2008年06月13日

ヒナマツヨイグサなど

今日は暑かったですねぇ。でも、写真の整理をしたり、web検索したりしているうちに
日が暮れちゃいました。ああ、おさんぽに行けなかった。

6月、コロコロの実ごとニワゼキショウが刈られてしまった芝生で…次のお楽しみは
もっとも身近な野生の蘭、ネジバナです。
その可愛らしい花の穂を立てるのは いつかいつかと待っていたら、もう咲いてました。(^^;)

08_0613_nejibana1.jpg

ネジバナと…新しく覚えたマツヨイグサのニューフェイス、ヒナマツヨイグサをご紹介します。

ネジバナはラン科ネジバナ属、日当たりのよう草地や芝生などに生える多年草。
ねじれて立ち上がった花の穂は古くから人々に親しまれ、百人一首にも読み込まれるほどです。

08_0613_nejibana2.jpg

5mm前後の小さな花も拡大してみれば、カトレアや何かのような、ちゃんと蘭らしい形をしています。
花色には変化が多く、このピンク色の濃いものと薄いもの、中には白い花まであるそうです。

08_0613_nejibana3.jpg

万緑の中の紅一点。ネジバナの色は、芝生によく似合いますよね。



タネはものすごく細かくて、1mmの半分くらいの長さしかないそうですが、蒔いた場所に出るわけでもなく、
地中の微生物に関わる条件が整ったところから、勝手に顔を出します。
うちのプランターにも飛び込んできてくれました。今年は2株咲きそうですよ。(^^*)




さて、公園の道ばたで見つけたのは、こんな黄色い花でした。
葉っぱが細くて、草丈も低くて、時々地面に寝そべってました。
這う性質があるというよりは…倒れちゃった感じ。小さくて細くてか弱そうなお花です。

08_0613_hina_ma1.jpg

アカバナ科マツヨイグサ属のヒナマツヨイグサ。
小さい花です。↓ 画面左下のニワゼキショウと比べてみてください。

08_0613_hina_ma2.jpg

お花は直径1cmくらい。…あのニワゼキショウ少し大きめだったからね。
黄色くて花びらは4枚…。そして、このおしべ、このめしべの形…
あ、マツヨイグサに似ていると思いました。

08_0613_hina_ma3.jpg

お花を横から見て…つぼみの形はこんなふう。

08_0613_hina_ma4.jpg

似ていて小さいマツヨイグサっぽいお花…と言うことで、色は違うけれど、こんなお花を
比較対象用に撮って来ました。

08_0613_yu_gesho1.jpg

アカバナ科マツヨイグサ属の(アカバナ)ユウゲショウ。

う〜ん、葉っぱと つぼみの形は似てないけれど、

08_0613_hina_ma5.jpg

花の下の形…子房なのかな?…が似ています。

08_0613_yu_gesho2.jpg

ほら、↑ こっちも横から見ると同じ。
花が落ちて、このまま実になるんですよね。…あ、他のマツヨイグサのお花もそうだった。

で、web検索してみたら、「ヒナマツヨイグサ」が似ているかな。
マツヨイグサのお仲間はみんなアメリカ大陸の出身です。
北アメリカだったり南アメリカだったりはしますが、日本に古くからあった種ではありません。

待宵草:マツヨイグサの仲間は続々来日するので、名前に使う言葉がが追いつかないんじゃないでしょか。
大きいのは、「オオ:大」+マツヨイグサ とか「オニ:鬼…」とか。
小さいのは「コ:小」とか「メ:雌」…で、今度は「コ:小」よりも小さいから、「ヒナ:雛」だって。

和名付けるのも簡単じゃないのねぇ。(^^;)

その他にも、「ツキミソウ」+「チャボ:矮鶏」とか「ヒメ:姫」なんてのもありました。
ちっちゃいものが次々入って来るものだから、辞書とにらめっこで、
言葉を探して居るんじゃないでしょか? (’’?) なんちゃって〜(^^;)



はい、また、新しいお花を覚えました。とっても可愛い「ヒナマツヨイグサ」。
マツヨイグサという名前だけれど、昼間中心に咲く花です。

北アメリカ原産の2年草、または多年草です。
終戦直後の群馬の牧場で見つかったのが最初みたいです。
「洋種山草」として売られてもいるそうです。

マツヨイグサのお仲間には、薬草としての一面もあるそうです。
web百科事典のwikipediaにも
「cure-all king (万能薬の王様)」と呼ばれている…なんて言う記述がありました。

これからも研究が進んで、いっぱい役立っていただけるようお祈りしましょう。
可愛いヒナちゃんも(^人^)よろしくね。




posted by はもよう at 22:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
マツヨイグサの仲間は、本当にいろいろありますね。
いまだによく分かりません。
ヒナマツヨイグサは、その小ささが特徴なんですか。
これならわかるかなぁ。
探してみます。
Posted by YAKUMA at 2008年06月13日 23:10
おはようございます。

ネジバナが・・・、早いですね。
うちの庭は不作のようで、まだまだ、また数も少ないようです。
はもよう研究室の絵で満足です・・・。
Posted by nakamura at 2008年06月14日 07:44
ネジバナが可愛いですね。
昨年のところで見れるかな?
一度行ってきます。
Posted by 蛙太郎 at 2008年06月14日 09:17
YAKUMAさん、こんばんは。
はい、今回 検索してみてビックリしました。(^^;)新顔いっぱいなんですもの。

で、あまりに新しいものですと、皆さんの書き込みにも幅があって、
どれが本当なのかと迷います。

「ヒナマツヨイグサ」として、
微妙に 様子の違うお花の写真を載せているところもあります。
それから とあるサイトさんには「高さ60cmになる」と書いてありました。

でも、私が見た株はみんな、うんと小さかったですよ。
さて、何を信じたらよいでしょう?

そちらでも、見つかる…かな?(^^*)
Posted by はもよう at 2008年06月14日 20:11
nakamuraさん、こんばんは。
いえいえ、ネジバナはまだ走りですよ。
本番はこれからじゃないでしょうか。

また、にょきにょき出てきますよ。(^^*)
うちのプランターのもまだつぼみですもの。
Posted by はもよう at 2008年06月14日 20:29
蛙太郎さん、こんばんは。

はい、ネジバナはお気に入りの花なので、可愛く撮れて嬉しいです。(^^*)
これも カメラの性能が上がったおかげと感謝しています。

あ、そちらにも、毎年見られる場所があるんですね。
咲いたかな? 楽しみですねぇ。(*^ー^*)
Posted by はもよう at 2008年06月14日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。