2008年07月13日

夏の花だん

今日も暑かったですねぇ。今日はみんなお休みだったので、ちょっとのんびりしちゃいました。
関東では今がお盆。夕方は旦那さんの実家へ迎え火をしに行きました。
焚いたキビの煙にのって、大切な人が帰ってくるんですって。おかえりなさい。(^v^)

昨日いっぱい字を打ったので、今日の記事は文字少なめで参ります。
夏の花だんでよく見かけるお花。ちょこっと懐かしめのものを中心にご紹介です。

08_0713_hyakunitiso1.jpg

まずは、ヒャクニチソウ。




キク科ジニア属、メキシコ原産の園芸植物。
お花は8月から10月にかけて咲き続けるらしいのですが…もう、咲いちゃってました。

08_0713_hyakunitiso2.jpg

鮮やかな花色、中央のお花の冠、可愛いですよね。
子どもの頃からなじみ深い、ちょこっと懐かしい感じのするお花です。



それからポーチュラカ。 スベリヒユ科スベリヒユ属の一年草。

08_0713_portulaca1.jpg

これも夏中、次々にお花を咲かせてくれるおなじみのお花ですよね。和名は「ハナスベリヒユ」。

08_0713_portulaca2.jpg

こんなに可憐な姿なのに、暑さと乾燥に強くて丈夫なお花です。





こちらは「モントブレチア:姫緋扇水仙」です。
名前のそっくりさんが多いことと、案外たくましく野生化しいてることには、ちょっと驚きますが、

08_0713_montbretia1.jpg

万緑の中に、この、燃えるようなオレンジ色の花が咲くと、夏が来たなぁってしみじみと思います。
南アフリカ原産、アヤメ科モントブレチア属の球根植物ですって。



最後は涼しげアガパンサス。ユリ科アガパンサス属の多年草。

08_0713_agapanthus1.jpg

涼しげですねぇ。綺麗な色ですねぇ。

08_0713_agapanthus2.jpg

また、少しの間お天気ぐずつき気味になるそうです。
それでも雷を伴ったにわか雨が降るようになると そろそろ梅雨明けがいつなのか
気に掛かるようになりましたね。

今年はいつかな?どんな夏になるのかな?




posted by はもよう at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。