2005年12月02日

モミジバフウ

d_top_051202_momijibafu01.jpg

今を盛りの モミジバフウ。美しい紅葉が愛されて、
街中の公園樹や街路樹として、良く植えられている木です。




モミジバフウは、北米出身、マンサク科の落葉高木。
イロハカエデなどに代表される カエデヤモミジの仲間よりは、
プラタナスなどの方が近いと言う種類です。


モミジ…紅葉 バ…葉 フウ …楓
モミジで、カエデ?くどい名前だなぁと思ったこと有りませんか?

中国でカエデやモミジの仲間は、木偏に親戚の戚と書いて「槭」(セキ)。
「楓」の字は「フウ」という別の植物の名で、
日本に渡ってくる時に間違えられたのだそうです。

それがこのモミジバフウの「フウ」。
「フウ」は3つに分かれる葉を持った木で、
つまり、このくどい名は、
5つに分かれる モミジのような葉を持った「フウ」という意味になります。



カエデやモミジの仲間との大きな違いは、まずその葉。
写真では大きさが解りませんから、並べて比べてみましょう。

d_top_051202_momijibafu02.jpg

もちろん、モミジバフウでも、もっと小さい葉っぱもありますが、
奥の赤いのが、モミジバフウ、
中央少し下の、ちっちゃいのが イロハカエデです。

友情出演で、普通サイズのサクラ、イチョウ、エノキの葉にも
登場してもらいました。

う〜ん、さすがアメリカン。デカいっす。
ちなみに、右端でひからびているのが、プラタナスの葉です。
葉は、簡単にプラタナスサイズまで成長可能…。
もちろん、現物を見上げた時の印象も、相当違います。



次に大きく違うのは、花と実です。
05_1202_momijibafu01.jpg

これが、↑めばな。

そしてこれが、↓おばなです。

05_1202_momijibafu02.jpg

春、新しい葉が出そろった頃、枝先にツンツンしたボールのようなめばなが付き、
おばなの房が垂れ下がり、花粉をとばしおわると、どんどん落ちていきます。



受粉の済んだめばなは大きくなり、

05_1202_momijibafu03.jpg

秋に熟して、↓

05_1202_momijibafu04.jpg

つばさの付いた種↓を落とします。

05_1202_momijibafu05.jpg

実の側面には、種をこぼした後の穴が空いています。



時には、枝先にも、翼が付くことがあります↓。

05_1202_momijibafu06.jpg




モミジバフウは、カエデやモミジの仲間には、全然、似ていません。
カエデの仲間の特徴は、プロペラのような実ですから。

でもこの モミジバフウの実。複雑な形でユニークですよね。
このまま、金色のスプレーをかけたら、クリスマスツリーの飾りとして、
十分 役に立ちそうですよ。



*****12/13追記*****

新宿御苑で「フウ」を見つけて写真に撮りました。
比べることが出来ますので、ご覧下さい。
本文中の「フウ」と言うところにリンクが貼ってあります。

記事URLはこちら。↓
2005/12/11「新宿御苑のフウ」
http://happanomoyoudiary.seesaa.net/article/10545379.html


*****追記終わり*****



posted by はもよう at 00:46| Comment(12) | TrackBack(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして・・グリーンといいます・・
モミジバフウ、ココにたどり着きました・・
でも、よく以前から、見ていました・・
あまりに、すっきりと、モミジバフウが
よくわかったので・・
プラタナスと思っていましたから・・
イガイガの実は、なってるのと、なっていない
のと・・(ー_ー;)。o O (思案中)
なってるのが、モミジバフウ・・
なんて思っていました・・
これからも、詳しく、わかりやすい・・
楽しいブログ・・楽しみにしています♪
Posted by グリーン at 2005年12月02日 17:01
いらっしゃいませ〜。

グリーンさん…どっかで見かけたお名前…あ、かえで☆さんのとこ?

