2008年06月10日

イヌツゲの花、モチノキの花

今日はよく晴れましたね。爽やかでしたが、とっても暑かったです。(^^A)
洗濯、クリーニング出し、アイロンかけの上に、いつもお散歩している公園をウォーキングして、
さらに、お気に入りの観察スポット「隣町の公園」と「裏の北向きの斜面」まで、
駆けめぐってきましたよぉ。ふう、くたびれて、まぶたが重いです。(^^*)

とりあえず、記事の方は、雨の日に撮った写真から始めましょう。
この時期、緑一色に見える生け垣の奥でも、お花が咲いていることが有るんですよ。

08_0610_inutuge1.jpg

今回ご紹介するのは、細かい葉っぱと刈り込みに強い性質をかわれて、街中の緑化に一役買ってる生け垣の木。
イヌツゲのおばなとめばなです。

ついでに、咲いていたのは4月ですが、同じモチノキ科のモチノキのお花もご紹介しておきます。




櫛で有名な「ツゲ:柘植」は ツゲ科ツゲ属で、全然別の木です。
お花もしべばかりが目立つブラシのような素っ気ないお花で、実も、茶色の堅い実です。

今回ご紹介するイヌツゲは、モチノキ科モチノキ属の常緑低〜高木。

材としては「ツゲ」にはかなわないかもしれませんが、お花にはちゃんと4個の花弁がついていて、
黒っぽくて丸い実が並ぶ、見た目はずっと可愛らしい木です。

ほら、雨に濡れた生け垣の奥で、小さなお花が咲いていますよ。

08_0610_inutuge2.jpg

イヌツゲは、雌雄異株。つまり、オスの木とメスの木に分かれます。
こちらがオスの木に咲くおばな。

08_0610_inutuge3.jpg

6〜7月に葉のわきに、花弁と萼片が4個、おしべが4個の花を咲かせます。
葉っぱは互い違いに生え、長さ1.5〜3cmの楕円形または長楕円形で、ツヤがあって、
ふちのギザギザはほんの少し。

08_0610_inutuge4.jpg

メスの木に咲くめばなは おしべはあるけれど、退化しちゃって小さくて、
花弁の奥にめしべがどんと構えてます。



お花の直径は5mmほど、のぞいてみるのは大変かもしれないけれど、お花の付き方から
類推することは出来るかも。

08_0610_inutuge5.jpg

メスの株の花付きは たくさんついても ↑ この程度。

オスの株には…どっさり。 ↓

08_0610_inutuge6.jpg

実の様子は、秋に取り上げたときにご紹介しています。
よかったら見てみてくださいね。(^^*)

イヌツゲって言うけれど、イヌツゲはツゲの仲間ではなくて、モチノキ科の一員なんですよ。



ついでに、モチノキ科のリーダー、モチノキものせちゃお。

08_0610_motinoki1.jpg

モチノキ科モチノキ属の常緑高木。
『海岸に近い山地に生え、大きいものは高さ25m』にも成るそうです。
へぇ〜、今、あちこちで庭木として、綺麗な葉っぱを茂らせた姿を見かけますが、
もともとは海に近いお山に生えていた木だったんですね。
夏も冬も変わらずに青々して、秋には赤い実を付けた姿で親しまれていますよね。

樹皮から染料や鳥もちを作るそうです。


ハイ、今は秋に実る赤い実の準備はこのくらい。

08_0610_motinoki2.jpg

まだ、あんまり丸くないですね。

お花が咲いていたのは桜の頃。
オスの木とメスの木に分かれます。

こちらの地味めなのが、あとで赤い実になるメスの木のめばな。
花弁もガク(萼)も4個、

08_0610_motinoki3.jpg

↑ 退化してちっちゃくなったおしべと大きなめしべです。



↓ こちらはオスの木のおばなの固まり。

08_0610_motinoki4.jpg

4月の雑木林では、これでもちょっとは目立っていたんですが、
今は 葉っぱばっかりの謎の木になって、雑木林の中に数本、ミステリアスに立っています。
地味な常緑樹で、しかもおばなしか咲かない木…ううん、名前調べがとっても難しいでしょうね。

モチノキは、枝を落とされるなどして樹皮に傷が付くと、傷の周りが盛り上がる特徴があります。
公園のとあるモチノキは、その傷跡が ちょっとゆがんだ 愉快な顔に見えて、
うちの子どもたちが小さい頃は、「顔の木」と呼んでお気に入りの木にしていました。

なかなか撮れてなかったけれど、今年は赤い実の写真も撮りたいと思います。






ブログ内関連ページ:
2007/11/21付 「イヌツゲ」


ブログ内関連ページ:
シリーズ「常緑樹の花」
2008/ 6/ 7付 「クロガネモチの花」
2008/ 5/25付 「あの木のその後 覚え書き」 クスノキの花
2008/ 5/19付 「スダジイの花」
2008/ 5/23付 「アラカシとシラカシの花」 



posted by はもよう at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

つげの花、先日撮りましたが、犬でしょうか?(笑い)。ホンツゲというのはあまりないのですか?
そのうちエントリーしてみますので、鑑定を!(笑い)。
Posted by nakamura at 2008年06月11日 06:33
モチノキの実は今このぐらいなんですね。秋には赤くなるのですが、そちらがお楽しみです。
Posted by 蛙太郎 at 2008年06月11日 11:39
nakamuraさん、こんにちは。
どうなんでしょう。
うちの近くではまだ、本柘植を見つけていませんので何とも言えませんが、
イヌツゲの方は、どっさりあります。(^^*)

上の写真のような
可愛い花が付いて、黒っぽい可愛い実がなるのはイヌツゲの方です。(^O^)ノ
Posted by はもよう at 2008年06月11日 13:50
蛙太郎さん、こんにちは。

はい、毎年いいところを撮り損ねているモチノキですが、
先日は、このくらいの出来でした。(^^*)
今年の秋にはなんとか、ちゃんと丸くて赤い実を撮りたいと思います。
がんばれ、自分…と言っておく。(^^A)←おいっ!
Posted by はもよう at 2008年06月11日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。