2008年06月20日

「北向きの斜面」の夏支度

今日は もぉ、朝から梅雨空でしたよ。空気も湿っぽくて重たくて、どよ〜んとしていました。
はぁ、梅雨ですなぁ。蒸し暑いのは嫌だけど、この季節に雨が降らないと、
美味しいお米が食べられません。元気出していきましょう。

さて記事の方は、季節のすすみ具合を切り取ってみました。
「北向きの斜面」の夏の支度。つぼみが開いて、葉が伸びていく様子。
主に6/10と16日の表情です。夏本番の予告編。良かったらおつきあい下さい。

08_0620_takenigusa1.jpg

一枚目は、夏の象徴 タケニグサ、6/10の様子です。
そこらの藪の木よりも背が高くなって、とっても目立つ草。堅いつぼみを抱えていました。
タケニグサの堅いつぼみが開くのと、梅雨が明けるのとではどっちが早いかな…。


この草に出会ったのは小学生の頃、一発で覚えちゃったほど、個性的。 
タケニグサはケシ科タケニグサ属。別名は チャンパギク・ササヤキグサなど。

古い家が壊され、覆い被さっていた木々が切られた「北向きの斜面」では、今年、
この葉を食べる虫も大量発生しないようで…巨体がむくむく立ち上がっています。

08_0620_takenigusa2.jpg

6/16になるとこんなに!!  
うわあ、すごい迫力。ぐんぐん伸びててます。あっという間に、お花が開いちゃいそうですね。
眺めているだけで 暑くなりそうな夏の象徴です。

詳しい説明、名前の由来の諸説などは過去記事でどうぞ。 ↓



夏の象徴の二大巨頭、もう片一方は ヨウシュヤマゴボウですかね。
春の芽を出したばかりとは思えないほど ぶっとい茎にでっかい葉っぱとたわわな実を付ける
北アメリカ出身の多年草。

08_0620_yoshuyama_g1.jpg

「洋種」って付いてますが、中国原産の「ヤマゴボウ」も有るそうですよ。
私はまだ見たことがないのですが…。

それから、お漬け物の「ヤマゴボウ」は畑のゴボウに近い種類のお山のアザミの根だそうです。
でも、ヨウシュヤマゴボウは食べられません。おなかぴーぴーになっちゃいます。

08_0620_yoshuyama_g2.jpg

もうこんな 可愛いお花の穂が出ていました。秋風立つ頃、これが黒っぽい実になります。
濃い赤紫色の汁が いっぱい出るので、ふるさとでの呼び名は「インクベリー」。
はい、インクと同じです。お口に入れちゃいけません。
色水遊び、お口に入らないものの染色などには使えます。
ところで…鳥さんは、この実を食べても、大丈夫なんだろうか…。(’’?)



春の間中、ずっと咲いてたトウバナがすっかり塔の形になっていました。

08_0620_toubana.jpg

トウバナはシソ科トウバナ属。春には5mmほどのお花をびっしり咲かせていましたよね。
咲き始めだけ見てたら、この名の由来は解りません。
ああ、背が高くなって…。いったい…何階建てかしら? 最上階は見晴らしが良いのかな?



終わる花有れば これから咲く花有り…。こちらのつぼみは…ヒヨドリバナです。

08_0620_hiyodori_b1.jpg

ヒヨドリバナのお仲間にも色々ありますが、ここではヒヨドリバナしか見たことがないので、
たぶんこれはヒヨドリバナのつぼみです。

ぎゅぎゅっと詰まって、ピンク色がさして可愛いです。
若葉のふちに隈取りがあるのも良い感じ。
この花も 夏の象徴のような白い小花をたくさん付けて、チョウチョをたくさん集めます。

08_0620_hiyodori_b2.jpg

キク科フジバカマ属、高さ1〜2mになる多年草。
ヒヨドリの鳴く頃、花が咲くからと言られますが、ヒヨドリなんていつでも大騒ぎしてますけど、
いつのことなんでしょうね。(^^;)

楽しみにしているね。綺麗に咲いてね。今すぐどんなお花か見たい方は、過去記事をどうぞ。
花後もなかなか素敵です。





先月、5/28に気になるつぼみを見かけました。

08_0620_hotaru_b1.jpg

草の中から ↑ にょきにょき〜っと伸びてきたこの草。妙に気になる ↓つぼみ付きです。

08_0620_hotaru_b2.jpg

「北向きの斜面」に行くたびにチェ〜ク!