ようこそお越し下さいました。(^^)
モミジバフウのこと、知っていただけましたか。
よかったよかった♪
プラタナスの記事ともあわせて お楽しみ下さい。

クリーンさんのブログも、いろんな植物の写真がいっぱいですね。
今度ゆっくり見せていただきます。
これからもよろしくお願いします。

Posted by はもよう at 2005年12月02日 20:23
葉だけでなく花も実もよく分かります。
私はまだ葉だけしか見ていません。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2005年12月03日 22:04
こんばんは、おーちゃんさん。

モミジバフウの実は、とってもユニークで精巧な造りですから、
いつか 実物を手にとって、見て頂けると良いなと思っています。

コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年12月04日 21:24
葉っぱ先生、今日も教えていただきました。

会社の前の街路樹。
前は不思議な実をひろいました。
今は大きな葉をひらひら落としています。
大阪市内の道路で、この葉をひろって写真にとりました。
なかなかおしゃれな味のある色ですね。

「○○○ふう」しか名前を覚えてなくて、
あ、いつか、はもようさんのところで見たな‥
と学習にきました。
いつもありがとうございます。
ラクして、いい目を見ています。
近日中にUPします。


Posted by るな at 2005年12月10日 00:18
るなさん、こんばんは。

モミジバフウの実、拾ったんですか?
なかなかイイでしょ、この実。
複雑で、凝った形だから、
飾り棚などに転がしておくだけで、
ゲージュツ作品のオブジェみたいで イイ感じですよ。


私の方は、「フウ」の実を拾いました。
もうすぐアップします。
似ているので、こんがらがっちゃうかな…。(^^;)
また、見てやってくださいね。

コメントありがとうございました。るなさんが拾ったモミジバフウの実。
記事がアップされたら、見せていただきますね〜。
Posted by はもよう at 2005年12月11日 00:13
●きょう12日にモミジバフウをUPしました。また勝手に、お名前を使わせていただきました。
TBもさせていただきました。
いつもながらありがとうございます。
Posted by るな at 2005年12月12日 13:32
るなさん、こんばんは。

モミジバフウの実の記事、出来たんですね。
後ほど、見せていただきに参ります。

記事の中でご紹介いただいたんですか?
まぁ、(*^^*)ありがとうございます。

Posted by はもよう at 2005年12月12日 23:41
はもようさん、こんにちは(^ー^)ノ

はもようさんの説明は、いつもとても丁寧で
わかりやすくて、勉強になります!
ありがとうございます。

モミジバフウってテレビのニュースで見てから
どれだろ??って探していたんですが
ついに(?!)見つけました。
といっても、写真を撮ったときには分からず
ここ見てこれだ!って^-^;
写真を撮ったのは12月に入ってすぐだったのですが
やっと記事に出来たので、またTBさせてくださいな。
Posted by asuka at 2005年12月20日 09:54
asukaさん、こんにちは。

モミジバフウに 出会われたんですね。面白い木でしょ?
実も変わっているし〜♪

写真 見に行きますね。コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2005年12月20日 13:30
今日横浜美術館の長谷川潔展に行ってきました。館の前に変わった実がたくさん落ちていて、大きな木にそれはたくさん付いていました。美術館の方に伺いましたが分かりませんでした。ところが長谷川潔の版画の作品参考植物に有ったのです。帰っていろいろ調べてやっとこちらのページで分かりました。ありがとうございました。
Posted by mimi at 2006年03月07日 22:56
はじめまして、mimiさん。
検索のお役に立てて良かったです。
モミジバフウの実をご覧になったんですね。
長谷川潔先生の作品には登場していたのでしょうか。
とても静かな画風の版画を数多く残された方ですよね。

お知らせ下さいまして、ありがとうございました。
HPも見せていただきました。お茶をなさるんですね。
うちも娘が習い始めたところですので、興味深く見せていただきました。
また いつでもお立ち寄り下さいませ。お待ちしております。
Posted by はもよう at 2006年03月08日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

●ふう。「紅葉葉楓」黄と赤とが散るぞえな
Excerpt: 「紅葉葉楓」(モミジバフウ)マンサク科 ふるさとは、北米。 この植物のカタカナ名を見て 浮かんだのは「紅葉婆風」でした。 ちょっと渋い、さまざま葉色が 背筋の伸びたお婆さんをイメージしたからです。..
Weblog: ●苔玉ごろごろ、だから苔想●●
Tracked: 2005-12-12 13:12

モミジバフウ
Excerpt: りんごの実が挟まれていた木があった瓜生緑地を過ぎて、銀杏並木通りへと向かったのですが、すでにその場所の銀杏は葉っぱが落ちた後。残念と思い、そのままぶらぶらと歩いていると、銀杏のような、もみじのような、..
Weblog: ぽっかぽかフォト便り
Tracked: 2005-12-20 09:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。