2008年07月02日

ウツボグサの花

今日も雲は多いながら良いお天気でした。午前中、おきにいりの観察スポット「隣町の公園」と
裏の「北向きの斜面」へ行ってきました。当初の目的は 別のものだったのですが、
思っても見なかったお花に会えたので、急遽、記事にします。

08_0702_utubogusa01.jpg

その花の名前はウツボグサ。
太めの花の穂が、弓矢の矢を入れる筒、うつぼ(靫)に似ているんですって。



いや、このお花、ここのところ そこここのブログで紹介されていました。
私は お山では見たことがありますが、近所では見たことがありませんでした。
無いと思っていました。

ビックリしましたよぉ。咲いてるんだもの。

08_0702_utubogusa02.jpg

公園の入り口近く、いつもはあんまり行かない場所です。春先から気になっていた葉っぱがあって、
ようやく名前が解りそうだって言うんで、お花が咲いていないか確認に行ったんです。

でも、お目当てのお花は咲いていませんでした。代わりにこの花が、これひとつだけ咲いていました。
何度も来た場所です。
このあたりにはゲンノショウコも多くて、舐めるように見て歩いたこともありました。
でも…気がつかなかったなぁ。

ウツボグサは シソ科ウツボグサ属、
『花穂を矢を入れるうつぼに見立てた。
夏、花が枯れてもそのまま立っているので夏枯草(カコソウ)とも言う。』と、図鑑に載っていました。
乾燥したお花の穂は、煎じて利尿薬にしたそうです。
『山野の道ばたに生え、高さ10〜30cmの多年草。』

08_0702_utubogusa03.jpg

お山で見るときには、たいてい、花期の最後の方。下手をするとすっかり「夏枯草」になっちゃってから。
お花の咲き始めとか…見てみたいなぁと思っていました。

シソ科らしいお花。お花の穂は長さが3〜8cmほど。
ガク(萼)の奥にまだつぼみが残っています。もう少し咲いてくれそうですね。(^^*)

08_0702_utubogusa04.jpg

上の花びら(上唇)が平らなかぶと状…ふむふむ…下の花びら(下唇)は3裂して…、
真ん中のところが細かくギザギザ…おお、図鑑どおり。←当然です。

ガク(萼)が綺麗なんですよぉ。
シソ科はたいていガク(萼)が綺麗なんですけれど、いやぁ、素敵だなぁ。

一度やってみたかった真上から撮り。(*▽*)〜うわぁ〜*

08_0702_utubogusa05.jpg



お花のあともガク(萼)が開いているものの多いシソ科の中では珍しく、
ガク(萼)が閉じて実を包むところが特徴なんですって。へぇ〜、あとで見に来なくっちゃ。

08_0702_utubogusa06.jpg

さて、このウツボグサ。どうしてここに、一本だけ咲いているのかな?



辺りを見回して、このお花の他にはもうじき咲きそうな ↓ 花の穂がひとつだけ。

08_0702_utubogusa07.jpg

たった2つじゃぁ、あっという間になくなっちゃうかな?
たくさんあった群落の 最後の生き残りだったりしたら 寂しいな…。



でも、もっとよく見たら、有りました。

08_0702_utubogusa08.jpg

特徴的な花の穂が ↑ 立ち始めた株と…

08_0702_utubogusa09.jpg

それよりも、もっと ↑ 前の株…。

葉っぱだけの株も見つけました。この草むらに何株か 点在して居るみたいです。
もう少ししたらまた、見に来ようと思いました。



お山に行かなければ、会えないと思っていたウツボグサ。隣町の公園で見ることができて嬉しいです。
今度は、図鑑に特徴と書いてあった、「お花が終わったあと、閉じるガク(萼)」が見られるかな?




で、気になっていた葉っぱは…↓ これ。

08_0702_karasu_b.jpg

3つに分かれた葉っぱになんか変な丸くて茶色いもの…。
これの正体は…いずれまた。(^−^)ノ





posted by はもよう at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
ウツボグサに出会われたのですね。
良かったですね。
「隣町の公園」すごい!
ドラえもんの四次元ポケットみたい。
これも、はもようさんの日々の精進のたまものではないでしょうか。
きっと、何年か前はいろんなお花が咲いていたのでしょうね。
まだまだ、かくれて咲いているかもしれませんよ。

わたしは、ポケーっと空を見上げたり、
風に向かって立っていたり、
自転車で山を駆け下りたり、
まじめに散策しろよ!ッという感じです。
でも、何にもしたくなくなるときってありますよね。
はもようさんは、ないですか。

最後の蕾?の正体、楽しみにしていますね!
Posted by ブリ at 2008年07月03日 14:09
私も取り上げたひとりです。
丁寧な解説、勉強になりました。
ランナーで増えるので、地面が空いていれば群落を作るのですが・・・。
Posted by ひろし at 2008年07月03日 22:13
ブリさん、こんばんは。
そうですねぇ。確かに、このあたりは半世紀ほど前までは
トトロの映画に出てくるような里山だったんですよ。
だから、私が出会うのは、その生き残り…失われた里山の名残…ですね。
でも、会えて嬉しやウツボグサ ♪  嬉しくて浮かれそうです。

そうそう、私も朝一のお散歩は健康とダイエットのため。
それなのに、ついついカメラを持って行っちゃうから、
ちっとも痩せません。う〜ん、反省しなさい、私。(^^;)
Posted by はもよう at 2008年07月03日 22:56
ひろしさん、こんばんは。
はい、ひろしさんのブログにも載ってましたねぇ、ウツボグサ。

ランナーで増えるのですか。増えて欲しいな。
定期的に草刈りされる場所ですが、たくさん咲いたら嬉しいです。
引き続き見守っていきたいと思います。
Posted by はもよう at 2008年07月03日 23:02
おはようございます。

お見事な絵です。
お座布団を・・・。
Posted by nakamura at 2008年07月04日 07:06
nakamuraさん、こんばんは。
はい、お座布団、ありがとうございます。(^^*)

綺麗に撮れて嬉しいです。
Posted by はもよう at 2008年07月04日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。