中して撮影してきました。
今日は、フトイとサンカクイ、シカクイをアップしました。
クサイもありました。何回か連載する予定ですので、ご覧ください。
Posted by ひろし at 2008年07月17日 20:44
ひろしさん、こんばんは。
わぁ、水辺の植物特集ですか?それは素敵…っていうか、
「シカクイ」っていう草があったんですね。
おもしろ〜い。(^▽^)

はい、後ほどゆっくり見せていただきますね。(^^*)
Posted by はもよう at 2008年07月18日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。