そしたら、6/16にはもう咲いてました。梅雨時、蛍が飛ぶ頃に咲くお花…ホタルブクロ。
しかもこのお花、ガク(萼)にそりかえる部分がないから「ヤマホタルブクロ」の方です。

08_0620_hotaru_b3.jpg

今回一番気に入ったのは、この、風船みたいなつぼみです。

08_0620_hotaru_b4.jpg

ふふ…、ぷうっとふくれてまぁるいの。可愛いな。

ホタルブクロって、まさに、里山のお花って言う気がします。
しかも、山道に咲いていそうなヤマホタルブクロ。良い景色です。
しばらく咲いててくれるかな。(^^*)






ブログ内関連ページ:

2006/ 7/14付 「タケニグサの花」
2007/10/25付 「穂になる 草の花」

2007/ 7/18付 「綺麗な花とクモ」

2008/ 5/ 9付 「コバノタツナミなど…」 今年見たトウバナ
2007/ 5/13付 「ハナイバナとトウバナ」

2006/ 7/12付 「北向きの斜面の花」
2006/ 2/12付 「金色の花」
2005/ 8/21付 「ヒヨドリバナ」



posted by はもよう at 22:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーむ、虫ばかり探している間に、次の花たちの準備がすすんでいることを忘れていました。
当地での様子を確かめに行かなくちゃ、と思っても明日から本格的に梅雨空になりそうです。
晴れ間を見計らって見に行った時は、もう花が咲いているかもしれませんね。
Posted by ひろし at 2008年06月20日 23:36
おはようございます。

タケニグサが大きくなりましたですね。
成長が早すぎます(笑い)。

刈り取られないで、最後まで残って欲しいですね。
Posted by nakamura at 2008年06月21日 08:22
きのうはもようと、支度するはずだった。
Posted by BlogPetのコロン at 2008年06月21日 12:39
ひろしさん、こんばんは。
はい、もぉ、画像がどんどん古くなっちゃうほど、季節のすすみが早いです。

ひろしさんは、次のお花の様子を見に行らっしゃいます?
私は虫さんの写真を整理しておきました。良かったら見てみてくださいね。
Posted by はもよう at 2008年06月21日 21:40
nakamuraさん、こんばんは。
はい、タケニグサったら育ちすぎです。
見上げるような高さになりました。

間違いなく刈られちゃうと思います。
でも、なんか、惜しくないし、くじけないと思います。

ただ…、あんなに背が高くなっちゃうとお花の写真は撮れないので…
どうしましょう。(^^A)
Posted by はもよう at 2008年06月21日 21:44
こんばんは。
タケニグサですか 子供のころは気味の悪い草だと思っていました。
今はシャラシャラ鳴る音が聞きたくて タケニグサを見つけては楽しみにしているのですが なかなか実がつくまで見逃してもらえないみたいですね。今年もめげずに探します。
Posted by kayo at 2008年06月21日 23:12
また、おはようございます。

当然、脚立持参です・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年06月22日 08:18
kayoさん、こんばんは。
はい、これ、タケニグサです。
私は子どもの頃、インク草と呼んでいました、
茎を折るとオレンジ色の汁が出るものだから。(^^*)

ああ、確かに…目立つから刈られちゃう率が高いですよね。
笹に例えられたり、ささやき声に例えられたりする実、
私も見てみたいですが、なかなかチャンスがないです。
私もめげずに探してみよぉ。p(^v^)
Posted by はもよう at 2008年06月22日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。